1. >
  2. >
  3. >
  4. 妊娠中はカフェインを控えましょう

妊娠中はカフェインを控えましょう

妊娠中はカフェインを控えましょうのタイトル画像

コーヒー、紅茶等で知られるカフェイン。毎日飲む習慣の方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、妊娠したら注意が必要です!ここでは、妊娠中のカフェイン摂取に関する注意点をご紹介します。

妊娠とカフェインの関係

カフェインには、妊娠中に必要なカルシウムの摂取を妨げる利尿作用があると言われています。また、妊娠中にカフェインを摂取すると胎盤を通して胎児にもカフェインが送らるのです。まだ肝臓が未熟の胎児にはカフェインを排出するには時間がかかり、発育の妨げになると言われており、低体重児になりやすいと考えられています。その他、カフェインには血流を妨げる作用があるため、十分な酸素や栄養が胎児に送られなくなり、胎児の発育障害や死亡に繋がることもあり得るのです。

カフェインを含む食品は?

カフェインが含まれる食品には、コーヒーや紅茶、お茶の他に意外な食品もあります。チョコレートやココア、コーラや栄養ドリンク等です。実に様々な飲食物に含まれているため、妊婦さんが気をつけていても、気づかないうちに摂取してしまうことが考えられます。先に挙げたような飲み物、食べ物には気をつけてみましょう。毎日コーヒーを飲む習慣のあった妊婦さんにとっては、全く飲むのを控えるということはストレスに繋がり、母体にも悪影響です。飲む量を制限するか、他の飲み物で代用する方法がおすすめです。

妊娠中のカフェイン摂取の目安

統計データから確率的にほぼ影響がないカフェイン摂取量の目安をご紹介します。イギリスの研究結果では、1日のカフェインの量は100mg以下であれば、ほとんど問題がないと発表されています。100mgのカフェインとは、コーヒーや紅茶をマグカップで飲む(180〜200ml)とした場合に、コーヒーであれば2杯分、紅茶であれば1杯分が目安にです。コーヒーより紅茶の方がカフェイン含有量が多いことも注意しましょう。ただしあくまでも目安のため、妊娠中のカフェインは極力控えた方が良いと考えられます。

コーヒー、紅茶の代用品は?

妊婦さんにはカフェインが入っていないコーヒー、紅茶等がおすすめです。具体的には、デカフェやカフェインレス、ノンカフェインと表示のある飲み物になります。妊婦の体に良いとされるカフェインレスの飲み物は、「タンポポ茶」が有名です。ビタミンや鉄分が含まれ、体の冷え等にも効果があるとされています。その他、具体例は「ルイボスティー」「黒豆茶」「ゴーヤ茶」「そば茶」等も妊婦に良い飲み物です。また、コーヒーやチョコレートにもカフェインレスの製品があるので探してみてください。

妊娠中はカフェインを控えましょうの画像2

授乳中にもカフェインの摂取には気をつけて!

妊娠中にカフェインを控えていて、出産が終わりカフェイン解禁!というわけにはいきません。母乳育児を考えるなら、授乳中もカフェインを控える必要があります。母乳を通して、赤ちゃんにもカフェインが送られるからです。赤ちゃんがカフェインを多く摂取すると、赤ちゃんが落ち着かなくなり、ヒステリーや夜泣きの原因になると言われています。また、乳幼児突然死症候群の発症率も高くなるとの研究データも発表されているのです。妊娠中にカフェインレスの飲食物に慣れて授乳中まで継続することが懸命でしょう。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠 妊娠中の生活

この記事を書いた人

ゆかりん

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 妊娠中はカフェインを控えましょう