1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 稽留流産とは?手術方法、確率、術後、予防法などまとめ

稽留流産とは?手術方法、確率、術後、予防法などまとめ

稽留流産とは?手術方法、確率、術後、予防法などまとめのタイトル画像

誰でも可能性のある稽留流産(けいりゅうりゅうざん)をご存知ですか?胎児が亡くなっているのに、おなかの中にとどまってしまっている状態のことです。気になる予防法、確率、手術方法などをまとめました。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030031743
目次 稽留流産とは?確率はどのくらい?
稽留流産の原因
稽留流産の兆候・身体への影響
稽留流産の手術方法・費用
稽留流産の術後、注意点
稽留流産の後の妊娠への影響
まとめ

稽留流産とは?確率はどのくらい?

稽留流産とは?手術方法、確率、術後、予防法などまとめの画像1

妊娠22週より前にお腹の中で赤ちゃんが死んでしまうことを「流産」と言います。流産は、妊娠12週未満の早い時期での流産が全体の約80%を占めるといわれ、妊婦の約15%前後が流産に至るともいわれているので決して珍しいことではありません。妊娠12週より前の流産は染色体の異常から起こると言われていて、ママ側の責任ではありません。

初期流産の中でも「稽留流産」と呼ばれる流産は、お腹の中で赤ちゃんは死亡してしまっているのに、出血や腹痛などの症状がない場合を言います。つわりも続いている場合がほとんどです。ママに自覚症状がないため、妊婦健診でエコーや心音を確認した際に初めてわかります。「流産の確率」とひとくくりにされて考えられていますので、稽留流産のみの正確な確率はわかっていません。

日本産婦人科学会 流産とは

稽留流産の原因

流産によっても腹痛が起きたりつわりがなくなるといった流産と、稽留流産のように症状がまったくない流産との違いははっきりと解明されていませんが、先ほども紹介した通り、流産は妊娠しているママのうち、約15%のママに起こる現象です。

ママ側に問題があるとされている中期〜後期流産との違い、初期流産の原因のほとんどの場合は赤ちゃん側の先天的な染色体異常によるものですので、受精して、命ができはじめたときから赤ちゃんが育たないことが決まっているようです。

稽留流産の兆候・身体への影響

稽留流産とは?手術方法、確率、術後、予防法などまとめの画像3

稽留流産の兆候はほとんどないと言われています。つわりも続く場合がほとんどですし、その時期の妊娠症状には当てはまります。まれに「ある時期からピタリとつわりがなくなった」と感じる方もいるので、もしとても辛かったつわりがピタッと止んだら稽留流産の兆候の可能性があります。病院に行って、赤ちゃんをエコーで確認してもらいましょう。

流産の際に、胎児が完全に母体の外へ排出されることを「完全流産」といい、絨毛などの妊娠組織の一部が子宮内に残ってしまうものを「不全流産」と呼びます。完全流産以外の場合は、子宮の中に残ってしまった一部を、人工的に取り除く必要があります。子宮内に残った一部を放置してしまった場合は「出血が止まらなくなったり」「子宮内感染」を起こしたり、最悪の場合は「子宮を摘出」しなければならないこともあります。

稽留流産を1度してしまったからといって、次も必ずしも流産してしまう、というわけではありません。何が悪くて流産につながってしまうのか、まだ具体的にことはわかっていませんが、立ち仕事をしていたり、運動したからとうママ側の理由ではないのは確かです。

ただ、繰り返し流産してしまう場合は「不育症」と呼ばれる、妊娠しても流産や死産、新生児死亡などを繰り返して結果的に子供を持てない症状の可能性があるので1、度お医者さんに相談してみると安心ですね。

稽留流産の手術方法・費用

■手術方法

「子宮内掻爬」と呼ばれるものが一般的です。

1、まず、子宮頚部を拡張させます。(経産婦の場合はしないこともあります)
2、ラミナリアまたはラミセルで子宮頸管を広げます。この時は静脈麻酔をして眠った状態にするので痛みはありません。
3、子宮内の残った赤ちゃんの一部をを胎盤鉗子と呼ばれるピンセットのようなもので取り出します。
4最後に、キュレットという大きな耳かきのような棒で子宮内を綺麗にして終了です。

手術は15〜20分ほどで終わります。手術後は2時間程度で意識が戻りますが、人によっては意識が朦朧としていたり、歩けたりと数時間は様々です。日帰りと1泊2回の病院で別れるようです。

■費用

稽留流産は保険が適用されない人工中絶とは違うので、国民保険を使うことができ、3割負担で手術が受けられます。個室や大部屋か、日帰りか入院かなど、病院や環境によって費用は異なりますが、20,000円〜100,000円程のようです。民間の保険から手術給付金などが出る可能性もあるので、合わせて確認しておくと安心ですね。

稽留流産の術後、注意点

稽留流産とは?手術方法、確率、術後、予防法などまとめの画像5

■腹痛

子宮を収縮させ体を回復させるために、「子宮収縮剤」が処方されます。この子宮収縮剤で子宮が収縮するので、腹痛を感じることがあるようです。しかし、服用がなくなって数日で痛みは治まります。つわり、出血も同じ頃に亡くなる場合が多いですが、もし数日経ってもお腹の痛み・出血・つわりの症状が改善されない場合は、子宮の中が綺麗になっていない場合があるのでお医者さんに相談しましょう。

■入浴

手術後、1週間ほど出血します。この出血は子宮口が閉じていないことによって起こる出血なので、細菌が入らないように浴槽にはつからずにシャワーだけで済ますようにしてくださいね。

■性行為

出血が終わっていない場合の性行為は、感染症を招く恐れがあるのでやめましょう。お医者さんに「普段通りの生活で大丈夫ですよ」と言われてからの再開にしましょうね、

■安静期間

手術が終わっても3日ほどは安静にしているのが望ましいです。その後は少しづつ普段通りの生活に戻して行くといいですね。

稽留流産の後の妊娠への影響

自然に「完全流産」した場合は1.2回生理を見送り、早くても稽留流産から3ヶ月後以上の妊娠が良いとされています。赤ちゃんを迎えるために子宮内がきちんと綺麗になるには最低でもそのくらいの期間かかるからです。

「不全流産」で手術をした場合は、手術によって内膜に傷つき、その傷のついた箇所に着床をすると定着しにくくなり、流産しやすいと言われています。なので完全流産とは違い、6ヵ月以上期間を設けるのが望ましいです。

しかし、個人差がありますから次の妊娠については自分やパートナーだけで判断するのではなく、お医者さんの指示を仰いだ上決めるようにしてくださいね。

稽留流産を1度経験してしまうと、精神的にもとても傷ついてしまい、自分を責めたり次の妊娠が怖くなってしまう 人はたくさんいます。その場合はパートナーに理解してもらい、しばらく妊娠をする行為をお休みしてみてはいかがですか。精神的に傷ついて大きなストレスを抱えたままだと、通常の場合より妊娠自体しにくくなる恐れもありますから、気分転換できるといいですね。

まとめ

どのような流産であっても辛いのは変わりませんが、1度稽留流産を体験してしまうと、次に妊娠ができても「きちんと育っているか」「心臓は動いているか」など日々不安でたまりませんよね。その場合は病院の先生に相談して、妊婦健診の日程を増やすなどしてもらい、不安やストレスを溜め込まないようにしてくださいね。まだ次の妊娠が考えられない方は、日常から離れ、気分転換に旅行などにいってみるのもいいかもしれませんね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠 妊娠の基本情報 流産 切迫流産

この記事を書いた人

まどんぬ

生後4ヶ月の息子の母親です。
子供は生まれてすぐに感染症の疑いでNICUに10日間ほどお世話になっていました。
その際に、「いま、自分にできることは今後のた...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 稽留流産とは?手術方法、確率、術後、予防法などまとめ