1. >
  2. >
  3. >
  4. 生理不順はピルで治る!種類・効果・副作用・飲み方・飲み忘れの対応まとめ

生理不順はピルで治る!種類・効果・副作用・飲み方・飲み忘れの対応まとめ

生理不順はピルで治る!種類・効果・副作用・飲み方・飲み忘れの対応まとめのタイトル画像

ピルは避妊目的で服用されることがありますが、生理不順の解消としても効果が発揮されます。生理不順とは、ホルモンバランスが乱れによって、生理周期が一定で無かったり、ひどい頭痛や吐き気を催したりすることです。ピルを服用することで、生理痛が軽減され、生理周期をコントロールできるかもしれません!ここではピルの種類や効果を簡単にまとめていきます。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030031109
目次 生理不順の主な原因・症状
生理不順がピルで治るメカニズム
生理不順を治療するために使われるピルの種類
低用量・中用量ピルの服用効果
低用量・中用量の副作用
生理不順を治すためのピルの飲み方
服用し忘れた場合の対応・効果
生理不順治療用のピル、費用
お医者さんと相談し、使用法をしっかりと学びましょう

生理不順の主な原因・症状

以下で生理不順の原因と症状について説明します。

■生理不順の原因は何?
原因はいくつかあると考えられています。

1.ストレス
過度の疲労や、精神的なストレスによりホルモンバランスが乱れてしまい、生理不順が起きる場合がありあります。
2.過度な体重変動
やせ過ぎ太り過ぎにより、ホルモンバランスが乱れ、卵巣の機能が低下することで原因と考えられます。
3.病気や疾患
甲状腺異常や子宮内膜症といった病気により、ホルモンの分泌が過剰になったり抑制されたりすることで、生理不順になることがあります。

■生理不順の症状とは?
生理は28日前後が正しい周期と言われています。生理不順は、これが前後に過度にずれていたり、出血の量が多かったりする状態です。他に頭痛、吐き気、PMSといった症状がみられます。

生理不順がピルで治るメカニズム

生理は基本的に28日周期でおとずれると言われています。

生理は、
1. 卵胞期
2. 排卵期
3. 黄体期
4. 月経期
の主に4つの期に分けられます。

流れとしては、まず卵胞が成長し増殖します。そして排卵がおき、受精卵が着床する準備が整います。さらに、子宮内膜がはがれ出血し月経がおこります。その際、生理痛という痛みが来る方がいます。

生理不順にはホルモンバランスの乱れが影響しています。生理が正しい周期で来るようにコントロールするためには、ホルモンのバランスを整えて、28日を一つの周期とするためのピルを服用します。ピルを服用することにより、月経をコントロールすることができます。これにより、生理が一定になり生理不順が治療できると言われています。

生理不順を治療するために使われるピルの種類

以前は、中容量ピルとよばれるピルが生理不順を治療するためのピルとして使用されていました。しかし、今は中容量ピルから低用量ピルへとシフトしてきています。

低用量ピルは、正しくは低用量経口ピルといい、英語ではOC(Ora lContraceptives)と呼ばれます。ピルには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲストーゲン(黄体ホルモン)が含まれています。これにより排卵が抑制され、避妊をすることができます。21日間、または28日間決まった時間にピルを服用します。

低用量ピルの種類は大きく分けて21錠タイプと28錠タイプの2種類に分けられています。錠剤の量は異なりますが、どちらも避妊の効果以外に生理を28日周期にコントロールする機能を持っています。

21錠タイプにはすべての錠剤にホルモンが入っています。21錠服用+7日間休薬で28日周期です。28錠タイプは、すべての錠剤にホルモンが入っている訳ではありません。21錠ホルモン含有ピル服用+7日間偽薬で28日周期です。

低用量・中用量ピルの服用効果

低用量ピルと中容量ピルはどちらも避妊や生理不順の解消を目的として開発されました。低用量と中容量の違いは、錠剤に含まれているホルモンの量で変わります。低用量より中用量の方が含まれているホルモンが多いため、避妊の効果は強いです。しかし、その変わり副作用も強く出ていました。

そこで、今はホルモンの量は中用量ピルに比べて少ないですが、避妊効果や生理不順の解消ができる低用量ピルが服用されているのです。

■服用効果にはどのようなものがあるの?
ここでは、簡単に主な服用効果について説明していきます。

1.ほぼ100%避妊ができる
しかし、時間通りに飲まなかったり、飲み忘れがあったりすると、避妊の成功率は一気に下がります。

2.生理不順を治療できる
生理をコントロールすることができます。生理痛がひどくなる月経困難症の治療にも使用されます。さらに、生理周期や生理痛、出血量が安定します。生理前のPMSといった頭痛やイライラする状態も少なくなります。

3.子宮体がん、卵巣がん、子宮内膜症の発症が少なくなる
女性特有の疾患における発症頻度が少なくなります。乳がんや子宮外妊娠の抑制にも影響があると言われています。

4.体質が改善される
貧血が良くなったり、ニキビが治るといった肌荒れが軽くなったりすることがあります。

低用量・中用量の副作用

人によって副作用の程度は異なっていきます。全く副作用が来ないひともいれば、ひどい副作用で苦しむ方もいます。自分に合うピルや合わないピルがあるので、お医者さんに相談してみてください。

一般的に中用量ピルに比べて低用量ピルの方が、副作用が少ないと言われています。

■ピルって本当に安全なの?
低用量・中用量ピルはホルモンが入っている薬のため、やはり抵抗がある方もいるかと思います。低用量ピルや中用量ピルを飲むことで、非常に稀ではありますが重い病気や死亡例が出ています。しかし、これはピルが原因の病気以外の病気にかかる死亡率の方が高いといえます。

10万人の女性が1年間に死亡するリスクとして、 ピルと日常的なリスクを比較してみると、 「健康な非喫煙者が受けるピルのリスク」が1に対し、喫煙は167にもなります。 ピルの服用で女性が死亡するリスクはごくわずかです。 ただし、たばこを吸う習慣のある人がピルをのむと、 喫煙量と年齢によりますが、血栓症や心筋梗塞にかかる 危険性を高めるという報告があります。 たばこを吸う習慣がありピルを服用したい人は、まず医師に相談しましょう。

このように、避妊ピルは非常に安全性の高い薬と考えられます。

■どんな副作用があるの?
まれに避妊ピルを飲みはじめの内は副作用が出てしまう場合があります。しかし、徐々に慣れて副作用は無くなることが多いと言われています。

報告されている副作用は以下の通りです。

・吐き気、悪心、むかつき
・頭痛
・乳房のはり
・体のむくみ
・少量の出血

この症状は、妊娠初期の症状に非常に似ています。ピルにも種類があるので、体質や持病によって、自分に合うピルを見つけてみましょう。

生理不順を治すためのピルの飲み方

生理不順を治すために、現在主に処方されるのは低用量ピルです。前述したように、低用量ピルには21錠タイプ28錠タイプの2種類があります。

■21錠タイプ
飲みはじめは生理の始まった初日です。毎日、自分で決めた時間に1錠ずつ21日間服用します。その後7日間服用を休止します。最後の錠剤を飲み終えて3日以内遅くても1週間以内には生理のように出血があります。

21日間服用+7日間休薬で28日のサイクルを過ごします。その後、7日間の休薬を終えたあと、新しいシートの服用を新たにスタートします。

■28錠タイプ
21錠の錠剤にホルモンが入っており、残りの7錠はホルモンが入っていません。これはプラセボと言われており、偽薬という意味です。このプラセボは飲み忘れを防ぐため、体を薬の服用に慣れさせていくために服用します。

飲みはじめは生理の始まった初日です。毎日、自分で決めた時間に1錠ずつ28日間服用します。最後の錠剤を飲み終えて3日以内には生理のように出血があります。 21日間服用+7日間偽薬服用で28日のサイクルを過ごします。1シートを飲み終わったあとに、新しいシートの服用を新たにスタートします。

服用し忘れた場合の対応・効果

低用量ピルは、正しく飲むと避妊の成功率はほぼ100%と言われています。しかし飲み忘れてしまうと、避妊効果はぐっと下がります。飲み忘れの時間や頻度によっては、他の避妊方法を併用しなくてはいけないことがあります。

21錠タイプと28錠タイプの注意点を簡単にまとめていきます。飲み忘れてしまった場合の飲み方も紹介していきます。

■21錠タイプの注意点
21錠タイプの場合、7日間の休薬期間があるので、新しいシートの飲み忘れをする場合があります。スケジュール帳に書いたりアラームをセットしたりするのもいいかもしれません。

飲み忘れは「24時間」が一つの目安となります。24時間以内の場合、気づいたらすぐに1錠のみ、またいつも通りの時間に1錠飲みましょう。24時間の場合、いつもの時間に2錠飲みましょう。24時間以上たってしまった場合、他の避妊法を併用しましょう。

■28錠タイプの注意点
21錠タイプに比べると飲み忘れは少ないかもしれません。しかし、21錠タイプ同様、もし飲み忘れてしまった場合、24時間が一つの目安となります。24時間以内の場合、気づいたらすぐに1錠のみ、またいつも通りの時間に1錠飲みましょう。24時間の場合、いつもの時間に2錠飲みましょう。24時間以上たってしまった場合、他の避妊法を併用しましょう。

生理不順治療用のピル、費用

■病院で処方されるピルの種類は?
生理不順治療で使用される、一部の低用量ピルについて紹介していきます。

1.オーソ
子宮内膜症の治療にも使用されています。
2.マーベロン
肌荒れやニキビにも効果があると言われています。
3.シンフェーズ
不正出血が少ないピルと言われています。
4.ヤーズ
5.ルナベル

4.5.は、月経困難症・子宮内膜症の治療では、保険が適用されます。

■どれくらいの費用がかかるの?
避妊ピルは基本的に保険適用外です。病院によって差はありますが、毎月(1シート)3000円程度の費用で、処方してもらえます。しかし、保険適用になる避妊ピルもあります。

【保険適用外】
初回処方時:6000円(1シートのピル代金含む)程度
2回目以降:3000円程度

【保険適用】
保険適用有り(3割負担): 2000円程度+診察料

お医者さんと相談し、使用法をしっかりと学びましょう

いかがでしたか?

ここでは、主に生理不順の治療としてピルを服用するにあたり、効果や副作用について簡単に説明していきました。ピルにより28日周期の正しい月経を迎えることができると言われています。ピルの服用は飲み忘れの場合効果がうすれてしまうことがあるので、気を付けましょう。

生理不順はストレスやホルモンバランスの乱れにより起こる場合が多いです。ピルだけではなく、日々の生活を整えることも考えていきましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

hanpen

初めまして,はんぺんと申します。

ここでは,メンタルヘルスや教育・育児についての記事を書いていきたいと思います。
私自身,教育関係に携わり,親子関係や子...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 生理不順はピルで治る!種類・効果・副作用・飲み方・飲み忘れの対応まとめ