1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 【初期・中期・後期別】たまねぎを使った離乳食おすすめレシピ9選と冷凍方法紹介!

【初期・中期・後期別】たまねぎを使った離乳食おすすめレシピ9選と冷凍方法紹介!

【初期・中期・後期別】たまねぎを使った離乳食おすすめレシピ9選と冷凍方法紹介!のタイトル画像

大人の食事に脇役として登場することの多いたまねぎは、栄養満点で離乳食にもぴったりの食材。でも、たまねぎのからみはどうやって抑えるの?離乳食の進め方は?保存はどうすればいい?など疑問もたくさんありますよね。今回はそういった疑問に対する回答に加え、時期別のおすすめレシピもご紹介します。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015192576
目次 たまねぎは栄養満点-免疫力UP効果も-
たまねぎのからさを抑える方法
たまねぎ離乳食の進め方
【初期】おすすめのたまねぎ離乳食レシピ3選
【中期】おすすめのたまねぎ離乳食レシピ3選
【後期】おすすめのたまねぎ離乳食レシピ3選
たまねぎ離乳食の冷凍保存方法
まとめ

たまねぎは栄養満点-免疫力UP効果も-

みなさん、たまねぎはお好きですか?スープやカレー、ハンバーグなど様々に活躍するたまねぎは栄養が豊富で、様々な健康効果が期待できる食材です。

■抗酸化作用・肥満防止
たまねぎに含まれるケセルチンという成分には強い抗酸化作用があり、悪玉コレステロールを減らす効果があります。そして血流を良くすることに加えて、脂肪を燃焼させるのでダイエットにも効果があると言われています。

■疲労回復
たまねぎにはビタミンB1の吸収を促す作用がある、硫化アリルという成分が豊富に含まれているので、摂取することで疲労感やイライラなどを予防できます。ビタミンB1が多い豚肉を使った、‘‘豚の生姜焼き’’がよくたまねぎと一緒に焼かれているのは、実はベストな組み合わせだったのですね!

■免疫力UP!
その他にもオリゴ糖や身体に欠かせないミネラルなどが含まれていて、整腸作用や免疫力アップにもつながります。赤ちゃんの健康のためにも、たまねぎは離乳食に積極的に活用していきたい食材と言えます。

たまねぎのからさを抑える方法

たまねぎが栄養豊富とわかったところで、あの独特なからみが気になりますよね。離乳食に使えるように、からさを抑える方法をいくつかご紹介します。

■まずは切り方から!繊維を断ち切るようにヨコ切りにする
繊維と同じ方向に切るよりも、繊維に対して直角にヨコ切りする方が、調理するときにからみが流れやすくなります。

■切ったたまねぎはよく水で洗う
切ったたまねぎは水に放ち、よく手でもみながら洗うと良いです。

■電子レンジで加熱する
電子レンジで加熱するとかなり辛さがやわらぎます。加熱し終わったら、キッチンペーパーなどでたまねぎの水気を拭き取ります。

■沸騰したお湯でよく茹でる
離乳食に使うには、最初はくたくたに加熱しなければいけないので、よく茹でましょう。じっくりと加熱することでからさは抜け、甘みが出てきます。

たまねぎ離乳食の進め方

しっかりとたまねぎの下ごしらえをして、離乳食に活用しましょう!

■基本の下ごしらえ
1.よく洗って皮をむき、薄くスライスする。
2.沸騰したお湯でやわらかく茹で、各時期に合わせた大きさに刻む。

■初期
すり鉢ですりつぶす。なめらかにしたい場合は、さらに裏ごしする。
1回の分量の目安…ひとさじから

■中期
2〜3ミリ角に刻む。
1回の分量の目安…他の野菜・果物と合わせて20〜30g

■後期
5ミリ角に刻む。
1回の分量の目安…他の野菜・果物と合わせて30〜40g

【初期】おすすめのたまねぎ離乳食レシピ3選

1.初めてのたまねぎに!「たまねぎのピューレ」

■材料(作りやすい分量)
・たまねぎ…半分

■作り方(約15分)
1.たまねぎを薄くスライスして、沸騰したお湯でやわらかくなるまで茹でる。
2.茹で上がったらすり鉢ですりつぶし、裏ごししたらできあがり。余った分は小分けにして冷凍保存。

初期の離乳食に 玉ねぎのとろとろ  レシピ・作り方

2.野菜のうまみで♪「野菜スープ」

■材料(作りやすい分量)
・にんじん…1本
・キャベツ…3〜4枚
・たまねぎ…中1個

■作り方(約15分)
1.野菜を洗い、にんじんとたまねぎは皮をむく。
2.野菜をそれぞれ適当な大きさに切る。
3.鍋に野菜がかぶるくらいの量の水を入れて火にかけ、野菜がやわらかくなるまで煮る。
3.野菜がくたくたにやわらかくなったら、野菜を取り出してできあがり。
4.取り出した野菜は、それぞれペーストにすると便利。余ったスープは小分けにして冷凍保存します。

離乳食 初期 野菜スープ♡o。+ レシピ・作り方

3.下ごしらえしてあった野菜を使えばあっという間!「カラフル3食野菜」

■材料(1食分)
・にんじん(やわらかく茹で、裏ごししたもの)…小さじ1/2〜
・かぼちゃ(やわらかく茹で、裏ごししたもの)…小さじ1/2〜
・たまねぎ(下ごしらえ後)…小さじ1/2〜
・だし…適量

■作り方(約5分)
下ごしらえの終わった野菜を器に盛りつけ、だしをかけたらできあがり。

離乳食6ヶ月前半・三色野菜 レシピ・作り方

【中期】おすすめのたまねぎ離乳食レシピ3選

1.色々な味にチャレンジ!「トマトとたまねぎのお粥」

■材料(1食分)
・お粥…赤ちゃんが食べられる分
・入り卵またはゆで卵のみじん切り…10g
・トマトソース(市販のものでも作ったものでも)…大さじ1
・たまねぎのみじん切り…10g

■作り方(5分)
1.たまねぎは、やわらかく茹でてみじん切りしてあったものを使用。
2.器にお粥、トマトソース、たまねぎ、卵を入れてよくかき混ぜたらできあがり。

離乳食★玉子入りトマト粥 レシピ・作り方

2.ストックしておくと便利♪「チキンと野菜のスープ」

■材料(作りやすい分量)
・ささみ…3本
・たまねぎ…1/2
・にんじん…1/2
・キャベツ…1/8
・水…500cc

■作り方(約15分)
1.野菜はすべて5ミリ角の大きさに刻む。
2.ささみはほぐし、みじん切りにする。
3.お鍋に水500ccと材料を入れて煮込む。
4.野菜が柔らかくなったらできあがり。余った分は小分けにして冷凍保存。

離乳食中期★具だくさんチキンスープ レシピ・作り方

3.やさしい味に♪「野菜とたまごのミルクパン粥」

■材料(1食分)
・食パン8枚切り…1/4枚
・バナナ…10g
・にんじん・たまねぎ(やわらかく茹で、5ミリ角に刻んだもの)…合わせて10g
・牛乳…50cc
・卵…1/4個

■作り方(約5分)
1.パンとバナナを5ミリ角の大きさに刻む。
2.材料をすべて耐熱容器に入れて、電子レンジでしっかり火が通るまで加熱したらできあがり。

離乳食中期★野菜と卵のミルクパンがゆ レシピ・作り方

【後期】おすすめのたまねぎ離乳食レシピ3選

1.手づかみ食べがしたいから!「鮭と野菜のハンバーグ」

■材料(2食分)
・鮭…2切れ
・たまねぎ…1/2
・ピーマン…1/2
・卵…1/2
・パン粉…大さじ2

■作り方(約15分)
1.玉ねぎとピーマンをみじん切りにする。鮭は骨を取ってほぐす。
2.1にパン粉と溶き卵を混ぜ、ひとくちサイズに形成する。
3.両面を弱火~中火でしっかり火が通るまで焼いたらできあがり。

☆鮭バーグ☆ レシピ・作り方

2.パスタと一緒に♪「野菜のスープスパゲティ」

■材料(1食分)
・サラダ油…ごく少量
・トマト…1/2個
・キャベツ…1枚
・たまねぎ…1/4個
・スパゲティ(1センチ程度に折ってやわらかく茹でたもの)…赤ちゃんが食べられる分
・水…適宜

■作り方(約10分)
1.ごく少量のサラダ油をフライパンに熱し、みじん切りにした野菜を炒める。
2.野菜に火が通ったら、ひたひたの水を加えて煮込む。
3.茹でてあったスパゲティを入れたらできあがり。

トマトスープスパゲティ(離乳食後期~完了期) レシピ・作り方

3.電子レンジで楽ちん♪「ハヤシライス」

■材料(4〜5食分)
・豚牛合挽き肉…大さじ4程度
・たまねぎ…1/4個
・にんじん…1/2本
・じゃがいも…1/2個
・ケチャップ…大さじ2
・ウスターソース…小さじ1
・水…1/4カップ
・お粥…赤ちゃんが食べられる分

■作り方(約15分)
1.耐熱容器に合挽き肉、すりおろしたたまねぎとにんじんを入れてよく混ぜる。
2.ラップをかけ、600wの電子レンジでで3分加熱する。
3.2に水、すりおろしたじゃがいも、ケチャップ、ソースを入れてよく混ぜ、再び600wの電子レンジで3分加熱する。
4.電子レンジから取り出してよく混ぜ、火の通りが不十分なら、さらに2〜3分加熱する。
5.しっかりと全体に火が通り、じゃがいものでんぷんのとろみがつけばできあがり。余った分は小分けにして冷凍保存。

離乳食後期*レンジで簡単♪ハヤシライス レシピ・作り方

たまねぎ離乳食の冷凍保存方法

■たまねぎの冷凍保存方法
下ごしらえが終わったたまねぎは、小分けにして冷凍しておくと便利です。離乳食用のブロックに分かれているフリージングトレーを使うと、毎食1キューブずつ取り出して解凍できます。

トレーによって20ml入るものや30ml、50mlなど様々なので、離乳食の期間によって使い分けることができます。凍ると体積が増えるので、満タンより少し少なめに入れた時の分量を計っておくことがおすすめです。

また、冷凍したたまねぎは、衛生的にも1週間程度を目安に使い切るようにしましょう。

■たまねぎを解凍するときは
初期
電子レンジで解凍・加熱した後さらに白湯やミルク、だし汁などでのばします。

中期・後期
電子レンジで解凍・加熱するか、凍ったまま煮物やスープなどに加えて使うことができます。

まとめ

栄養満点なたまねぎを使った離乳食レシピ、いかがでしたか?様々な健康効果が期待できるたまねぎは、まさに離乳食の名わき役とも言える存在!さっぱりした味なので、どんな食材とも合うところも嬉しいですよね。

赤ちゃんの免疫力アップのためにも積極的に取り入れていきたいところですが、たまねぎのからさは赤ちゃんにはとっても刺激的です。しっかりと甘みが出るまで、熱を加えてあげることを忘れずに。

作ったら味見をしてみて、たとえ調味料無しでも、ママがおいしいと思える離乳食に仕上げることも大事です!手間もかかって大変な離乳食作りですが、便利なシリコンスチーマーや専用フリージングトレーなどを活用して、楽しく乗り切ってくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

Diana

2015年生まれの女の子の母です。
最近は離乳食作りに奮闘する毎日。
慣れない育児も、楽しみながら過ごしています。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 【初期・中期・後期別】たまねぎを使った離乳食おすすめレシピ9選と冷凍方法紹介!