1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【生後11ヶ月の赤ちゃん】成長や発達、離乳食や睡眠時間について

【生後11ヶ月の赤ちゃん】成長や発達、離乳食や睡眠時間について

【生後11ヶ月の赤ちゃん】成長や発達、離乳食や睡眠時間についてのタイトル画像

生後11ヶ月の赤ちゃんは、少しずつ自己主張が強くなってきたり、伝い歩きを始めたりするようになります。情緒面でも身体機能面でも成長の著しい時期なので、ママは嬉しく感じる反面、発達について気になることも出てくるかもしれません。この記事では、そんな生後11ヶ月の赤ちゃんの発達や生活についてまとめました。ぜひ、参考にしてくださいね。

目次 【男女別】生後11ヶ月の赤ちゃんの身長・体重
【男女別】生後11ヶ月の赤ちゃんの発達
生後11カ月の赤ちゃんの生活リズム
生後11ヶ月の離乳食について
生後11ヶ月の赤ちゃんの授乳間隔
生後11ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間
生後11ヶ月の赤ちゃんの遊び
生後11ヶ月の赤ちゃんの安全対策
まとめ

【男女別】生後11ヶ月の赤ちゃんの身長・体重

生後11ヶ月の赤ちゃんの男女別の標準の体重、身長は以下の通りです。

■男の子
身長:69.4~78.5㎝
体重:7.5~10.8kg

■女の子
身長:67.4~76.7㎝
体重:7.0~10.3kg

身長や体重の平均値は幅広く、身長は10㎝、体重も3kgもの幅があります。小さい?太りすぎ?と気になることもあるかと思いますが、食べることが好きだったり、食べるよりも遊ぶ方が好きだったりと個性も出てくるので、成長もさまざまです。

平均値の範囲外であっても、母子手帳の幼児発育曲線の帯の範囲から大きくはみ出していなければ心配いりません。平均値そのものよりも、成長曲線のカーブに沿うように上昇していることが重要です。体重の増え方が極端になっていないか、逆に体重が減っていないかといった点に注意しながら赤ちゃんの成長を見守りましょう。

どうしても気になることがあれば、健診の時などに専門家に相談するようにしてください。

厚生労働省 乳幼児身体発育調査

【男女別】生後11ヶ月の赤ちゃんの発達

産まれてから11ヶ月が経過した赤ちゃんは、どれだけ成長し、どのようなことができるようになるのでしょうか。発達の目安をご紹介します。

もちろん、赤ちゃんにも個人差があります。ハイハイが好きな子、苦手な子、立つのが好きな子とさまざまです。「うちの子はまだ●●しない!」と焦らず、「これからこんなことをするようになるのね」と参考にしてみてくださいね。

身体面の発達

ハイハイが上手になる
赤ちゃんの多くは、生後7~8ヶ月頃からハイハイが始まるとされています。ハイハイを始めて4ヶ月ほど経過する頃には、かなりスピードが出てくるようになります。目を離したすきに、少し離れたところのおもちゃや気になるものを見つけ、ササッと移動していることがあります。

つかまり立ちや伝い歩きをする
ハイハイをすることで腕の力が付いてきます。そのため、つかまり立ちや伝い歩きをする赤ちゃんもでてきます。気付くとテーブルやソファ、タンスなどを伝って横に歩くようになります。

また、自分の腰や胸の高さに椅子やテーブルがあると、足を乗せて、いつの間にか登っていることもあります。机の上に飲み物を置いたままにしていると、コップを倒してしまい、中身がこぼれるといったこともしばしばです。

指先に力が入れられるようになる
指先が少しずつ器用に使えるようになり、コップを持ったり、絵本をめくったりできるようになってきます。中には、ありとあらゆるボタンを押してしまう赤ちゃんもいます。

歯が生え始める
上下合わせて8本の前歯が生えそろってくる赤ちゃんが出てきます。歯が生え始めると、むず痒さを感じておもちゃやスプーンなどを常に噛んでいることもあります。こんな光景が見られたら、歯固め用のおもちゃを与えてあげるとよいでしょう。

また、食事の後は虫歯予防のために歯磨きをしてあげるようにしましょう。歯磨きタイムは、親子ともに楽しく取り組むようにしましょう。

情緒面の発達

■自己主張する
少しずつ自己主張も出てくる頃です。自分のやりたい遊びを制止されると大泣きしたり、お風呂を嫌がったりと、赤ちゃんひとりひとりの個性が出てきます。

■人見知りをする
知らない人に会うと不思議そうな顔をしたり、知らない人に抱っこされると不安で泣きだしたりしてしまいます。これは、ママやパパなど身近にいる人の顔を認識できるようになってくるからだとされています。

外出先などで赤ちゃんの思う通りにいかずに大泣きすると、ママは困ったりイライラしたりしてしまいますよね。しかし、成長の過程だと思ってどっしりと構えましょう。

おっとりしていていつも笑顔の赤ちゃんや、まったく人見知りしない赤ちゃんもいます。身体面の発達に個人差があるように、赤ちゃんの情緒面にも個人差があります。

言語面の発達

生後11ヶ月頃になると、「マンマ」などの単語を発する赤ちゃんも出てきますが、
まだ意味のある言葉を発しないことが多いです。でも、赤ちゃんは発語ができなくても、ママやパパの話す言葉の意味は理解しています。

赤ちゃんの発語を促すだけでなく、親子のコミュニケーションを深めるためにも、ママやパパが積極的に話しかけてあげましょう。あいさつをしたり、遊びの中で意識的に話しかけたりしてもよいでしょう。

生後11カ月の赤ちゃんの生活リズム

生後11ヶ月を経過すると、だんだんと生活リズムが整い始めます。以下は、赤ちゃんの1日の生活リズムの目安です。

 【生活リズムの目安】
7:00 起床
8:00 離乳食①・授乳(ミルク)①
9:00 遊び
10:00 お昼寝①(しない子もいます)
12:00 離乳食②・授乳(ミルク)②
13:00 遊びやお散歩
14:00 お昼寝②
15:00 おやつ
16:00 遊び
18:00 離乳食③・授乳(ミルク)③
19:00 お風呂
20:00 就寝

生活リズムを整えるためのポイント

生活リズムを整えるために、次のようなことを心がけましょう。

・朝は決まった時間に起こして、太陽の光を浴びさせる
・離乳食は、毎日なるべく決まった時間に食べさせる
・日中は、遊んだり散歩に出かけたりして過ごす
・お昼寝は夕方にかからないようにする
・遅くとも21時までには寝かしつけをする


また、赤ちゃんを保育園に預ける予定がある場合は、今のうちから園生活にあった生活リズムに整えておきましょう。

ただし、毎日同じ生活リズムを繰り返すのはなかなか難しいことです。ママやパパ、赤ちゃんに無理のない範囲で除々に整えていければいいですね。

生後11ヶ月の離乳食について

生後11ヶ月は、離乳食後期にあたり、回数は1日3回になります。毎日なるべく同じ時間に食べさせるようにしましょう。食材の固さは、歯茎でつぶせるぐらいが目安になります。1回の目安量やこの頃の赤ちゃんの食べ方の特徴は以下の通りです。

離乳食の1回あたりの量

・軟飯 90g
・野菜、果物 40g
・魚または肉 15g、大豆製品(豆腐など)45g、全卵1/2個、乳製品 80g
(たんぱく質はこのうちのどれかひとつ)


離乳食を食べる量は個人差がとても大きく、よく食べる赤ちゃんもいれば、あまり食べない赤ちゃんもいます。好き嫌いも出てくる時期なので、せっかく作った料理を食べないとママはがっかりしてしまいますよね。そんな時は、いつもの離乳食にアレンジを加えたり味付けを変えたりするのもおすすめです。

赤ちゃんの食べ方の特徴

フォークやスプーンに興味を持ち始め、手づかみ食べも頻繁になり自分で食べようとする意欲が出てきます。手づかみ食べは、赤ちゃんの発達に重要とされているので、ぐちゃぐちゃにして口に入れたり食べこぼしたりしても、多めにみてあげましょう。

食べこぼしが多い時期なので、ママはいつも掃除をしなければならず、イライラしてしまいがちですよね。なるべくスムーズに後片付けができるように、椅子の下にレジャーシートを敷くなどの対策をしておきましょう。食べこぼしへの準備を万端にしておけば、ママも気持ちに余裕ができて食事が楽しくできますよ。

手づかみ食べにおすすめの離乳食

手づかみ食べが好きな赤ちゃんには、あらかじめ手づかみできる離乳食を作ってみましょう。

野菜入りおやき
アレルギーがなければ、ホットケーキミックスを使っておやきを作ってみましょう。野菜などを細かく切り混ぜて焼けば簡単に作れます。おやつとしてもおすすめです。

ひじき入りハンバーグ
ひじきや豚のひき肉、玉ねぎを混ぜたひとくちハンバーグもおすすめです。ハンバーグであれば、赤ちゃんだけでなく家族も食べられるのでママも助かります。ひじきは鉄分豊富なので、栄養バランスもいいですね。

ママにとって毎日の離乳食作りは大変ですが、家族揃って楽しい雰囲気で食事ができるといいですね。

生後11ヶ月の赤ちゃんの授乳間隔

生後11ヶ月の赤ちゃんの栄養摂取は、離乳食がメインになってきます。そのため、1回の授乳やミルクの量もぐんと減って、回数も減ってきます。

授乳回数と間隔

目安は1日2~3回です。授乳は、ママと赤ちゃんの大切なスキンシップの時間でもあります。母乳の場合、赤ちゃんが欲しがっているのであれば回数を増やしてあげてもよいでしょう。

ミルクの量

ミルクの量は、1回200mlを目安にしましょう。ただし、粉ミルクのメーカーにより異なるので、パッケージに記載されている通りに飲ませることが大切です。

母乳やミルクは離乳食の後に飲ませましょう。離乳食直前にあげてしまうと、離乳食を食べなくなってしまう可能性があります。卒乳を考えるママも増えてくることと思いますが、赤ちゃんのペースに合わせてあげましょう。

生後11ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間

日中、ハイハイやつかまり立ちなどで活発に動き回ることで、夜は疲れてまとめて寝てくれるようになってきます。では、この時期の赤ちゃんはどのくらい眠るのでしょうか。

平均睡眠時間

生後11ヶ月頃の赤ちゃんは、お昼寝を含めて1日11~13時間程睡眠を摂ります。

お昼寝

お昼寝の回数は1~2回です。だいたい決まった時間にお昼寝をするようになってきます。しかし、夕方以降にお昼寝をさせてしまうと、夜に寝なくなってしまうこともあります。お昼ご飯のあとにお散歩に連れて行き、早めにお昼寝をさせてあげるなど対策をしましょう。

夜泣き

少しずつ物事を理解し始めた赤ちゃんの中には、日中の刺激から夜泣きをすることもあります。「何でこんなに泣いてるの?」と、どうしていいのか分からない気持ちになるママも多いことと思います。

夜泣きははっきりとした原因がないのが特徴で、赤ちゃんの発達段階のひとつであるとされています。仕方がないことだと割り切って付き合ってあげましょう。しかし、ママは睡眠不足から体調を崩しかねないので、つらい時には家族にお世話を代わってもらいながら乗り切るようにしましょう。

生後11ヶ月の赤ちゃんの遊び

ハイハイやタッチができるようになると、遊びの幅も広がります。さまざまなことに興味津々です。このような遊びをしなければならないということはありませんが、大切なのは、赤ちゃんとママやパパが一緒になって楽しめる遊びをすることです。

体を使った遊び

広い場所で思い切りハイハイをさせてあげましょう。赤ちゃんの目の前にハイハイを促すおもちゃで誘導してあげると、大喜びでハイハイするでしょう。ママやパパも一緒になってハイハイしてあげるのもおすすめです。

また、伝い歩きやよじ登りも、危険の少ない場所でやらせてあげましょう。自宅で難しい場合には、児童館などを利用しましょう。乳幼児用のスペースがあったり、他の赤ちゃんとふれあう機会があったりします。

指先を使う遊び

自分の指先を使うおもちゃで遊ばせてみましょう。大きめで赤ちゃんの手になじむミニカーでもいいですし、ボタンを押すと音楽が流れるしかけ絵本でもいいですね。絵本の読み聞かせの第一歩として、絵本のぺージをめくらせてあげるのもいいでしょう。絵本に出てくる物や色の名前を教えてあげるのも、絵本に親しむきっかけになります。紙で指を切ってしまうのが心配であれば、布製の絵本がおすすめです。

生後11ヶ月の赤ちゃんの安全対策

行動範囲が広がり、赤ちゃんは家中のあらゆる場所を探検し始めます。その分、事故には十分に気をつけなければなりません。生後11ヶ月の赤ちゃんに起きやすい事故とその対策についてまとめました。動きがどんどん増えてくると目を離すことができなくなるので、事前にしっかり対策をして危険がないようにしておきましょう。

窒息・誤飲

赤ちゃんは、口に物を入れてしまうので、物によっては誤飲だけでなく窒息の危険があります。タバコやボタン電池、薬や洗剤類などの危険な物は、赤ちゃんの手の届かないところにしまいましょう。引き出しにはチャイルドロックを付けるなど対策をしましょう。固い引き出しでもいつの間にか開けていることもあるので油断はできません。

転落

よじ登りできるようになると、ふと目を離したすきに、机の上やソファ、ベッドや階段などに登っていることもあります。バランスを崩して転落する恐れがあるので、赤ちゃんから目を離さないようにしましょう。階段やベランダなどにはベビーガードを取りつけるなどの対策をしておくとよいでしょう。

おぼれ

お風呂の時は、短時間であっても赤ちゃんから目を離さず、湯量は少なくしましょう。湯量が赤ちゃんの身長よりもかなり少ない場合であっても、足がとられておぼれてしまうことがあります。一瞬目を離したすきにつるんと滑ってしまうこともあるので、浴槽の底に貼る滑り止めなども活躍します。

転倒

赤ちゃんはよく転ぶものですが、転んだ先にテレビ台の角などがあると大けがにつながってしまいます。角がとがっている家具にはコーナーガードやクッションを取り付けておきましょう。

安全対策グッズは、100円ショップでも手に入る物が多くあります。ママやパパは赤ちゃんから一瞬たりとも目を離せない時期で大変だと思います。できる対策はしっかりとして、赤ちゃんが危ないことをした時は「ダメだよ」と教えてあげるようにしましょう。一度で止められる訳ではないので、根気よく繰り返し教えてあげましょう。

まとめ

動きが活発になってきたり自己主張が強くなってきたりと、ママもパパもわが子の成長に目が離せませんね。あと1ヶ月経つと待ちにまった1歳のお誕生日です。あっという間に大きくなってしまうので、日ごとの成長を赤ちゃんと一緒に楽しみましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

みゃお

4歳と1歳の男の子を子育て中、現在、妊娠3人目を妊娠中のマタママです。

妊娠、出産、子育てのことなど経験したことを含めて分かり易く紹介していきたいと思いま...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【生後11ヶ月の赤ちゃん】成長や発達、離乳食や睡眠時間について