1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 【収納上級編】突っ張り棒は、ずり落ちして困っちゃう?そんな時に採用したいアイディア

【収納上級編】突っ張り棒は、ずり落ちして困っちゃう?そんな時に採用したいアイディア

【収納上級編】突っ張り棒は、ずり落ちして困っちゃう?そんな時に採用したいアイディアのタイトル画像

洋服の収納に便利なつっぱり棒。でも、ハンガーをかけておいたらずり落ちてしまい、せっかく片づけたお洋服が台無しに……という経験はありませんか。そんな失敗も簡単なアイデアで未然に防ぐことは可能です。重い洋服をかけてもずり落ちない、つっぱり棒の強化方法をご紹介します。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28182000267
目次 つっぱり棒上級者は「耐久強化」をしている!
つっぱり棒のずれ防止その1「すのこを使う」
つっぱり棒のずれ防止その2「化粧用のパフを使う」
つっぱり棒のずれ防止その3「PPシートを使う」
手軽に「耐久強化」で、収納効率アップ!を目指そう

つっぱり棒上級者は「耐久強化」をしている!

お洋服をキレイに整理したのにつっぱり棒がずり落ちて、また最初からやりなおし…。その後も、いつまたずり落ちるかと気になって、思うように服をかけることができない……。

つっぱり棒は便利だけれど、こんな悩みといつも隣り合わせです。でも、どこでも安く手に入る身近なアイテムを使ってつっぱりを強化してあげると、簡単につっぱり棒の耐久性をアップさせることができます。

収納上級者がどんなアイディアを活用しているか?をまとめてみました!


つっぱり棒のずれ防止その1「すのこを使う」

つっぱり棒のずれ防止にまずオススメなのが「すのこ」です。ホームセンターはもちろん、小さなものは100円ショップでも取り扱っています。

使い方は簡単。すのこを2つ用意し、つっぱり棒をかけたい壁にあてながら、つっぱり棒を設置します。すのこは壁とつっぱり棒の間に挟まれるイメージです。この時、すのこの表面が壁側になるようにしましょう。たったこれだけで、少しの衝撃ではビクともしない頑丈なつっぱり棒のできあがりです。

収納スペースとして、すのこ×突っ張り棒でこんなアイディアも!

【収納上級編】突っ張り棒は、ずり落ちして困っちゃう?そんな時に採用したいアイディアの画像3

つっぱり棒だけでなく、写真のように板を渡して収納スペースにすることも可能です。すのこの支えで安定し、ずり落ちにくくなります。小さな子供服なら2段掛けも可能。スペースを無駄なく使えるので収納場所にたくさん物をしまうことができます。

つっぱり棒のずれ防止その2「化粧用のパフを使う」

どこでも安く手に入る化粧品のパフです。パフをつっぱり棒と壁の間に挟むことで摩擦が生じ、棒がずり落ちにくくなります。パフ以外にも、印鑑を押すときに使う捺印マットなどでも同じ効果があります。いずれも100円ショップで入手できるもので十分ですし、見た目が気にならなければ使い古したパフを再利用してもいいでしょう。

これらのアイテムには、万一つっぱり棒がずり落ちた時でも、壁に傷がつかないよう保護する効果も期待できます。

つっぱり棒のずれ防止その3「PPシートを使う」

こちらは、すのこやパフと比べると少し手間がかかりますが、しっかりと固定できる方法です。

1、厚さ1ミリほどのPP(ポリプロピレン)シートを用意し、つっぱり棒の幅に合わせカットします。この時上下に3〜4センチはみ出るようにカットします。
2、PPシートとつっぱり棒の端部を強力な両面テープで接着します。
3、つっぱり棒を壁に宛てPPシートと壁をステープルガン(工作用のホッチキス)で固定します。

PPシートは100円ショップで、ステープルガンはホームセンターなどのほか、ダイソーでも300円で販売されているようです。壁によっては通常のステープラーでも固定できることも。つっぱり棒本来の耐荷重が10㎏のところ、この方法で40㎏ほどになったという声もあるほどなので、気になる方は是非チャレンジしてみてくださいね。

参照:突っ張り棒が落ちない仕組みを自作してみたら想定以上に強力だった件

手軽に「耐久強化」で、収納効率アップ!を目指そう

つっぱり棒に安心して物を置いたり掛けたりするには、耐久アップは不可欠ですよね。手軽に手に入る材料でも十分強度はアップできるので、つっぱり棒のずり落ちで困っている方は是非試してみてください。
また、手間をかけたくない…と思う方は、市販でずり落ち防止アイテムがあるので、そちらの購入を検討するのも良いでしょう。

ただし、こうしたアイテムを過信するのは禁物です。過度に重いものをぶら下げたり、必要以上に棒に負荷をかけると壁や床を傷つけたり壊れる原因になってしまうので、無理な収納はしないよう注意しましょう。

ずり落ち防止アイデアで、ストレスのないすっきり収納を実現してくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

k_tomo

本を読むこと、絵を描くこと、音楽を聴くことが好きです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 【収納上級編】突っ張り棒は、ずり落ちして困っちゃう?そんな時に採用したいアイディア