1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 双子の妊娠、いつわかるの?その症状やエコー写真、リスクまとめ!双子は遺伝!

双子の妊娠、いつわかるの?その症状やエコー写真、リスクまとめ!双子は遺伝!

双子の妊娠、いつわかるの?その症状やエコー写真、リスクまとめ!双子は遺伝!のタイトル画像

一人でも大変な赤ちゃんを、二人同時に育てることは大変かもしれませんが、それでも双子が欲しいというお母さんが最近では増えてきています。また不妊治療の影響もあり、双子や多胎妊娠の人も増えていますよね。双子の妊娠について、育児の参考になる情報をまとめましたので、大変さも二倍だけど幸せは二倍以上の双子育児を楽しんでください!

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015199315
目次 双子の妊娠、そのメカニズムは?
双子の妊娠はいつ頃わかるの?
双子のエコー写真紹介
二卵性双生児
一卵性双生児
双子の妊娠は遺伝?
双子の妊娠、そのリスクは?
双子の妊娠、特に注意すべき点は?
まとめ

双子の妊娠、そのメカニズムは?

双子はどういうメカニズムでできるのでしょうか。なんとなく聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。また想像がつくかもしれませんね。人によっては学校で習ったことがあるという人もいるのでしゃないでしょうか。

双子の産まれるメカニズムを知るのは結構興味深いものでしょう。そして双子を妊娠している妊娠後期の人や既に出産した人にとってはお腹でどんなことが起きているか、どんなことが起きていたのか知るのに良い機会かもしれませんね。

生理周期が28日周期で来る人の場合で考えてみましょう。生理周期が28日周期の場合、生理の初日から14日目に排卵が起きることが多いです。しかし、子宮の卵巣は左と右があり、どちらかで排卵が起きるので排卵されるのは通常1個となります。

双子の場合は何らかの原因で左右またはどちらかの卵巣から2個の卵が飛び出ることがあります。この卵が精子と出会って受精して双子となるのです。この場合は二卵性双生児と言われます。

産まれてきた赤ちゃんは染色体が同じではないので、いわゆる顔が同じ、性別が同じというわけではなく、性別も異なることがあるそうです。

一方で一卵性双生児は一つの受精卵が細胞分裂をする際に何らかの原因で二つになり、一つの受精卵から二人の胎児が誕生します。したがって染色体などが同じ一卵性双生児は容姿などがそっくりになるのです。

双子の妊娠はいつ頃わかるの?

双子を妊娠してるというのはいつ判明するのでしょうか。双子が欲しいと思っている人にとってはとても気になることですよね。またやけにお腹が大きいのだけど、双子じゃない!?なんて思っている人も気になることでしょう。

筆者はやたらお腹が大きくて周りからは双子じゃないの?なんて言われていて気になっておりましたが、結局双子ではなかったという結果でした。よく考えたら以下に書いたことを考えると双子だったらもっと早くわかっていたんだろうなということがわかります。

通常超音波検査(エコー検査とも言われています)では、妊娠5週目くらいで胎のうが確認されることが多いです。そして6~8週くらいで心拍の確認を確認することができると言われています。この時期はとても緊張する瞬間ですよね。

二卵性双生児の場合はそれぞれ2つの受精卵を形成していくため、一卵性双生児よりも少し早い時期に確認できる傾向があります。人によっては、妊娠6週くらい頃から双子を妊娠していることが判明するそうです。

一方で一卵性双生児の場合は1つの胎のうに2人の胎児が入っているために2人分の心拍を確認して初めて双子を妊娠しているということが判明するそうです。心拍確認ができるのは、だいたい妊娠3-4ヶ月頃には遅くても確認することが多いそうです。今は超音波(エコー)がありますので、超音波で確認できればだいたい早い時期には確認ができてしまいます。

双子のエコー写真紹介

双子を妊娠したらどのようにエコー写真うつるのか気になるところですよね。双子のエコー写真を一部紹介し、一卵性双生児と二卵性双生児がどのようにエコーにうつるのかを見ていきましょう。

二卵性双生児

一卵性双生児

こちらは一卵性双生児のエコー写真です。1つのお部屋に2人胎児がいるのが見えますか?一卵性双生児は胎のうしか見えない極初期の時期には双子なのか判断することはなかなかできませんが、週数がたつと段々2人の様子が見えてきます。

双子の妊娠は遺伝?

よく双子の子は親が双子だったり、双子を産んだりすることがありますよね。何故か遺伝?と思うようなことが多いです。実際にはどうなのでしょうか。

双子の遺伝には、一卵性に関してはすべての人に起こる確率があり、遺伝はあまり関係ないそうです。しかし、二卵性双生児に関しては遺伝が関係あるのではないかと言われています。同時に2つ排卵するという体質が遺伝しているのではないかと考えられているそうです。

実際には、母親側の血縁に双子が多いと言われています。何故か父親側の遺伝にはあまり関係ないそうです。もしも母親側に双子が多い時には一卵性双生児を妊娠する確率が上がるそうです。しかしこればかりは個人差もあるので絶対というわけではありません。

双子の妊娠、そのリスクは?

双子妊娠のリスクとは通常の妊娠と異なりリスクが高くなることが多いと言われています。双子を妊娠すると2人分の赤ちゃんの血液が必要になるため、ママが貧血になりやすくなるそうです。また、妊娠高血圧になる確率も通常の妊娠場合と比べて高くなるのです。

胎盤が1つしかないので、1つの胎盤から2人分の栄養と血液を赤ちゃんに送ることになります。そうすると血液を送ることのバランスが崩れてしまうこともあるのです。そして双代間輸血症候群という病気にかかる確率が上がるそうです。

その他には早産のリスクが通常の妊娠よりも上がってしまうことがあります。それは赤ちゃんが2人子宮内にいるということで、通常の妊娠よりも早い時期からお腹が張りやすくなるからなのです。そのためあまり成長していない時期から管理入院となる人もいます。しかし、これはあくまでもリスクであり、早産ではなくギリギリまでお腹の中にいて、普通分娩になるママもいるのです。

双子の妊娠、特に注意すべき点は?

双子を妊娠した時に特に注意するべきことはどのようなことでしょうか。

1.母子手帳
これは妊娠が分かったらみな交付されるものですが、双子を妊娠した場合にはもちろん2つ必要になります。こちらは病院に言えば「妊娠証明証」が発行されるので、それに基づき自治体で発行してもらいましょう。

2.いつでも入院できる用意をしておくこと
通常の妊娠でも何が起きるかわからないというリスクを抱えている人もいつでも入院できる用意をしておくことを病院に言われている人もいるでしょう。

双子の妊娠の場合は早産のリスクが高くなるため、いつでも入院できるように、入院になってもいいように準備をしておくといいでしょう。もちろん出産まで退院できなことも考慮し、早めに産後の2人分の衣服やグッズも用意しておくことをお勧めいたします。また費用も2人分かかりますので(出産後も)費用の上でもきちんと心まがえをしておきましょう。

3.食事に気を付ける
双子を妊娠していると母体に負担がかかってしまうことが多いです。そのため妊娠高血圧になる恐れもあるでしょう。日頃から薄味の食事する、カロリーや塩分や脂肪の摂りすぎに注意することが必要です。

4.無理しないこと
日頃から無理をしないように気を付けましょう。お腹が張ったら休むようにする、これは双子でなくてもお腹が張りやすい妊婦さんには注意するように言われることです。双子がお腹にいることを忘れずに疲れたら休むようにしましょう。

まとめ

双子の妊娠についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。双子を妊娠したい!という人、もしくは双子を妊娠している人、不妊治療で双子を妊娠する確率が上がると言われている人、それぞれいるでしょう。

双子を妊娠、出産、育てるということはママの体にも子供にも通常の妊娠とは事なり負担はあるでしょう。しかし、一気に二倍忙しくはなるものの、喜びも二倍となり落ち着いた頃には他のママ達とは経験できないような素敵なことがたくさん待っているのではないでしょうか。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠 妊娠の基本情報 双子の妊娠

この記事を書いた人

ぶりっじ

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 双子の妊娠、いつわかるの?その症状やエコー写真、リスクまとめ!双子は遺伝!