1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 仕上げ磨きのポイントをおさえよう

仕上げ磨きのポイントをおさえよう

仕上げ磨きのポイントをおさえようのタイトル画像

子どものむし歯を予防するために大切な仕上げ磨きには、いくつかのポイントがあります。基本的な方法や、時期ごとのポイントをまとめてみました。日々の仕上げ磨きの参考にしてみてください。

年齢に合った仕上げ磨きの体勢と固定テクニック

どんな体勢で仕上げ磨きをしていますか?ママの膝の上に子どもの頭を乗せてしている人が多いのではないでしょうか。実は年齢に合わせて体勢を変えるのがおすすめです。1歳までは、授乳をする時のように抱っこして磨きます。1〜3歳では、正座をして膝を少し開き、膝の上に子どもの頭を乗せて寝かせ磨きをします。3歳以上になると、寝かせ磨きでもよいですし、嫌がる子は椅子に座らせ、頭を支えて後ろから磨いてもよいでしょう。下の歯は下あごを、上の歯は頬をというように、磨く位置によって固定する場所を変えると優しく磨けます。

仕上げ磨きの基本的な方法

むし歯になりやすいのは、上の前歯と奥歯なので、念入りに磨くとよいでしょう。奥歯から順番に磨き、上の前歯は痛みを感じやすいので最後に磨きます。歯茎を傷つけないよう、歯の面に歯ブラシを直角に当てて優しく磨きます。その際には、細かく振動させると汚れが落ちやすいでしょう。奥歯の溝は汚れが溜まりやすいので、手前にかき出すイメージで磨きます。上の前歯は、上の唇を人差し指で押さえ、人差し指に沿って歯ブラシを動かすと痛がりません、奥歯の側面は、小さく口を開けさせると磨きやすいでしょう。

仕上げ磨きのポイントをおさえようの画像1

1歳までの仕上げ磨きのポイント

個人差はありますが、1歳を過ぎる頃には6〜8本の乳歯が生えてきます。この時期は、歯の隙間や根本がむし歯になりやすい上、歯磨きを嫌がる子も増えてきます。むし歯になりやすい根本や隙間を意識して磨くとよいでしょう。歯ブラシを直角に当てると歯の隙間に歯ブラシが入るので、その状態で振動させることで隙間までしっかり磨いてあげることができます。歯が生えはじめた頃からガーゼではなく歯ブラシを使うことで、口の中に歯ブラシが入るのに慣れさせることができます。

乳歯が生えそろうまでの仕上げ磨きのポイント

平均すると2歳8ヶ月で乳歯が生え揃うといわれています。1歳を過ぎ、奥歯が生え始めてくるこの時期は、むし歯になりやすい下の奥歯に要注意です。上の面だけでなく、歯と歯の隙間や側面までしっかり磨くよう意識するとよいでしょう。見えにくい奥歯を磨くときには、音や感触も頼りにするとより安心です。中には歯茎を被っている生えかけの歯もありますが、その場合には毛先の柔らかい歯ブラシで優しく磨くようにしてください。歯ブラシを細かく振動させるように動かすことがポイントです。

仕上げ磨きのポイントをおさえようの画像2

乳歯が生え揃ってからの仕上げ磨きのポイント

乳歯が全て生え揃うと、20本になります。2歳8ヶ月頃が目安で、この頃には自分で磨ける子も増えてきます。だからといって磨き残しがないわけではないので、仕上げ磨きは必要です。永久歯が生えはじめる6歳頃まではしてあげるようにしましょう。子どもの歯磨きで特に磨き残しが多いのが、ブラシが届きにくい歯と歯の隙間や奥歯です。自分だけで歯を磨く練習も必要なため、歯ブラシの持ち方や動かし方を教えながら一緒に磨くのもよいでしょう。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

あけみママ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 仕上げ磨きのポイントをおさえよう