1. >
  2. >
  3. >
  4. 生後9カ月の赤ちゃんの特徴!身長・体重・生活リズム・育児のポイントまとめ

生後9カ月の赤ちゃんの特徴!身長・体重・生活リズム・育児のポイントまとめ

生後9カ月の赤ちゃんの特徴!身長・体重・生活リズム・育児のポイントまとめのタイトル画像

生後9ヶ月の赤ちゃんにはどのような特徴があるのでしょうか?身長や体重
にはどれくらいの変化があるのでしょうか?また生活リズムがどのようになるのかも気になりますよね。体の成長は緩やかになってきますが、つかまり立ちを始めたり手指や体を使って遊ぶようになる時期です。今回は、生後9ヶ月の赤ちゃんの身長や体重などの成長と育児のポイントについてご紹介します。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11044012055
目次 生後9ヶ月の赤ちゃんの特徴
【男女別】生後9カ月の赤ちゃんの身長・体重
生後9カ月の授乳間隔・授乳時間・ミルクの量
離乳食の回数・量・おすすめ食材・食べ方の特徴
生後9カ月の赤ちゃんの生活リズム・変化
生後9カ月に気を付けたいポイント!
焦らずゆっくりと成長を見守りましょう

生後9ヶ月の赤ちゃんの特徴

個人差はありますが、生後9ヶ月ごろの赤ちゃんはつかまり立ちを始めたり、ものを指でつまんだりすることができるようになってきます。移動の運動と物の操作に関わる指先の細かな動きが可能になる時期といわれています。全身や指先を使った遊びを楽しめるようになってきます。

身長や体重などの身体的な発達は緩やかになってきますが、精神面の発達が目立ちます。周囲への関心をさかんに示すようになり、後追いがはじまります。ママがトイレに行くときは後追いをしてついてくるようになり、赤ちゃんの頃とは違った意味でお世話が大変に感じる時期でもあります。また人見知りは少なくなり、機嫌よく一人遊びできる時間が長くなります。

■9ヶ月頃の赤ちゃんの発達の特徴は?
・親指と人差し指でものをつまむ
指を上手にコントロールできるようになってきて、親指と人差し指を使って小さなものを使ったり、つまんだり、めくったりといったことが可能になり、遊びの範囲が広がります。

・両手を使った遊びが増える
お座りが安定してくるので、今までよりも両手が自由に使えるようになります。両手に持ったものを打ち合わせたりして遊べるようになってきます。

・体を大きく動かして遊ぶ
おもちゃや積み木を倒したり、はいはいして転がる物を追いかけたり、全身を移動させるといった遊びができるようになります。

・まねっこをする
お母さんのまねをするようになります。

【男女別】生後9カ月の赤ちゃんの身長・体重

生後9ヶ月の赤ちゃんの身長や体重はどのくらい?
【男の子】 平均身長:約71.7センチ  平均体重:約8.9キログラム
【女の子】 平均身長:役70.0センチ  平均体重:約8.2キログラム

体つきには個人差があります。ハイハイやつかまり立ちができるようになり、運動量が増え、体つきが引き締まってくる時期です。乳歯は下の前歯2本に続き、上の前歯2本が生えはじめる赤ちゃんもいますが、歯の生える時期には個人差があるので、生えていないからといって心配しないでくださいね。

周囲への関心が高まることで、喃語を少しずつ話しはじめるようになります。「くーくー」「うー」などコミュニケーションを図りたがります。パパママの顔を見て何かを伝えようとしてくるので、赤ちゃんの声をまねしたり、相づちをうったりしてあげると良いでしょう。この時期からコミュニケーションを積極的にとることで、赤ちゃんの言語能力の発達をサポートすることができるそうです。

生後9カ月の授乳間隔・授乳時間・ミルクの量

生後9ヶ月頃は離乳食が3回食に移行する時期でもあります。1日に必要な栄養のほとんどを離乳食からとるようになるので、食後の授乳は次第に減っていく傾向にあります。

子どもの食欲に応じて量を調節しましょう。

ミルクの量は大体200~220mlを1日5回程度与えてあげると良いでしょう(離乳食との併用の場合は調整してもOK)。あまり、離乳食が進んでいない赤ちゃんもいれば、離乳食をかなり食べる赤ちゃんもいます。赤ちゃんにより状況が異なりますので、地域の栄養士さんに相談したり、小児科の先生にアドバイスを受けるのも良いと思います。

食事はしっかり取れていても、夜になり寝貸しつけをするときに赤ちゃんがミルクやおっぱいを欲しがる場合もあります。必要に応じてあげるようにしましょう。時期には個人差はありますが、いずれは卒乳できるので、赤ちゃんが欲しがるときに授乳やミルクをあげるようんいしましょう。もし頻度が多かったり心配であれば、小児科の先生に相談しましょう。

離乳食の回数・量・おすすめ食材・食べ方の特徴

1日2回の離乳食が定着してきたら、3回食にしていくと良いでしょう。生後9ヶ月からは離乳食後期にあたります。バナナや豆腐くらいの固さのものをつぶして食べられるようになります。

食事の回数が増えることで、食べムラや遊び食い、好き嫌いが出てくる場合があります。違う日はすんなり食べてくれるということもあるので、無理強いをせず、じっくり食事の練習をしていきましょう。無理に食べさせても赤ちゃんは泣きますし、お母さんは大変な思いをして疲れてしまいますので、食べない場合は一旦、食事終わらせても大丈夫だと思います。

体や脳の発達に大切な鉄分が不足しやすい時期となります。レバー、ひじき、肉、卵、赤身の魚、ほうれん草などを意識して離乳食レシピに取り入れましょう。

また、自分で食べたい欲求が強くなるので、パンや野菜をスティック状に切ったもの、小さいおにぎりなど手に取って食べやすいものを食事やおやつにだすのがオススメです。

生後9カ月の赤ちゃんの生活リズム・変化

生後9ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間の目安は1日約13~14時間です。夜泣きや、夜中の授乳はありますが、昼夜の区別がつくことでときには朝までまとまって寝るようになってきます。個人差がありますので、あまりまとまって寝ないからと過度に心配しないでくださいね。

昼寝を1日に1~2回、午前と午後にする赤ちゃんが多いので、夜中寝てくれないときは昼寝を長くするなどすると良いでしょう。昼寝が多すぎると夜寝ないという悪循環となりますので気をつけましょう。

このころから、早く起きて、早く寝るという習慣をつけると良いそうですが、なかなか上手く行かない方が多いので神経質になりすぎないようにしましょう。早く起こすようにするなど、できる日だけでも習慣を少しずつつけていけると良いでしょう。

夕方寝てしまうと睡眠サイクルが狂ってしまい、夜寝ない原因になってしまうので、避けるようにしましょう。

生後9カ月に気を付けたいポイント!

生後9ヶ月検診では、身体測定などの一般的な診察と精神・運動の発達状態をみます。精神面の発達は、周囲へ関心を示しているか、視線は合うか、などをチェックします。4ヶ月頃の首すわりや7ヶ月頃のおすわりと違い、この時期の運動発達にはかなり個人差がありますので、気になる方は小児科の先生などに相談すると良いかと思います。

パラシュート反応(両脇を支えて急に前に倒したときに腕を伸ばして体を支えようとする反応)というものを使って、立つ準備ができているかをチェックします。問診がありますので、育児に対する不安や、悩んでいることがあれば先生などに相談するようにしてください。

一般的に生後7ヶ月くらいから赤ちゃんがハイハイを始めるので、9ヶ月健診で「赤ちゃんがハイハイをしないのは異常か?」と相談する方がたくさんいらっしゃるようです。しかし、ハイハイはしなくてはいけないものではなく、ハイハイをしないでいきなり歩き出す赤ちゃんも実際にはいます。

この時期はおすわり、ハイハイ、つかまり立ちなど赤ちゃんの成長度合いは本当に様々で個人差があります。乳幼児健診時に特に問題を指摘されなければ、ほとんどの赤ちゃんはその後問題がなく育っていくそうです。

何かできないことがあっても、気にしすぎたりせずに、ゆったりとした気持ちで成長を見守れると良いかと思います。おもちゃなどを使って赤ちゃんのハイハイを促してあげると良いでしょう。

焦らずゆっくりと成長を見守りましょう

9ヶ月になると、ハイハイをしてママを追いかけてきたり、指先を使った細かい動きができるようになってきて、成長が楽しい時期ですね。ただし、個人差も本当に大きい時期ですので、お友達の子どもができるようになったことが自分の子どもがまだできないといって焦らないでくださいね。成長がゆっくりでも検診で問題がないと言われていれば、大丈夫です。

この時期は、物を追いかけたり手指をつかったりすることができるようになる時期ですので、おもちゃを使って追いかける遊びを一緒に楽しむと良いでしょう。

赤ちゃんの好奇心は外へと向かっていきますが、心の中には不安もいっぱいある場合もあります。ママがそばにいてくれることで赤ちゃんは安心できると思います。赤ちゃんの気持ちを受け入れて、家の中では、声がけをしたり、歌を歌ったりして、ママがそばにいることを伝えるとてあげると良いと思います。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

きょむ

一児のママです。初めての育児に奮闘しつつも、たくさんの本を読んだり、情報を集めて育児を楽しんでおります。様々な情報を皆さんにお届けしたいと思います。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 生後9カ月の赤ちゃんの特徴!身長・体重・生活リズム・育児のポイントまとめ