1. >
  2. >
  3. >
  4. 夜につくる朝食!「オーバーナイト・ブレックファースト」で朝食支度をラクに♪

夜につくる朝食!「オーバーナイト・ブレックファースト」で朝食支度をラクに♪

夜につくる朝食!「オーバーナイト・ブレックファースト」で朝食支度をラクに♪のタイトル画像

余裕のない朝もしっかりと食事をとりたい!というママに、「オーバーナイト・ブレックファースト」をおすすめします。夜のうちに調理準備をほとんど済ませておき、朝焼くだけでリッチな食事を楽しめるようにしようというもの。今回は、焼くだけでカンタンにできちゃう朝食レシピをご紹介します。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030019322
目次 オーバーナイト・ブレックファーストとは?
【レシピその1】食パンを使って簡単に!キッシュ
【レシピその2】子どもも大好き!フレンチトースト
【レシピその3】ちょっとおしゃれな朝食を!エッグベネディクト
【レシピその4】鍋に食材を入れて煮込むだけ!キャベツの煮込み(キャセロール)
【レシピその5】手が込んでいるように見える!グラタン風のトルコ料理
朝食は一日のエネルギーの源

忙しい朝でもきちんと朝ごはんを食べたい…だったら、前の晩から朝ごはんの準備をしておけばいいんじゃない!
と、こんな発想から生まれた「オーバーナイト・ブレックファースト」が今話題になっています。

今回は、「オーバーナイト・ブレックファースト」にぴったりな、簡単でおいしい朝食レシピをご紹介していきます。

オーバーナイト・ブレックファーストとは?

「オーバーナイト・ブレックファースト」とは、前の晩のうちに朝ごはんの準備をし、翌朝火を通せばいい状態にまで調理しておくことをいいます。

時間に余裕のある夜に調理して冷蔵庫に保存しておくので、翌日の朝ごはんの支度に追われることがありません。

たとえばオーブンに入れるだけのメニューなら、身支度をしている間に調理することができますし、空いた時間を使ってその日の予定を確認したり子どもの持ち物をチェックしたりすることだってできます。

このように、少し時間の使い方を工夫するだけで毎朝イライラせずゆったりと過ごせるなら「オーバーナイト・ブレックファースト」を試してみるのはいいかもしれません。

【レシピその1】食パンを使って簡単に!キッシュ

【材料(4~6人分】
〇卵 3個
〇牛乳 100㏄
〇塩こしょう 少々
じゃがいも 2~3個
玉ねぎ 1個
キャベツ 2枚
ウインナー 3本
とろけるチーズ 適量
*食パン 1枚
*マーガリン 少々

【作り方】
1. 食パンは綿棒でのばし、じゃがいもは電子レンジで加熱して蒸す。
2. キャベツ、玉ねぎ、ウインナー、じゃがいもを適当な大きさに切る。
3. 2を炒め、卵と牛乳を加えて半熟になるまで加熱し、塩こしょうで味を調える。
4. 食パンにバターを塗り型に敷いて、キッシュ生地を流し込む。
5. 180℃のオーブンで10分ほど焼けば出来上がり。

簡単に作ることができるのに美味しいキッシュ。
こちらの料理は焼き立てもおいしいですが、冷めても美味しいところも魅力的です。

野菜もたくさん食べられて栄養満点なところも嬉しいですね。

詳細はこちらから!「食パンで簡単☆焼き上がりまで20分でできるキッシュ」

【レシピその2】子どもも大好き!フレンチトースト

【材料(2人分)】
バケット 7~8切れ
牛乳 150㏄
卵 1個
バター 10g
グラニュー糖 適量

【作り方】
1. 牛乳と卵をバットに入れて混ぜ合わせ、バケットを裏返し、バットの液がなくなるまで浸す
2. フライパンにバターを熱し、バケットを焼く
3. グラニュー糖をまぶしながら焼き上げれば出来上がり

前日の夜に、牛乳と卵に浸すところまで作っておくと、翌朝そのままフライパンで焼くだけで、美味しいフレンチトーストが完成します。
甘くて優しい味は、子どもも大好きなので朝ごはんを食べたがらないお子さんにはピッタリのメニューかもしれません。

詳細はこちらから!「カリッ+ふわっのフレンチトースト」

【レシピその3】ちょっとおしゃれな朝食を!エッグベネディクト

【材料(2人分)】
卵 2個
酢 1/4カップ
水 3カップ
ベーコン 4枚
イングリッシュマフィン 2個
〇卵黄 1個分
〇マヨネーズ 大さじ1
〇レモン汁 小さじ1/2
〇バター 25g
〇塩こしょう 適量

【作り方】
1. ポーチドエッグを作る。
2. 〇の材料を混ぜ合わせ、オランデソースを作る。
3. パンとベーコンを焼く。
4. ベーコン、ポーチドエッグをパンに挟んで、オランデソースをかければ出来上がり。

朝食ブームで有名になったSarabeth's(サラベス)などでも食べられる、欧米の定番料理・エッグベネディクト。
凝っている見た目に反して意外と簡単に作れちゃうんです。
翌朝は、3からの工程を行なうのみ。

ちょっと優雅な朝を楽しみたいときにぜひ試してみてください。

詳細はこちらから!「おしゃれな朝食*エッグベネディクト」

今話題のオーバーナイト・ブレックファーストのレシピを5つご紹介しました。どのレシピも簡単なので、子どもと一緒に作るのもいいですね。朝、ゆっくりと過ごせるように、あなたのおうちもオーバーナイト・ブレックファーストにしてみませんか?

【レシピその4】鍋に食材を入れて煮込むだけ!キャベツの煮込み(キャセロール)

【材料(1人分)】
キャベツ 80g
玉ねぎ 30g
合いびき肉 60g
ごはん 100g
コンソメ 小さじ2/3
塩こしょう 少々
生クリーム 50㏄

【作り方】
1. フライパンでひき肉を炒め、火が通ったら、みじん切りにしたキャベツ、たまねぎを加えて炒める。
2. 野菜に火が通ったらごはんを加え、コンソメ、塩こしょうで味付けし、耐熱皿に盛る。
3. 生クリームをかけ、トースターで15〜20分焼く。

時間がない夜も、材料をいためて鍋に入れ焼くだけなのでとっても簡単です。
好きな野菜を用いればバリエーションも豊かで栄養もしっかり摂れますよ!

詳細はこちらから!「キャベツのキャセロール」

【レシピその5】手が込んでいるように見える!グラタン風のトルコ料理

【材料】
鶏ひき肉 150g
玉ねぎ 1/2個
塩 小さじ1と2/3
こしょう 少々
クミン 小さじ1/2
ユフカ(またはトルティーヤ、クレープ) 1枚
トマト 5個
にんにく 1片
オリーブオイル 大さじ2~3
唐辛子 大さじ1
ローリエ 1枚
チーズ 適量
イタリアンパセリ 適量

【作り方】
1. 玉ねぎとにんにくはみじん切りに、トマトはざく切りにする。
2. 玉ねぎを炒め、鶏ひき肉、クミン、塩こしょうを混ぜてミニハンバーグを作る。
3. 鍋にオリーブオイルとにんにくを熱して、トマトソースを作る。
4. 3にローリエ、唐辛子を加え、煮込む。
5. ミニハンバーグをユフカまたはトルティーヤなどで巻き、4のソースをかける。
6. チーズ、イタリアンパセリをかけて、220℃のオーブンで10~15分焼けば出来上がり。

ハンバーグのタネがあまったときなどに作ってみるのはいかがでしょうか?
トマトはトマト缶を使うともっと手順を簡単にすることができるのでオススメです。
前の晩に5の工程まで作り、冷蔵庫で保存しておきましょう。

ハーブをプラスしたりチーズを変えるなどアレンジも楽しんでみてくださいね。

詳細はこちらから!「トルコ料理★トルコ風なチキンエンチラーダ」

朝食は一日のエネルギーの源

朝ごはんは一日の活動を決めるのでしっかりとしたものを食べたい!と思っているママたちは多いと思います。
でも、朝って忙しくてなかなか余裕がないのが現実。

今回紹介した「オーバーナイト・ブレックファースト」は、言ってしまえば前日に仕込むという簡単な発想です。

ですが、工夫次第で手抜きしながらもリッチな食事を楽しめるようになるのなら
朝ごはんを夜支度してしまうという習慣をつけるのはいいことかもしれませんね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

さくらいろ

みなさんのお役に立てる記事をお届けしていきたいと思っています。よろしくお願いします!...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 夜につくる朝食!「オーバーナイト・ブレックファースト」で朝食支度をラクに♪