1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 【初期・中期・後期別】万能野菜、大根の離乳食おすすめレシピ9選!進め方・冷凍方法まとめ

【初期・中期・後期別】万能野菜、大根の離乳食おすすめレシピ9選!進め方・冷凍方法まとめ

【初期・中期・後期別】万能野菜、大根の離乳食おすすめレシピ9選!進め方・冷凍方法まとめのタイトル画像

和食に様々な場面で活躍してくれる大根。おろせば焼き魚の最高のお供に、煮込めば味が良く染みて、ふっくら美味しくいただけますよね。実はそんな私たちになじみのある大根は、離乳食にも万能な野菜なのです。

今回はそんな便利な野菜、大根の離乳食の進め方や冷凍方法、時期別のおすすめレシピをご紹介していこうと思います!

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015199430
目次 大根は万能野菜。離乳食にも便利!
大根離乳食の進め方
【初期】おすすめの大根離乳食レシピ3選
【中期】おすすめの大根離乳食レシピ3選
【後期】おすすめの大根離乳食レシピ3選
大根離乳食の冷凍保存方法
まとめ

大根は万能野菜。離乳食にも便利!

みなさん、大根はお好きですか?

さっぱりとした野菜なので、離乳食にも様々な場面で使うことができます。大根には豊富なビタミンCに加え、でんぷんの消化酵素である「ジアスターゼ」や「グリコシダーゼ」が含まれているため、でんぷんやたんぱく質の消化を助ける働きがあります。

赤ちゃんはまだ消化能力が未発達なので、大根の消化促進・抗酸化作用・解毒作用などはとても役に立つ効能。離乳食にぴったりの食材とも言えるでしょう。

大根おろしにすれば離乳食初期から生でも使えますが、辛みを抑えるために、最初は火を通してから赤ちゃんにあげることをおすすめします。調理法はペーストや固形でスープに入れたり、大根もちにしたりなど多彩で、様々な料理で楽しむことができますね。

大根離乳食の進め方

大根は、部分ごとに味や固さに違いがあります。

・葉に近い部分(上の部分)…甘みが強いけれど、固い
・真ん中…甘みが強く、やわらかい
・先端(下の部分)…辛みが強く、筋が多くて固い

このことから、離乳食に使うには真ん中部分が赤ちゃんにも好まれ、おすすめです。

また、大根の葉には根の部分よりも多くのビタミンCが含まれています。その他にもビタミンA・B・カルシウム・ナトリウム・リン・鉄など豊富な栄養がありますが、アクが多く固いので、離乳食中期以降に与えるほうが良いでしょう。

■初期〈ゴックン期〉
生後5〜6ヶ月頃の、ごっくんと飲み込むための練習期間。この期間の大根の下ごしらえは、

1.皮をむいてやわらかく茹でる
2.すり鉢ですりつぶす(おろし金ですりおろしてもOK)
3.離乳食に慣れるまでは、さらに裏ごしする

を基本に行ってみてください。最初は必ず1さじから始めて、赤ちゃんの様子を見ながら2〜3日ごとに1さじずつ増やしてみましょう。

■中期〈モグモグ期〉
生後7〜8ヶ月の、もぐもぐと噛むことの練習期間。この期間の大根の下ごしらえは、

1.皮をむいてやわらかく茹でる
2.細かく2〜3mm角のみじん切りにする

を基本に行ってみてください。1日2回、1食に食べる量は他の野菜・果物と合わせて20〜30gが目安です。

■後期〈カミカミ期〉
生後9〜10ヶ月の、食べ物を積極的に噛むことの練習期間。この期間の大根の下ごしらえは、

1.皮をむいてやわらかく茹でる
2.5mm角のみじん切りにする

を基本に行ってみてください。1日3回、1食に食べる量は他の野菜・果物と合わせて30〜40gが目安です。

【初期】おすすめの大根離乳食レシピ3選

1.まずはここから始めてみよう!「大根と白身魚」

■材料
・大根ペースト…1cm程度
・白身魚(刺身用)…1枚
・ジャガイモ…2cm程度
・ブロッコリー…お好みで

■作り方
1.大根はみじん切り、ジャガイモは薄切り、ブロッコリーはバラバラにする。
2.鍋に野菜と水を入れ、やわらかくなるまでゆで、魚を入れて火が通るまでゆでる。
3.鍋から上げ、すり鉢でする。

離乳食☆白身魚と大根 レシピ・作り方

2.便利なしらすと大根を一緒に!「しらすのおろし和え」

■材料
・しらす…小さじ1~3
・大根おろし…小さじ1~3

■作り方
1.しらすは湯通しして、塩抜きをする。
2.すり鉢でしらすを細かくすりつぶす。
3.大根おろしとしらすを和えて、できあがり。

離乳食~しらすのみぞれ和え レシピ・作り方 カテゴリ

3.ビタミンたっぷり♪「大根とにんじんのみぞれ煮」

■材料
・にんじんペースト…小さじ1〜2程度
・大根ペースト…小さじ1〜2程度
・だし汁…大さじ1
・水溶き片栗粉(お好みで)…適量

■作り方
1.大根ペースト・にんじんペースト、だし汁を鍋に入れて火にかける。
2.野菜が煮えたら、お好みで水溶き片栗粉を少量加えてとろみがついたらできあがり。

離乳食初期☆にんじん&だいこんおろし レシピ・作り方

【中期】おすすめの大根離乳食レシピ3選

1.赤ちゃんが大好きなうどん♪「鶏そぼろと野菜のうどん」

■材料
・うどん…赤ちゃんの食べられる量に応じてお好みに
・大根やにんじん…みじん切りで大さじ1杯強
・鶏ミンチ…小さじ1
・だし汁…大さじ2

■作り方
1.うどんはやわらかく茹で、みじん切りにする。
2.野菜をやわらかく茹でる。鶏ミンチを電子レンジにかけて火を通す。
3.野菜と鶏ミンチをみじん切りにする。
4.うどんに3を盛る。だし汁をかけたらできあがり。

<離乳食>鶏ささみと卵のトロトロうどん レシピ・作り方

2.がんばってもぐもぐ!「大根とレタス、とりささみのだし煮」

■材料
・鶏ささみ…10g
・大根、レタスやブロッコリー(合計で)…30g
・高野豆腐…小さじ2
・かつお昆布だし…300~400㏄

■作り方
1.かつお昆布だしに大根を入れてやわらかく煮る。
2.やわらかくなってきたら、レタスやブロッコリー、ささみを入れてさらに煮る。
3.茹で上がったら、食べる前に細かく切る。
4.高野豆腐はおろし金で細かくして3と混ぜる。

離乳食中期 ブロッコリー大根鶏ささみ高野豆腐 レシピ・作り方

3.ビタミンKやたんぱく質も豊富に摂取できる!「納豆大根おろし」

■材料
・納豆…小さじ1~3
・大根おろし…小さじ1~3
・だし汁…小さじ2

■作り方
1.納豆はひきわり納豆を使うと便利。普通の納豆なら、2~3mmに細かく刻む。
2.大根はすりおろし、だし汁を入れて電子レンジで温めてしっかりと火を通す。
3.大根おろしと納豆を盛り付けたらできあがり。

離乳食★おろし納豆 レシピ・作り方

【後期】おすすめの大根離乳食レシピ3選

1.いろいろな野菜を入れて♪「鶏そぼろと大根のやわらか煮」

■材料
・鶏むねひき肉…20g
・大根…5mm輪切り
・にんじん…1cm輪切り
・いんげん…1本
・だし汁…50cc
・しょうゆ…1滴
・追加のだし汁…大さじ1
●片栗粉…小さじ1/2
●水…小さじ1

■作り方
1.大根・にんじんは皮をむいて5mm角に切り、いんげんは端を落して2mm幅の小口切りにする。
2.鍋にだし汁50ccを入れてひき肉をよくほぐす。大根・にんじん・いんげん・しょうゆを加えてやわらかく煮る。
3.煮えてきたら、追加のだし汁大さじ1を入れて全体を混ぜ、さらに煮る。
4.●を合わせた水溶き片栗粉を入れて全体を混ぜ、とろみがついたらできあがり。

【離乳食中期♪】大根&鶏ひき肉煮☆ レシピ・作り方

2.鉄分たっぷり!「大根とひじきの煮物」

■作り方
・鶏胸ひき肉…100〜150g
・にんじん…1本
・大根…1/3弱
・ひじき缶…1缶
・水…具材が浸かる位
・赤ちゃん用味噌(醤油でもOK)…小さじ1〜2

■作り方
1.乾燥ひじきの場合は水に浸けてふやかしておく。
2.にんじん、大根は皮をむき、5mm角に刻む。
3.フライパンで鶏ひき肉を炒める。色が変わったら2を入れ、良く炒める。
4.野菜に火が通ったらひじきを入れ、炒める。
5.具材が浸かるくらいまで水を入れ、水が1/3程になるまで中火で煮込む。
6.煮汁が1/3程になってきたら、味噌もしくは醤油を小さじ1〜2を入れ、煮汁が少なくなるまで煮たらできあがり。

大根、ひじき、ささみの味噌煮☆離乳食 レシピ・作り方

3.手づかみで楽しい♪「かんたん大根もち」

■材料 (直径5cm5〜6枚)
・大根…3〜5cm位
・しらす…小さじ1
・葉もの野菜…大さじ1
・小麦粉…大さじ3
・片栗粉…大さじ1
・出汁または水…大さじ2〜3

■作り方
1.大根は太めの千切りにしてやわらかく茹で、5mm角に刻む。
2.しらすは熱湯をかけて細かく刻む。
3.あれば葉もの野菜も柔らかく茹で、5mm角に刻む。
4.小麦粉、片栗粉と出し汁、1、2、3をすべて混ぜ合わせる。
5.混ぜ合わさったタネを、少量の油で両面焼き目が付く位に焼き、しっかり火が通ったらできあがり。

離乳食☆大根もち レシピ・作り方

大根離乳食の冷凍保存方法

■大根の冷凍保存
下ごしらえが終わった大根は、小分けにして冷凍すると良いでしょう。離乳食用のブロックに分かれているフリージングトレーを使うと、毎食1キューブずつ取り出して解凍できるので便利です。

トレーによって20ml入るものや30ml、50mlなど様々なので、離乳食の期間によって使い分けることができます。凍ると体積が増えるので、満タンより少し少なめに入れたときの分量を計っておくことがおすすめです。

他には、大根おろしをそのまま密閉して冷凍し、使う分だけとりだすという方法や、好みの大きさにカットして冷凍する方法もあります。離乳食だけではなく、大人の食事にも使えますね。

■大根の解凍方法
大根は、初期、中期、後期いずれも電子レンジで解凍するか、凍ったままスープなどに加えることができます。また、冷凍した大根は、衛生的にも1週間程度を目安に使い切るようにしましょう。

まとめ

離乳食に便利な大根を使った離乳食レシピ、いかがでしたか?大根は味にくせがないので、嫌わずに食べてくれる赤ちゃんが多いと思います。

食べやすいだけではなく、消化を助けてくれる大根はまさに赤ちゃんの味方。主役にももちろんですが、脇役としてでも、1日に1回ほど大根をプラスしたメニューを食べさせてあげたいですね。

作ったら味見をしてみて、たとえ調味料無しでも、ママがおいしいと思える離乳食に仕上げることも大事です!手間もかかって大変な離乳食作りですが、便利なシリコンスチーマーや専用フリージングトレーなどを活用して、楽しく乗り切っていきましょう!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

Diana

2015年生まれの女の子の母です。
最近は離乳食作りに奮闘する毎日。
慣れない育児も、楽しみながら過ごしています。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 【初期・中期・後期別】万能野菜、大根の離乳食おすすめレシピ9選!進め方・冷凍方法まとめ