1. >
  2. >
  3. >
  4. 産科、婦人科、産婦人科の違い

産科、婦人科、産婦人科の違い

産科、婦人科、産婦人科の違いのタイトル画像

出産のための産院選びにとりかかると、実際には分娩を取り扱っていない「産婦人科」が少なくない事に気付くかもしれません。産婦人科と産科、婦人科の違いや現状について解説していきます。

出産できる病院とできない病院って?

産婦人科の看板を出していても、出産そのものはできない病院はたくさんあります。理由としては、以前は産科と婦人科の区別があまりなかったために、単純に女性向けの診療をまとめて「産婦人科」としていたという事情があります。そのため分娩を扱わない医療施設であっても「産」の文字が入ったままなのです。また、分娩はできないとしても、妊娠中の定期検診など妊婦さんに関する診察は行っているケースも多いため、「産婦人科」と表示しているという事情もあるのです。

婦人科って?

女性特有の健康に関わる医療を担当しているのが、婦人科です。生理不順や避妊相談など、妊娠・出産以外のさまざまな悩み・病気に対応している科なのです。基本的に、妊娠に関する診察や検診は行っていないことが多いため、婦人科での診察で妊娠がわかった場合でも、以降は産科や産婦人科のある病院に通うことになるでしょう。大きな病院でみかけるようになった「女性診療科」も似たような意味合いではありますが、こちらは産科も兼ねていることが多い「産婦人科」の新しい呼び方です。

産科、婦人科、産婦人科の違いの画像1

産婦人科は両方を兼ねているの?

産科と婦人科を併せたものが「産婦人科」なので、両方を兼ねていると言うこともできますが、出産に関してだけは別というのが現状です。以前はもっと多くの産婦人科で出産することが可能でしたが、設備面や人的な問題から、分娩の取り扱いを中止する医院・病院が増えてしまいました。そのため、検診などに通うことはできても、最終的には別の病院で分娩を行うことになります。里帰り出産を予定している方の場合、それまでの期間は自宅近くで、分娩受け入れのない産婦人科で検診を受ける方も多いでしょう。

妊娠したら産科か産婦人科へ

では、検査薬などで妊娠の可能性がわかった場合には、どの科で診察を受ければいいのでしょうか?正解は、産科もしくは産婦人科です。もちろん婦人科であっても、確かに妊娠しているかどうかや、心音の確認などある程度の診療は行ってくれるのですが、出産は当然できませんし、臨月までの検診も行っていないケースが多いようです。妊娠した、あるいは妊娠が疑われる場合には、最初から産科あるいは産婦人科で診察を受けるようにしてください。

産科、婦人科、産婦人科の違いの画像2

医師は同じ?違う?

産婦人科、産科、婦人科それぞれにいる医師にもなにか違いがあるのでしょうか?実は、それぞれの専門性が異なっているというだけで、「産婦人科医」というくくりでは同じだということができます。ただし、医療の専門性がどんどん高まっている現代においては、全員が同じ知識や技術を持っているわけではないということがあります。一人で産科と婦人科両方の診察を兼ねる医師もいれば、産科もしくは婦人科のどちらかに特化している方もいます。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠 産婦人科・産院 妊娠の基本情報

この記事を書いた人

えみ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 産科、婦人科、産婦人科の違い