1. >
  2. >
  3. >
  4. 話しかけからはじまる子育て

話しかけからはじまる子育て

話しかけからはじまる子育てのタイトル画像

妊娠中からの、赤ちゃんへの「話しかけ」は、スムーズな育児のスタートにつながるのと同時に、ママ、パパになる自覚が芽生える第一歩。どんどん、声にだして、話しかけをしてみましょう。

出典:https://instagram.com/p/z2XjIoiYb1/

赤ちゃんが一番聞こえているのはママの声

今や、お腹の中の赤ちゃんの様子は、このような4D画像で見られるようになりました。



妊娠中から、赤ちゃんのお顔がはっきりと見えたお母さんもいらっしゃるのではないでしょうか?こんなに鮮明に見えると、お母さんになった実感も強くなるかもしれませんね。病院によっては、妊娠30週前後の、赤ちゃんのお顔がしっかり映りやすくなったころに、このような3D、4D画像で見せてもらえるところもあるようですよ。



子宮の中の赤ちゃんは、羊水の中で浮かんでいます。外部からの音は、羊水とお母さんの体の外側から聞こえます。お母さんの声は、お母さんの体の中から、直接骨を伝わって聞こえてきます。お母さんが、おせんべい食べてる時は、赤ちゃんはどんなふうに聞こえているのでしょうね?

お腹の中はとっても賑やか

胎児の聴覚が整ってくるのは、だいたい妊娠22週(6か月)頃。お母さんのお腹の中は、様々な音で溢れています。



想像してみてください。お母さんの心臓の音、血液が流れる音、腸が動く音、食べ物をそしゃくする音・・・。まるで、スクランブル交差点の中にいるような賑やかさでしょうか。赤ちゃんは、お母さんの鼓動を聞くと落ち着くそうです。そして、お母さんの声は赤ちゃんの気持ちの鎮静効果を持つようですよ。

赤ちゃんは、お母さんの声が大好き

お腹の中で、たくさんお母さんの声を聴いていた赤ちゃん。お母さんの、声のリズム、トーン、癖をよーく感じています。



赤ちゃんはお母さんの声が大好きなんですよ。お母さんの鼓動も大好きなので、お母さんは自然と自分の左側、つまり心臓側に赤ちゃんの頭を向けて抱っこします。こうしていると赤ちゃんはとても落ち着くそうです。



赤ちゃんを抱っこしながら、誰かとのお話に夢中になっている間に、赤ちゃんがすやすや眠ってしまったという経験はありませんか?そういうことだったんですね。

お母さんにとっても「話しかけ」は安定剤

「話しかけ」をすると、お母さんの心も整ってきます。もちろん、身を持って、赤ちゃんを体感できないお父さんにとっては、話しかけはもっと大切です。



みんな、少しずつ、少しずつ、親になるんです。生まれたその日から、いきなり親にはなれないのです。お腹の中にいるときから、話しかけることによって、親になる実感をしていきます。中には、いきなり目の前に現れた赤ちゃんに、「どう接してよいかわからない」というお父さん、お母さんもいらっしゃいます。妊娠中から「話しかけ」ていれば、赤ちゃんが生まれた後も、そのまま同じようにお話すれば大丈夫。



おかあさんにも 余裕がうまれ 育児に対する不安が軽減されますから、体のこわばりもなくなり、産後ウツの予防にも効果が期待できますね。



ぜひみなさんも積極的におなかのなかの赤ちゃんにはなしかけてあげてくださいね♪

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠 妊娠中の生活 妊娠の基本情報

この記事を書いた人

kumi

マタニティビクス、ピラティスのインストラクターとして、妊婦さんやママのサポートをしていますkumiと申します。産前産後の専門になったきっかけは、私自身の不妊の経...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 話しかけからはじまる子育て