1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 医療費がお得に!乳幼児医療証とは?助成対象者・申請&手続き方法・助成範囲まとめ

医療費がお得に!乳幼児医療証とは?助成対象者・申請&手続き方法・助成範囲まとめ

医療費がお得に!乳幼児医療証とは?助成対象者・申請&手続き方法・助成範囲まとめ	のタイトル画像

生まれてすぐで身体が弱い赤ちゃん。ママも心配なことが多いからすぐに病院にかかりたいものですよね。そんなときに気になるのがやっぱりお金のことですよね。そこで今回は乳幼児医療症について調べました。乳幼児医療証とは?助成対象者・申請&手続き方法・助成範囲などを乳幼児医療症についてまとめました。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030003353
目次 育児世帯は医療費が控除に?乳幼児医療証とはどんな制度?
乳幼児医療証の助成対象者
乳幼児医療証はいつから申請できるの?
乳幼児医療証の申請・手続き方法
乳幼児医療証の助成対象範囲
しっかり知っておこう

育児世帯は医療費が控除に?乳幼児医療証とはどんな制度?

子育て世帯の医療費負担の軽減をはかるための制度が、この乳幼児等・こども医療費助成制度です。保険証と共に乳幼児等・こども医療費受給者証を提示することにより、保険診療の対象となる自己負担金(医療費の3割など)から福祉医療一部負担金を控除した額を各自治体が助成してくれるというシステムです。

市区町村により負担割合や条件は異なりますので、詳しくはご自身の住民票がある市区町村で確認しましょう。0歳~15歳まで全額無償の市区町村もありますし、0~2歳までは無料、3歳~小学校3年生までは外来1医療機関・薬局等ごとに1日500円上限、月2回までなどの条件が決まっているところもあります。

対象の年齢も、小学校3年生まで、小学校6年生までなど自治体により異なっています。ただし、居住している市区町村以外で受診した場合は、償還払いの手続きが必要となる場合がほとんどです。

乳幼児医療証の助成対象者

助成の対象になるのは、各自治体に住民登録があり、0歳~15歳(中学3年生修了まで)までの子どもを扶養していることが条件になっている場合がほとんどです。ただしこの対象とする年齢は各自治体によって大きく異なります。

0歳から対象になるという点はほとんどの場合共通ですが、所得制限の関係で上限の年齢が小学校3年生までであったり、小学校6年生までの所などがあります。中には居住している市区町村で受診しても対象にならないケースもあります。例えば、子ども自身が生活保護受給者もしくは、重度障害者医療または母子家庭等医療の受給者である場合などです。

また、扶養義務者(父母等)全員の市町村民税所得割額の合計が23万5千円未満であることなどの条件がある場合もあります。また、居住している市区町村以外で受診した場合は、償還払いの手続きをする必要があります。これらの条件も各市区町村によって異なっていますので、お住まいの自治体に確認するといいでしょう。

乳幼児等・こども医療費助成制度

乳幼児医療証はいつから申請できるの?

ほとんどの場合、0歳から所得できます。ただし、健康保険に加入した日から助成が受けられるという自治体もあれば、生まれた日から助成が始まる自治体もあります。転入の場合は転入日から申請可能となります。ただしこれも各地自体によって保証の期間は異なっていますので、確認が必要です。

また、医療証の有効期間が過ぎた後に申請をしたり(1歳の誕生日を迎えた翌月以降の申請など)、 医療証の交付を受ける前になんらかの理由で市区町村から転出した場合は申請できないケースもありますので、注意が必要です。

あくまでも保証されるのは医療費ですので、健康保険に加入していることが必須条件となっています。そのため健康保険証が必要ですので、まずは子どもの健康保険証を取得します。

健康保険証、印鑑(朱肉を使うもの)、所得・課税証明書、所得を証明する書類などが必要となる場合が多いでしょう。必要なものはあらかじめ居住自治体に問い合わせ、用意してから申請に行くとスムーズに交付してもらう事が出来ます。

乳幼児医療証の申請・手続き方法

子ども自身の健康保険証、印鑑(スタンプ印以外)、所得・課税証明書が必要になります。特に課税証明書など各家庭の状況により、他にも必要となる書類の提出が必要となる場合もあります。

助成対象の年齢や金額、申請方法や必要な書類等も各自治体によって異なっています。助成方法なども自治体により異なるので、詳細は役所の窓口に電話等で問い合わせるか、ホームページで確認するといいでしょう。

おおまかな流れとしては、まず住民票のある市区町村の助成内容や手続きの方法を確認します。これは電話はホームページから確認すると、赤ちゃん連れで何度も出歩く必要がありません。必要なものが分かったら、赤ちゃんの健康保険の加入手続きをします。

国民健康保険の場合は役所、勤め先の健康保険に加入している場合はそちらで手続きをします。赤ちゃんの健康保険証が届いたら、役所で助成を受ける手続きをします。場合によってはホームページなどから書類をダウンロードして印刷し、健康保険証のコピーを同封して送る事手続きが完了するケースもあります。

これらの流れも各自治体によってことなりますので、まずはお住まいの市区町村に問い合わせるといいでしょう。いずれにしても、赤ちゃんの健康保険証・乳幼児医療証は少しでも早く交付してもらう事が大切です。出産前に調べておくとスムーズに取得できますので、ぜひ妊娠中に問い合わせてみてください。

乳幼児医療証の助成対象範囲

乳幼児等医療費助成の対象は各自治体によって大きく異なっています。年齢だけ見ても、0歳~15歳(中学3年生修了まで)までであったり、4歳まで、小学校3年生まで、6年生まで、中学校3年生までなどと異なっていますし、さらに所得制限の関係で上限の年齢が異なるケースなどがあります。

ただし、いずれの場合も助成の対象外になるものは、保険のきかない医療費や医療材料などであり、これは共通となります。例えば薬の容器代、証明書・診断書の代金、差額ベッド代、健康診断や定期接種ではない予防接種の代金などです。また、入院の場合は、医療費のほかに入院時の食事代として「入院時食事療養にかかる標準負担額」が必要となるケースがほとんどです。

しっかり知っておこう

小さな赤ちゃんはまだ体が丈夫ではなく、病気をしがちです。ちょっとした変化でも、医療費が無料であることで気軽に受診することができるようになり、病気の早期発見につながる事もあります。

また、動き出すようになるとけがをする事も増えてきます。そういう時にこのような制度があると安心ですね。ぜひお住まいの市区町村に問い合わせて、どのような助成が受けられるのか、どのような条件があるのかなど確認してみてください。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

opposite

友達大好き!元気いっぱいの我が子にいろいろな事を教わりながら、楽しい日々を過ごさせてもらっています。
...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 医療費がお得に!乳幼児医療証とは?助成対象者・申請&手続き方法・助成範囲まとめ