1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. つわりがしんどい、イライラする…そんな気持ちを旦那さんに理解してもらいたいママへ

つわりがしんどい、イライラする…そんな気持ちを旦那さんに理解してもらいたいママへ

つわりがしんどい、イライラする…そんな気持ちを旦那さんに理解してもらいたいママへのタイトル画像

妊娠がわかって喜んだのもつかの間、辛いつわりが始まります。今まで当たり前にやっていたことができなくなったり、旦那さんにイライラしたり。
長く続けば続くほど旦那さんの理解が得にくいもの。こういう時だからこそ旦那さんの理解を得て、よりよい夫婦関係を保ちたい。
私は妊娠超初期から出産までつわりが続きました。そんな長いつわり生活で学んだことをお伝えします。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030004137

つわりはいつまで続くの?

つわりで苦しんでいるとき、誰しもがいつまで続くんだろ?と思うのではないでしょうか。
症状も含め、つわりがある時期もかなり個人差があるようです。

安定期と言われる時期になると落ち着いてくることが多いようです。これはホルモンの影響によるものではないかといわれています。
どんなに長く続いても出産まで。どうにか頑張って乗り切りましょう!

男は戸惑って当然

奥さんから「妊娠した」といわれても、外見はいつもと同じだしピンとこない旦那さんが多いのではないかと思います。
女性は妊娠すると、ホルモンの影響で心身ともに変化が訪れます。本人も気づかないうちにその変化が起こっていることもあります。
女性もその変化に戸惑うものなので、自分の体で起こっていない男性は戸惑って当然なのです。

当然だからといって、つわりを理解してもらえないのは困ります。
理解してもらうには「気づいてよ!」「いわれなくてもわかるでしょ!」はご法度。男は鈍い生き物です(笑)
うまく伝えることにより、旦那さんに理解してもらえる環境作りが必要です。

大切なのは伝え方 -事前に知ってもらうー

とにかく伝えることが大切です。
今してほしいこと、やめてほしいことなど、言葉で伝えていきましょう。

そもそも、つわりにどんな症状がでるのか知らない旦那さんもいるのでは?
嘔吐・吐き気はよく聞くものですが、嗜好物の変化や下痢便秘などもあります。
自分でうまく伝えられなそうなときは、妊婦雑誌を読んでもらったり母親学級に参加するのもいいでしょう。


伝えておきたいことはどんなことでしょう。
事前に知っていてもらうことでトラブル回避です。

・体調は日々変化する
調子のいい日もあれば悪い日もある。
「昨日はあんなに元気だったじゃん」と思われると困ります。

・気分がころころ変わる
突然涙が出たり、イライラしたり。ホルモンの影響で感情のコントロールがうまくいかないことがあるかもしれません。
「自分でもよくわからないんだ」「イライラをあたっちゃったらごめんね」など伝えておきましょう。

・食べられるものの変化
これなら食べられるというものがあって買ってきてもらっても、突然それが変化してしまうこともしばしば。
「せっかくかってきたのに」と言われないように、買うときは大量に買わないようにする、買う前には事前に連絡をもらうなどルールを決めておくといいでしょう。

・してほしいことも変化する
例えばトイレで吐いてる時に「大丈夫?」と声をかけてほしい時もあるかもしれない。でも翌日にはほっといてほしいと思うかも。
旦那さんからしてみれば困惑です。いや、自分自身も困惑です。
「昨日と言ってること違うじゃん」とけんかにならないためにも、事前に知っておいてもらいたいですね。

感謝の気持ちを忘れない

つわりが続くと「もーなんで私だけこんな思いをしなくちゃならないの!」と思ってしまうこともあるかもしれません。
旦那さんがテレビをみて笑うのも、思う存分食べてるもの疎ましく思ってしまうかも。

でも旦那さんからすれば、仕事で疲れて帰ってきたのに暗い顔している、休日もどこにも一緒に出かけられない、「気持ち悪い」しか言わない、そんな奥さんと一緒にいるのも辛いこと。
さらに家事をしたり、妻を気にかけたりと大変な思いをしています。

「いつも気持ち悪いって言ってばかりでごめんね」とか「ありがとう」など、言葉で伝えましょう。
言わなくてもわかる、ではなくて言葉で伝えることが大切です。


私は旦那に「猫を飼っていると思って」と伝えました。
何も出来ないけど手はかかる、気にかけてもらいたいけどほっといてほしい時もある。
気分屋の猫を飼っていると思ってくださいとお願いしました。

「なるほどね~」と笑われましたが、これのおかげか理解が得られたと思います。
旦那さんの性格に合わせて、うまい伝え方をしてみてください。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

つわり 妊娠中の病気・症状 妊娠

この記事を書いた人

ふもにゃん

2歳になる女の子のママです。
妊娠中に夫の転勤で東京に来ました。
見知らぬ土地で、知り合いもいない中の初めての育児で経験したこと学んだことをお伝えできればと...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. つわりがしんどい、イライラする…そんな気持ちを旦那さんに理解してもらいたいママへ