1. >
  2. >
  3. 【離乳食】3回食の時期はいつから?量、時間、おすすめの献立例まとめ

【離乳食】3回食の時期はいつから?量、時間、おすすめの献立例まとめ

【離乳食】3回食の時期はいつから?量、時間、おすすめの献立例まとめのタイトル画像

2回食に慣れてきたら、離乳食もいよいよ後半。今度は3回食の時期に入ります。始める時期や食べさせる量、間隔、メニューなど、離乳食3回食の疑問や献立例についてご紹介します。子どもにとって大切な食生活のリズムを整えるためにも、しっかりと準備をして3回食に移行していきましょう。

目次 離乳食の3回食とは?時期はいつから?
3回食のごはんの量は、どれくらい?
3回食を与える間隔・時間帯は?
3回食での「食材のかたさ」と「味付け」
3回食を与える際の注意点とは?
おすすめの3回食メニュー3選!
まとめ

離乳食の3回食とは?時期はいつから?

「3回食」とは、その名の通り、1日3回食事をすることを指します。これまで2回食だった状態から、赤ちゃんも大人と同じように朝・昼・夜の3回食事をするように少しずつ移行していきます。食事回数の変化だけではなく、母乳やミルクからよりも、食事から栄養を摂るように移行する時期でもあり、とても重要な位置付けです。

メニューを考える回数が増えたり、最初は赤ちゃんがあまり食べてくれなかったり、食べ散らかした後を片付ける回数も増えたり・・・と、ママにとっては悩みが増える時期でもありますよね。でも、少しずつ慣れていけば、大人と同じ時間に食事ができるようになり、家族団らんのひとときが過ごせるようになる楽しみもあります。

■3回食に移行する時期の目安
・生後9~11ヶ月頃が目安
・2回食に慣れて2~3ヵ月が経った後

■3回食に移行するためにチェックするべきポイント
・食事量や食べられる食品数が増えているか
・丸呑みではなく、口をモグモグさせてしっかり食べているか

月齢はある程度の目安にはなりますが、赤ちゃんが食事に慣れていく過程には個人差も大きいため、赤ちゃんの発育に合わせて調整することが大切です。赤ちゃんの体調や状態に注意しながら、無理なく少しずつ始めていきましょう。

3回食のごはんの量は、どれくらい?

厚生労働省の「授乳・離乳の支援ガイド」によると、生後9~11ヶ月の赤ちゃんの食事1回あたりの目安量は、下記のように挙げられています。

<穀類>全がゆ90g~軟飯80g
<野菜・果物>30~40g
<タンパク質性食品>魚15g、又は肉15g、又は豆腐45g、又は全卵1/2個、又は乳製品80g


3回食を始めたばかりの頃は、3回目の食事を食べないことも多いため、少量から少しずつから始めてみるのもよいでしょう。決まった量を毎回食べ切ることを目標とするのではなく、1日3回の食事のリズムを作っていくくらいの気持ちでスタートしてください。

参照:厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド 3離乳編」平成19年

3回食を与える間隔・時間帯は?

3回食を与える間隔は、3~4時間おきが目安と言われています。例えば、8時・12時・16時などのように、朝~夜までの食事を3回に分けます。赤ちゃんの生活リズムを整えられるように、できるだけ毎日同じ時間に3回の食事を与えるように心がけることが大切です。

食事の時間の決め方としては、家族のスケジュールに合わせてみんなでリズムを整えることがおすすめです。ただし、家族全員がそろって食事をしたいからといって、パパの帰りに合わせて夜遅くに食事をとることは避けるようにしてください。

また、食事だけではとりきれない栄養を補うために、3回の離乳食の合間に母乳やミルク、おやつを与えるのもおすすめです。おやつとして栄養価の高いサツマイモや果物を与えたり、鉄分不足を補うためにフォローアップミルクを与えたりするママも多くいます。

3回食での「食材のかたさ」と「味付け」

■食材のかたさ
3回食での食材のかたさは、歯茎でつぶせるくらいが目安です。舌でつぶせるくらいが目安の2回食よりも、少しだけかたくするイメージで、具体的にはバナナぐらいのかたさが良いといわれています。

■味付け
味付けを濃くすると赤ちゃんはよく食べてくれますが、あまり濃い味に慣れてしまうと塩分の摂りすぎにつながるほか、薄味のものを食べられなくなってしまいます。調味料を使いすぎず、素材のダシを使った調理を心がけるようにして、なるべく薄味にするようにしましょう。

薄味ではあまり食べてくれないという場合は、水溶き片栗粉でとろみを付けたり、食材の大きさを変えたりして、食感を変えることで食べてくれる場合もあります。また、少量の調味料は問題ありませんので、風味付け程度に利用することはできるので安心してください。

3回食を与える際の注意点とは?

3回食に移行する時期の赤ちゃんは、食欲や食べられる量にまだまだ個人差が大きいので、あまり神経質に考える必要はありまえん。できる範囲で大丈夫ですので、なるべく食べる量や栄養バランスに注意するようにしましょう。

■バランスの偏りに注意しましょう
好き嫌いのある赤ちゃんも少なくありませんが、食感や調理法を変えるなどの工夫をして、なるべく栄養バランスが偏らないように気をつけましょう。特に鉄分が不足しやすいので、ほうれん草や海藻類、レバーや赤身の魚も摂るのもおすすめです。食事で栄養バランスを整えることが難しい場合は、フォローアップミルクなどを上手く利用するようにしましょう。

■食べすぎ・食べなさすぎに注意しましょう
基本的には「赤ちゃんが食べたがるだけ食べさせる」というやり方で問題ありません。また、食べる量が日によって異なったり、全体的に少なかったりする場合でも、成長に問題がなければ気にする必要はありません。しかし、定期健診などでお医者さんに太りすぎと注意されたり、赤ちゃんの成長が良くないようであれば、お医者さんや栄養士さんなどと相談しながら食事内容や調理方法を見直しましょう。

■考えすぎに注意しましょう
色々と注意することの多い3回食ですが、「ママが深く考えすぎない」ということも大切なポイントです。長い目で見つつ気楽に構えて、楽しく食事することを心がけてみてください。

おすすめの3回食メニュー3選!

1.しらすわかめうどん

■材料
・ゆでたうどん 60g
・しらす 15g
・わかめ 5g
・湯 大さじ2
・かつおぶし ひとつまみ
・醤油 数滴

■作り方
1.ゆでたうどんを食べやすい大きさにカットする
2.わかめ(乾燥わかめの場合は水で戻す)を食べやすい大きさにカットする
3.しらすは湯通しして塩分を抜く
3.「1」「2」「3」をすべての調味料・お湯と合わせてなじませる

ご紹介しているリンク先には、色々なうどんメニューのバリエーションが載っているので、3回食のレパートリーを増やすのに使ってみてください。

参考レシピ:離乳食後期♡うどんメニュー レシピ・作り方

2.色々使える♪鶏団子

■材料
・鶏ひき肉 100g
・玉ねぎみじん切り 50g
・木綿豆腐 50g
・片栗粉 大さじ1
・塩 小さじ1/4

■作り方
1.ボールにひき肉と塩を入れ、白っぽくなるまで混ぜる
2.「1」に残りの材料を加えて混ぜる
3.赤ちゃんが食べやすい大きさに丸めて、沸騰したお湯に入れて茹でる(浮いてきたらok)
4.ざるにあげて冷ます
5.保存する時は、茹でたものを冷ましてからトレーに並べて冷凍する

つみれにすることで、色々な具材を取り入れやすいのでおすすめです。トマト風や中華風に味付けしてそのまま食べても、スープに入れても使うことができるため、レパートリーがどんどん広がります。冷凍保存しておけるのも嬉しいですね。

参考レシピ:【離乳食】色々使える♪鶏団子 レシピ・作り方

3.しらす&ほうれん草のあんかけ丼

■材料
・しらす(湯通しして刻んだもの) 大さじ1
・ほうれん草(茹でてみじん切りにしたもの) 小さじ1
・溶き卵 大さじ1
・●水 大さじ3
・●赤ちゃん用和風だし(粉末) 小さじ1
・●醤油 少々
・水溶き片栗粉 少々
・ご飯 60g

■作り方
1.お鍋に●印としらすを入れ火にかける
2.沸いたらほうれん草を加えてひと煮立ちさせ、水溶き片栗粉でとろみをつける
3.溶き卵を回し入れ、火が通ったらあんが完成
4.お茶碗にご飯をよそい、「3」をかけたら出来上がり!

ほうれん草は、鉄分が豊富でおすすめの食材です。ごはんは、お粥や軟飯など赤ちゃんの好みに合わせて食べやすい固さに調整すると良いでしょう。色々な食材と組み合わせてみて、お気に入りのあんかけが見つかるといいですね。

参考レシピ:【離乳食】しらす&ほうれん草のあんかけ丼 レシピ・作り方

まとめ

1日3回の離乳食の準備は大変ですが、慣れてくると大人用の食事を作りながら一緒に別調理を進めることもできるようになります。例えば、大人用に作る肉じゃがを煮込む過程で、調味料を入れる前に少しだけ具材を取り出して別鍋に移し、細かくカットして柔らかく茹でるだけでも離乳用になります。味付けを薄めにしたり、水溶き片栗粉を加えてあんかけ風にしたりすれば、同時進行で家族みんなの食事を作ることができます。

3回食に進むと、家族みんなで食卓を囲む機会も増えてきます。赤ちゃんもママも楽しんで食事ができるように、食材や食感、調理方法などをいろいろと工夫してみてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

赤ちゃんのお世話

この記事を書いた人

hikari

まだまだ未熟ですが、お役立ち情報を配信できればと思います♪...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. 【離乳食】3回食の時期はいつから?量、時間、おすすめの献立例まとめ