1. >
  2. >
  3. >
  4. 子宮復古不全とは?次の妊娠への影響は?原因、治療、予防法まとめ

子宮復古不全とは?次の妊娠への影響は?原因、治療、予防法まとめ

子宮復古不全とは?次の妊娠への影響は?原因、治療、予防法まとめのタイトル画像

出産後のママの体の回復はその後の育児を楽しく行うためにも大切です。出産後の子宮は6~8週間をかけて元の大きさや硬さに戻ります。でも、何らかの原因で子宮の回復が遅れてしまう子宮不全になってしまうこともあります。子宮不全の原因・治療・予防法や次の妊娠への影響についてまとめて紹介します。

目次 子宮復古不全とは?
子宮復古不全の原因は何?
子宮復古不全の病状と受診の目安
子宮復古不全の検査・診断
子宮復古不全の治療法
次の妊娠への影響は?
子宮復古不全の予防方法
まとめ

子宮復古不全とは?

妊娠すると子宮は中の赤ちゃんの成長と共に大きくなっていきます。出産後には通常、6~8週間かけて悪露を排出しながら元の子宮の大きさ・硬さに戻ります。(子宮底が元の大きさに戻るまでに約6週間、子宮の重さが元の重さに戻るまでに約8週間かかるとされています)

この期間を産褥期(サンジョクキ)といい、子宮が出産前の状態に戻ることを子宮復古といいます。産褥期に出る悪露は約1か月程度で止まります。しかし、何かしらの原因で子宮の収縮がうまくいかず、なかなか出産前の子宮の状態へ戻らないことを子宮復古不全といいます。

子宮復古不全は、卵膜や胎盤の一部が悪露と一緒に排出されずに残ってしまっている場合微弱陣痛などで出産が長引いてしまった場合に起こることがあります。通常だったら悪露と一緒に卵膜や胎盤は排出されるので問題はありませんが、子宮復古不全の場合は残っているので、治療をせずにそのままにしておくと胎盤ポリープを形成してしまい、大出血の原因になってしまったり、悪露が多すぎると滞留してしまって細菌感染や産褥熱になることもあります。

出産後は育児で大変ですが、悪露の異常(産後1か月以上悪露が続く、下腹の痛み、発熱など)などで子宮復古不全に気が付くことができるので、今後の育児を健康でするためにも自分の体の回復状態をチェックすることが大切です。もし、異常に気が付いた時には、かかりつけのお医者さんに相談するか、1か月検診で相談することをおすすめします。

子宮復古不全の原因は何?

子宮復古不全とは?次の妊娠への影響は?原因、治療、予防法まとめの画像2

子宮復古不全の原因としてはいくつかあります。

・卵膜や胎盤が子宮内に残っている
・産後に安静にしすぎている
・多胎妊娠や羊水過多、巨大児が原因でおきた子宮筋の過伸展
・微弱陣痛、遷延分娩、難産、大量出血、早期産、帝王切開などの理由の子宮の疲労
・子宮筋腫の合併症
・オキシトシンというホルモンの分泌異常
・尿や便が溜まっている
・妊娠高血圧症候群や強度の貧血、低栄養状態や全身状態の不良
・子宮の奇形や子宮後屈など

原因として多いのは卵膜や胎盤が子宮内に残ってしまっていることです。通常でしたら悪露と一緒に子宮から排出されるのですが、卵膜や胎盤の一部が子宮の中に残ってしまい、それが原因で子宮の収縮を妨げている場合が多くみられることがあります。

まずは子宮収縮剤と抗生物質で自然に排出されるのを待ちますが、それでも排出されない場合には、子宮内容物除去手術を行って、子宮内に残っている卵膜や胎盤の一部を取り出します。しかし、出産後1か月以内の子宮は元の状態よりもとても柔らかいので損傷がおこる可能性があるので、子宮内容物除去手術は産後1か月以上たってから行われることが一般的です。

他にも女性ホルモンのひとつのオキシトシンというホルモンの分泌の異常からも子宮復古不全がおこることもあります。このオキシトシンは赤ちゃんにおっぱいを吸われる時に分泌され、それによって子宮の収縮が進みます。しかし、オキシトシンの分泌に異常が出ると子宮の収縮も遅れてしまいます。

更に、産後は安静第一ということで、産後のママの体をいたわる余りに過度に安静状態にしてしまうことも子宮の収縮を遅れさせます。体調をみて少しずつ動くことが大切です。また、出産後に排尿トラブルや便秘になってしまうことがあり、これも子宮復古不全の原因になってしまいます。排尿トラブルや便秘だと感じたら早めにお医者さんに相談することをおすすめします。

子宮復古不全 - 日本医科大学

子宮復古不全の病状と受診の目安

子宮復古不全の主な症状として触診をすると正常な産褥日数と比べて子宮底が高かったり、子宮の大きさが大きかったり、子宮が柔らかかったりします。また、子宮内の傷や産道の傷が治らずに出血が続くこともあります。また、残留物がポリープを形成してしまって出血することもあります。

自分で分かりやすく子宮復古不全の症状を知るには、悪露に気を付けるようにすると自分でも分かりやすく子宮復古不全に気が付くことができます。

悪露は出産後に子宮内に残っている卵膜や胎盤・子宮内膜・血液などが膣を通って排出されるもののことを総称しています。だいたい目安として1か月程度続く出血です。

生理の時の出血と比べると量は多く悪露専用の大きなナプキンを使います。出産後1週間の悪露は真っ赤な血の色をしていて、量もとても多くなります。しかし、少しずつ出血の量やニオイも減少して、色も薄くなってきます。1か月程度かけておりもののような色と量になり、悪露が終わります。帝王切開の場合には自然分娩と比べて悪露が長引いたり鮮血のような悪露が長引くこともあります。

しかし、子宮復古不全の場合は、鮮血のような色の悪露がいつまでも続いたり、量も全く減らない、または大出血を起こしたり、レバーのような塊が出てきたり、ニオイがきつくなったりします。また子宮復古不全は感染症を引き起こしやすいので発熱が続いたり、下腹(子宮)に痛みなどの症状を伴うことがあります。いったんは出血の量が減ったのに突然量が多くなったり、悪露の色が突然鮮血のような色に戻った、ニオイも薄まったのにニオイがきつくなったなどの症状にも気を付けましょう。

出産後1か月程度かけて悪露は無色・無臭になっていきますが、個人差もあり、2か月悪露が続いたが全く問題がない場合もあります。しかし、1か月以上鮮血のような悪露が続いている、発熱や子宮の痛みがあるなどの症状がある時には診察を受けるようにしましょう。診察を受ける場合には、出産の記録などが残ってるので出産した産婦人科での診察がおすすめです。

子宮復古不全の検査・診断

子宮復古不全とは?次の妊娠への影響は?原因、治療、予防法まとめの画像4

悪露が鮮血のような色や量が多かったり、ニオイがきつくなったり、レバーのような塊が出たりなど異常が見られたり、1か月以上悪露が続いたり、発熱や子宮の痛みなどの異常が産褥期にみられた場合には子宮復古不全の可能性があります。

その場合には、1か月検診で相談したり、出産した産婦人科を受信してください。2か月悪露が続いても全く問題のない場合もありますが、自己診断で判断せずに、不安があればお医者さんに相談がおすすめです。

何事もなければ安心して育児をすることができますし、異常があれば早期の治療をすることが大切です。放置していると感染症を引き起こす原因にもなってしまいます。病院で子宮復古不全の診察をする時には、まずは自覚症状を担当医に伝えることが大切です。悪露の状態や発熱、子宮の痛みについてできるだけ細かく伝えるようにしましょう。

子宮復古不全が疑われる場合には、超音波装置を体にあてて超音波が反射すること得られる情報を映像にしてみることができる超音波断層法という方法で子宮の状態を確認し、子宮の大きさや子宮の中に残留物がないか、子宮腔内の血液などの貯留の有無を映像で確認をします。

また、触診によっても子宮の柔らかさなどを確認します。このような検査を行い、子宮の大きさ・柔らかさ子宮底の高さなどを正常な産褥日数と子宮の状態と比較して診断します。検査には痛みはないので、安心して検査をうけることができます。

子宮復古不全の治療法

検査によって子宮復古不全と診断された場合の治療法としては、子宮の中にまだ胎盤などの悪露によって排出されるはずのものがまだ残留物としてある場合には、まずは子宮収縮剤を使って子宮から残留物の排出を促します。

感染症を防ぐために抗生物質も同時に投与されたり、出血の具合によっては止血剤を処方されることもあります。しかし、子宮収縮剤で残留物が排出されない場合には、子宮内容物除去手術をして残留物を取り出します。

子宮内容物除去手術は出産後1か月以内の子宮は柔らかく損傷しやすいので、手術を行うのは出産後1か月以上経ってから行われるのが多くなっています。また、血液が溜まってしまっている場合には、器械的に子宮頚管を広げて悪露がスムーズに流出する治療をすることもあります。

自分でもできることは、産後にあまり安静にしずぎず、体の調子をみながら、少しずつ動いたり、歩いたり産ジュク体操をしたりしましょう。また、排尿トラブルや便秘にならないようにトイレを我慢しないようにしてスムーズな排尿・排便を心掛けるようにしましょう。

もし、排尿トラブルや便秘になってしまった場合には、恥ずかしがらずにすぐにお医者さんに相談しましょう。また、授乳をするとママの乳頭を刺激してホキシトシンというホルモンを分泌し、子宮の収縮を促してくれます。しかし、NICUに入っている場合には、あらかじめ子宮収縮剤が処方されるので安心してください。

次の妊娠への影響は?

子宮復古不全になった場合にママが心配になってしまうのは、次の妊娠に影響がないか、不妊体質になってしまったのではないかということです。それに、もう帝王切開じゃないと産めなくなってしまったんじゃないのか、自然分娩はできるのか、次の出産の時も同じようにまた子宮復古不全になってしまうんじゃないかと心配になるママも多いと思います。

もし、今回の出産で子宮復古不全になってしまった場合でもきちんと治療を受けて子宮が元通りに戻ったら、次の妊娠への影響はありません。子宮復古不全から不妊を心配することもありますが、出産時に子宮や卵管など傷を受けていない場合でなければ、子宮復古不全になっても不妊になってしまうということはありません。もちろん自然分娩をすることも可能です。

もし、子宮復古不全になって、不妊になってしまったのではないかとか、本当に元に戻ったのかな?と子宮の状態が気になっているのでしたら、子宮の状態によっては妊娠にずらくなっていることもあるので、かかりつけの婦人科で相談することをおすすめします。自分だけで悩んでいるよりは、早めの相談で安心できたり、治療を早めにスタートすることができます。

また、次の出産後に再度子宮復古不全になってしまうのでは?との心配もいりません。子宮復古不全はねん挫と同じようにクセになってしまい、一度なると次も同じようになってしまうというものではありませんので安心してください。

子宮復古不全の予防する方法をできるだけ実践して産後を過ごすことをおすすめします。

子宮復古不全の予防方法

子宮復古不全とは?次の妊娠への影響は?原因、治療、予防法まとめの画像7

自分でできる子宮復古不全の予防法は3つあります。

1.産後は体調と相談しながら動く
出産後の体は無理はしない方が良いのですが、安静にしすぎるのも子宮の回復を遅らせる原因になるので、体調がいい時に少しずつ動くようにしましょう。歩いてみたり、産ジュク体操をするのも効果的なのでおすすめです。

2.授乳で子宮の収縮を促す
授乳をすることで女性ホルモンの一種のオキシトシンが分泌されて、子宮の収縮を促してくれます。できるだけ授乳をするようにしましょう。

3.排尿・排便を我慢しないようにする
子宮復古不全の原因になってしまう可能性もあるので、排尿・排便を我慢せずにするようにしましょう。もし、排尿トラブルや便秘になってしまった時には早めにお医者さんに相談することをおすすめします。

また、出産後に続く悪露の量や色、ニオイなどを観察したり、発熱や子宮の痛みなどを感じた場合には早めに婦人科へ相談しましょう。この時にはできるだけ出産時の記録などがあるので、出産した産婦人科への受診がおすすめです。

まとめ

出産後は何かと忙しくてついついママの体は後回しになってしまうことが多いのですが、今後の育児やママの健康を考えると自分の体のケアも大切です。

私は出産後に排尿トラブルになって、1日2ℓ以上水分をとってもおしっこが数滴しかでなくなってしまったり、母乳がほとんど出ない状態(両方合わせても50㏄にならないぐらい)でした。排尿トラブルに関しては、入院期間だったのですぐにお医者さんに相談して、早めに解消できました。母乳に関しても、色々とケアをしたりしながら、毎日少量ずつ授乳を続けました。

このように出産後でも予想外のトラブルもあるので、ママの体のケアは大切です。体の調子が変だなと感じたら早いうちにお医者さんに相談することで、子宮復古不全を防ぐことができたり、早めの治療を受けることができます。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

出産・産後 産後の体 産後検診 産後の生活

この記事を書いた人

ももこ

産んだ子・産んでない子ひっくるめて男女3人の子持ちのアラフォー主婦です。
猫とスズメと子供と一緒にマイペースに暮らしています。
笑顔ばかりの毎日じゃないけど...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 子宮復古不全とは?次の妊娠への影響は?原因、治療、予防法まとめ