1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子宮外妊娠はなぜ起こる?

子宮外妊娠はなぜ起こる?

子宮外妊娠はなぜ起こる?のタイトル画像

妊娠トラブルのひとつに「子宮外妊娠」があります。子宮外妊娠の原因は?出産することはできるの?今回はそんな疑問にお答えするため、子宮外妊娠について基礎知識をまとめてみました。

子宮外妊娠とは

子宮外妊娠とは、子宮以外の場所に受精卵が着床してしまうことです。正常な妊娠の場合、排卵された卵子と外から入ってきた精子が卵管で出会い、受精卵となって子宮の中へ移動し着床に至ります。一方、子宮外妊娠の場合は受精卵が子宮まで行き着くことができず、卵管や卵巣といった子宮以外の場所に着床してしまうのです。受精卵が育つことのできる場所は子宮の中にある子宮内膜だけなので、妊娠を持続させることができなくなってしまいます。ちなみに子宮外妊娠が起こる確率は全体の1~2%とされています。

子宮外妊娠はなぜ起こる?の画像1

子宮外妊娠の原因

子宮外妊娠は、受精卵を子宮内へ運搬させる機能が弱かったり、卵管が狭くなって受精卵が通りづらくなったりしている状態で起こりやすくなります。その原因ははっきりしていない場合もあるのですが、卵巣や卵管、子宮やその周辺にある内臓の病気が関係していることも少なくありません。例えば卵管炎やクラミジアにかかると、卵管が炎症を起こし癒着が起こりやすくなります。また虫垂炎や骨盤内感染など腹部の病気をした後も、卵管が癒着したり狭くなったりすることがあります。

子宮外妊娠の症状

子宮外妊娠が起こっても初めは症状がなく、妊娠反応やつわりも正常な妊娠と同じように現れるので、本人がすぐ異変に気付くことは少ないでしょう。ただし子宮外に着床した受精卵はいずれ流産となるので、流産に伴って性器出血や下腹部痛が起こるようになります。また出血や腹痛の程度は受精卵が着床した部位によって異なるのですが、受精卵が卵管のような細い場所に着床した時は、卵管が破裂して大出血や激痛を起こす可能性も出てきます。卵管が破裂した時は緊急の治療が必要なので、妊婦さんはすぐ産婦人科を受診してください。

子宮外妊娠の治療

出血や腹痛などの症状が強く緊急処置が必要とされる場合には、子宮外妊娠を起こしている場所の止血や切除手術が行われます。子宮外妊娠は卵管で起こることが多いのですが、卵管は妊娠に欠かせない機能なので、今後の妊娠を希望する女性が卵管で子宮外妊娠を起こした場合には、卵管を残す選択もとられます。また子宮外妊娠が起きたら必ずしも手術が必要ということではなく、様子を見たり薬物療法で対処したりする場合もあります。妊婦さんはいつもと違う症状に気付いたらすぐ受診してください。

予防とその後の妊娠について

受精卵が子宮外に着床することを完全に予防するのは難しいことなのですが、子宮外妊娠の原因となりやすい病気を治しておくことは、子宮外妊娠の予防につながります。もし子宮外妊娠を起こしも、その後の妊娠・出産は問題ない場合が多いでしょう。また子宮外妊娠の手術によって自然妊娠の可能性が低くなった場合でも、不妊治療を取り入れて正常な妊娠から出産に至ることも可能となります。ただし、まれに子宮外妊娠は繰り返す場合があるので、子宮外妊娠を経験した女性が妊娠を希望する場合は医師に相談すると安心でしょう。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

れいこ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子宮外妊娠はなぜ起こる?