1. >
  2. >
  3. >
  4. 産後の予期せぬ痛みトラブル!「副乳」ってなぁに?

産後の予期せぬ痛みトラブル!「副乳」ってなぁに?

産後の予期せぬ痛みトラブル!「副乳」ってなぁに?のタイトル画像

無事に赤ちゃんが生まれてホッとしたのも束の間、出産という大仕事を終えたママの身体は、あちこち痛むものです。今回は、産後に大多数のママが経験するであろう痛みトラブルと、私が出産して初めて知った予期せぬ痛み「副乳」について、体験談をお話ししたいと思います。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015201525
Akiのアイコン Aki

出産して終わりかと思いきや…産後の痛みあれこれ

出産で充分痛い思いをし、やっと解放された!と思いきや…産後は身体の痛みトラブルを経験するママが多いんです。産後のダメージを受けた身体にさらに追い打ちをかける痛みがあることは、出産を経験したママたちの「産後あるある」だと思います。

ここでは、大多数のママが経験するであろう産後の痛みには一体どんなものがあるのか、また私も出産して初めて知った「副乳」の痛みトラブルについてお話しします。

産後の痛みあれこれ

(1)会陰切開をした場合の痛み
経膣自然分娩で会陰切開をした場合、その傷が産後は多少ヒリヒリしますが、産院によっては痛み止めが処方されることもあります。私も、それほど気になる痛みではありませんでした。

ただ、トイレに行った時に縫った部分をペーパーで拭くのが怖かったり、便をする時に力んでしまってまた裂けたらどうしよう…という心配から便秘になってしまうことがあるので、その点は要注意です。

ママの身体は、母乳を作るために水分を多く必要としているので、普段よりも多めの水分補給が必要です。私は、産後の便秘で切れ痔になってしまい、さらに痛い思いをすることになってしまいました。皆さんはそうならないように便秘対策をしてくださいね。

(2)子宮収縮の痛み
これは「後陣痛」ともいい、生理痛のような痛みです。子宮が元の大きさに戻るため収縮することに伴う痛みですが、産後子宮が元に戻ることはとても重要なことなんです。
赤ちゃんがおっぱいを吸うことで子宮が刺激され、収縮をさらに促進させてくれるので、母乳を与えるということはママの身体にとっても重要なこと。

私の場合、この子宮収縮の痛みは1人目より2人目の産後のほうが強く感じました。

1人目の出産時、痛かったのは産後1日ほどでした。しかし2人目出産時には、産後3日ほど生理痛が1番重い時のような痛みを感じたため、今でも記憶に残っています。
子宮収縮の痛みがある場合、母乳に影響の出にくい痛み止めを処方してもらえるので、我慢せず医師に相談することをオススメします。

(3)身体の筋肉・骨盤の痛み
私の出産年齢が関係していたのか、産後の筋肉痛や骨盤痛が辛かったです。特に2人目出産後は痛みがひどかった…。筋肉痛は産後数日で治ったものの、曲がった骨盤が痛くて歩くことが困難なほどでした。
トイレに行くのも手すりをつたいながら…だったので、赤ちゃんを立ったまま抱っこしたりあやしたりなど、とてもできる状態ではありませんでした。

そこで、産院から準備するよう言われていた「さらし」を骨盤あたりに巻いてもらい、どうにか入院中の5日間で歩くことができるまで回復しました。退院後も、「トコちゃんベルト」で骨盤補正しながら生活し、腰痛などが残らないよう気をつけました。

(4)おっぱいの張り、おっぱいマッサージの痛み
産後は、少しずつ母乳の出る量が増えてきます。パンパンにおっぱいが張ってくると熱を帯びることもあり、痛みを感じることもあります。
母乳外来などがある産院では、病室で母乳マッサージをしてくれる場合があります。私の出産した産院は、1人目と2人目が別のところでした。でも、どちらの産院でも母乳マッサージを受けましたよ。

母乳が詰まってしまう・しこりができてしまう、乳腺炎になってしまうといったトラブルを防ぐために、おっぱいをググッと押しながら強くマッサージします。私も、張っていてカチカチのおっぱいではとても痛くて、涙をうかべながらマッサージを受けました。

どれも個人差はあるものの、実際に赤ちゃんを産んでみて初めて知った痛みでした。

予期せぬ痛みトラブル「副乳」ってなあに?

そして最後に、私にとって本当に予期せぬ痛みがありました。それは「副乳(ふくにゅう)」の痛みです。

そもそも私はそれまで、副乳の存在を知りませんでした。皆さんも、普段の生活ではなかなか聞くことがない言葉だと思います。

副乳とは

副乳は、乳腺堤にある乳房。女性の5%、男性の2%が副乳を持つといわれている。

なんじゃそりゃ!?ですよね…。
副乳のある人には乳首のような突起があり、その場所はお腹や脇の下など様々のようです。

女性は妊娠・出産を機に、ホルモンによって副乳が大きくなって気づく方もいるそう。主に「乳腺ライン」という脇の下から乳首にかけての副乳から、人によっては稀に母乳のようなものも出るようです。

私の「副乳」痛みトラブル体験談

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

出産・産後 産後の体

この記事を書いた人

Aki

小学生と保育園の二児のママです(*^_^*)

農家の嫁となり、上の子の小学校入学と同時に意を決して住み慣れた場所を離れ、主人の実家のある田舎へ引っ越し、主...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 産後の予期せぬ痛みトラブル!「副乳」ってなぁに?