1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子宮頸管が短いと切迫早産の恐れ?産道の長さと出産の関係

子宮頸管が短いと切迫早産の恐れ?産道の長さと出産の関係

子宮頸管が短いと切迫早産の恐れ?産道の長さと出産の関係のタイトル画像

子宮頸管が短いと切迫早産の恐れがでてきて、自宅安静や入院して安静にする必要が出てくることもあります。今回は、子宮頸管の平均的な長さや、どれくらい短くなったら安静にする必要があるかなどをまとめました。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015196278
目次 切迫早産とは?対処法は?
子宮頚管とは?平均的な長さはどのくらい?
子宮頚管が短いと切迫早産の恐れがあるってホント?原因は?
切迫早産の対処法
まとめ

切迫早産とは?対処法は?

早産とは妊娠10カ月(妊娠37週~妊娠41週6日)までの正期産より前の出産をいいます。日本では、妊娠6カ月の半ば〜妊娠10カ月初期(妊娠22週0日~妊娠36週6日)までの出産を「早産」といいます。

そして、早産になりかかっている状態が「切迫早産」です。切迫早産になると、子宮収縮が頻回におこって子宮口が開き、赤ちゃんが出てきそうな状態になったり、破水したりします。

子宮口があまり開いていない場合は通院でも問題ない場合もありますが、家でも安静にしなければなりません。破水をしてしまったり、子宮口が開いていると入院になります。医療の成長により早産でも赤ちゃんが生きられる可能性が増えたとはいえ、早産のリスクはたくさんありますからできれば1日でも長くお腹の中にいさせてあげたいですよね。そのためにはママの「安静」の努力が必要です。

家にいると、上の子の世話をみないといけない、家事をついつい頑張ってしまう、というママには入院がおすすめです。先生に相談してみるといいですよ。入院の期間は状態によって様々です。2週間程度で退院となったママにや、出産まで入院したままのママも珍しくありません。

日本産婦人科学会 早産・切迫早産

子宮頚管とは?平均的な長さはどのくらい?

子宮頸管(しきゅうけいかん)とは、妊娠中は「子宮口」と呼ばれる子宮の出口のことです。子宮は上部の3分の2が子宮体部になり、残りの3分の1が「子宮頸管」がある子宮頸部になります。

妊娠中は、赤ちゃんが子宮から落ちてこないように、子宮頸管が子宮口に蓋をする役割を果たしています。しかし何らかの原因で分娩前に子宮頸管が柔らかく、薄くなってしまうと赤ちゃんが下りてきてしまい早産の可能性が出てきます。

妊娠30週以内のママの子宮頸部の長さの平均は3.5cmから4cmほどです。病院にもよりますが、2.5cmから3cmで自宅安静。2.5cmより短くなれば入院の可能性がほとんどです。

子宮頚管が短いと切迫早産の恐れがあるってホント?原因は?

切迫早産、早産になる原因には様々なものがあげられます。先天的に子宮頸部が短いことや、子宮筋腫などの子宮の異常、細菌感染、多胎などがありますが特定できないことも多いです。

切迫早産の症状には一般的に、お腹の張り、腹痛、出血などがありますが、全く自覚症状がない場合もあります。この場合は、子宮頸管無力症といって、自覚症状がないまま子宮頸部が開いてしまいます。子宮頸管無力症のときには、子宮を閉じたままに保てないために切迫早産に至ってしまうようです。

一方、細菌感染が原因のときには、膣内で起きた炎症が子宮まで広がっていき、破水が起きたり、子宮収縮が起きたりします。感染する細菌には以下のようなものがあります。

・原虫による感染(トリコモナス、アメーバ)
・真菌による感染(カンジタ等)
・淋菌
・クラシジア
・梅毒
・ウイルス感染(単純ヘルパス、サイトメグロウイルス、ヒトパピイローマウイルス等)

細菌の主な感染原因はオーラルセックスです。性行為だけでなく愛撫や前戯での感染の恐れもあるので、感染が分かった時点で控えるようにしましょう。さらに、ママだけの治療では今後、ピンポン感染の恐れがあります。(ママが治ってもパパが感染しているため、またママに感染する)必ずパパと揃って治療を受けるようにしてくださいね。

切迫早産の対処法

切迫早産になったときには、基本的には安静や子宮の収縮を抑制する薬の投与で様子を見ますが、手術をする場合もあります。

子宮頸部は伸び縮みしますが、先天的に短いと、通常の長さの場合より少し動いただけで縮むペースが速くなります。ベットの上から下りない絶対安静を指示されることもあります。

自宅での安静を指示された場合は、お仕事をしている方はお休みをいただいてください。満員電車の通勤や立ち仕事などによってお腹が張る場合があります。必要であれば先生に相談すると、診断書を書いてもらえます。

家事や上の子の育児なども、なるべくパパや家族の方にお願いするようにして、お腹が張ったらすぐに横になれるようにするといいですね。食事にはケータリングを利用したり、上の子と遊ぶ場合はベットの上で横になりながら絵本を読んであげたりと、安静に気をつけてください。

手術の場合は、赤ちゃんが出てこないように子宮口を縛ります。手術後は、退院して通常通りの生活を送れるママが多いです。赤ちゃんが十分に成長する37週前後の正期産頃に抜糸を行い、お産がはじまるのを待ちます。お産は自然分娩ができる場合がほとんどです。

まとめ

初めての妊娠の場合は「お腹の張り」が分からないママが多いですよね。定期的な妊婦検診は必ず受けるようにして、お腹に違和感を感じれば先生や助産師さんに相談すると安心です。妊娠前と同じように動かずに、どのくらいなら疲れないかな?と様子を探るようにしてみてくださいね。パパや家族の方にも症状を理解してもらって、協力してもらいましょうね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

まどんぬ

生後4ヶ月の息子の母親です。
子供は生まれてすぐに感染症の疑いでNICUに10日間ほどお世話になっていました。
その際に、「いま、自分にできることは今後のた...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子宮頸管が短いと切迫早産の恐れ?産道の長さと出産の関係