1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. さかごを治す体操の効果は

さかごを治す体操の効果は

さかごを治す体操の効果はのタイトル画像

さかごと診断された後、さかご体操をするよう病院から指導を受けることがほとんどではないでしょうか。さかご体操には様々なやり方があります。ここではさかご体操のやり方とその効果についてまとめてみました。

さかご体操はいつから始めればいいの?

さかご体操は、骨盤から赤ちゃんをずらし、回転しやすい状態にするのが目的の体操です。体操することで、直接赤ちゃんを回転させるイメージの人もいるかもしれませんが、赤ちゃんが自力で頭位に戻れる環境を作るのが目的です。さかごと診断されるのが一般的に30週前後。その時期に診断を受けてから、医師との相談の上、さかご体操を始めるとよいかもしれません。夜寝る前に行い、体操の後はそのままの姿勢で眠るとよいでしょう。

さかごを治す体操の効果はの画像1

さかご体操のポーズ①:胸膝位・仰臥位

胸膝位(きょうしつい)と仰臥位(ぎょうがい)は子宮口を高く持ち上げるポーズです。そうすることにより、赤ちゃんが骨盤からずれて回転しやすくなります。胸膝位はまずうつぶせになり、正座のように膝をつき、腹部を緩めてお尻をできるだけ高く持ち上げキープします。15~20分が目安です。終わったらそのまま横になって休みます。仰臥位は仰向けになり、腰もしくはお尻の下に布団やまくらを置いて30cmほど持ち上げキープします。10分が目安ですが、最初は2~3分から始めるとよいでしょう。

さかご体操のポーズ②:側臥位・シムスの体位

側臥位(そくがい)やシムスの体位は、体操の後にするとよい姿勢です。側臥位は赤ちゃんがうつぶせになり、回転する効果が期待できます。赤ちゃんの背骨があるのと反対側の半身を下にして横になります。エコー検査の際に医師に確認してみるとよいでしょう。シムスの体位は、特に胸膝位と仰臥位を行った後にすると赤ちゃんが回転しやすくなるようです。横向きになって上側の膝を軽く曲げ、床につくようにするとよいでしょう。足の間にクッションなどを挟むと楽かもしれません。

さかごを治す体操の効果はの画像2

さかご体操の際に気を付けたいこと

さかご体操を行う際には、マタニティガードルや腹帯を必ず外すようにしましょう。また、体操の途中に苦しくなったり、お腹の張りを感じたりした時にはすぐに中止することが大切です。切迫早産の診断がされているなど安静指示が出ている場合には、さかご体操を行わないようにしましょう。自分で勝手に判断せず、主治医の指導のもとで行うのが安心です。体操をしたからといって必ず治るという保障はありませんし、効果には個人差があります。そのため、焦ったりストレスを感じたりせず、リラックスを心掛け、継続してみましょう。

さかご体操の効果はどのくらいあるの?

さかご体操はやれば必ず効果が出るとは限りません。個人差があるといえるでしょう。反対に、赤ちゃんが自然に頭位に戻ることもあり、その確率は妊娠24~27週で約90%、28~31週で約80%、32~35週で約65%というデータもあります。あまり思いつめたりせず、お腹の赤ちゃんに話しかけたりしてリラックスしながら体操するのもよいかもしれません。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

出産・産後 出産の基本情報 逆子・逆子体操

この記事を書いた人

あけみママ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. さかごを治す体操の効果は