1. >
  2. >
  3. >
  4. 【何歳から?】高齢出産の年齢は?高齢出産の定義とリスクまとめ

【何歳から?】高齢出産の年齢は?高齢出産の定義とリスクまとめ

【何歳から?】高齢出産の年齢は?高齢出産の定義とリスクまとめのタイトル画像

最近頻繁に耳にするようになった「高齢出産」という言葉。高齢出産って何なの?どうして危険って言われるの?高齢出産だとそんな気になるポイントとその定義をわかりやすくまとめてみました。

目次 高齢出産の定義
年齢とともに体に起こる変化とは?
何歳まで産めるの?
高齢出産のリスク
35歳の妊娠力は20代の半分
高齢出産を恐れすぎる必要はない!
まとめ

高齢出産の定義

【何歳から?】高齢出産の年齢は?高齢出産の定義とリスクまとめの画像1

『高齢出産』という言葉を聞くと、ハイリスクな出産であると思い浮かべ不安になってしまう方は多いのではないでしょうか?

高齢出産とは『35歳以上で妊娠・出産をする事』を意味しています。なぜ 35歳という年齢で線引きがされているのかが不思議になりますね?

高齢出産のリスクが35歳から出てくるからかというと、そうではありません。高齢出産のリスクは30歳を越えたあたりから、徐々に高まってくるのです。ですので以前は30歳以上が『高齢出産』とされていました。

女性が社会で活躍し、晩婚化する事で35歳以上が初産となる人が増えてきました。そのため、日本産婦人科学会は35歳以上の初産婦を『高齢出産』と引き上げて定義したのです。

近年では年齢に注目し、初産婦か経産婦かを区別せずに、35歳以上であれば高齢出産であるとする見方が強まっています。「仕事が優先…まだ結婚は先でいい。」「結婚はしたけれども子供はまだ先でいいかな…?」と今では高齢出産はごく当たり前のものになっています。

ですが、年齢が高まるにつれ、この定義に基づくリスクが起こる可能性を忘れてはなりません。女性の体は年齢とともに着々と変化しているのです!

年齢とともに体に起こる変化とは?

【何歳から?】高齢出産の年齢は?高齢出産の定義とリスクまとめの画像2

年齢とともに体に起こる変化とはなんでしょうか。ここで3つ上げてみます。

1.卵巣の機能低下
女性は赤ちゃんの頃から卵巣に卵子の元となる細胞を数百万個持っています。月経が始まると卵子の元となる細胞が大きくなり、卵子として毎月1個排卵します。この卵巣の機能は20代後半から30代前半までが最も活発となりますが、30歳後半になると機能が衰えてくるのです。

2.卵子の減少・質の低下
赤ちゃんの頃から持っていた卵子の元となる細胞、月経の度に減っていくということは年齢を重ねるごとにどんどん減少していくのです。そしてこの卵子の元となる細胞は減ることはあっても増えることはありません。つまり卵子の数には限りがあるということ。また、卵子の質も年齢とともに低下してしまうので、卵子と精子が出会い受精できたとしても育たない可能性も高まってしまうのです。

3.女性ホルモンの減少
月経や排卵といったサイクルを促す女性ホルモンの分泌も年齢とともに減っていきます。女性が閉経を迎えるのは50歳前後と言われてはいますが、着々と女性ホルモンは減り、個人差もありますので早期閉経してしまう!?などといこともなくはないのです。

何歳まで産めるの?

【何歳から?】高齢出産の年齢は?高齢出産の定義とリスクまとめの画像3

では、実際のところ女性は何歳まで妊娠・出産できるのでしょうか。

女性は閉経を迎える50歳前後までは妊娠の可能性があるのですが、先に述べたような年齢とともに体に起こる変化を考慮すると、自然に妊娠できるという可能性は年齢が上がれば上がる程低くなってしまいます。

ですが、これらの体に起こってくる変化は個人差がありますし、自然妊娠が困難な場合でも現在では体外受精、顕微授精など様々な妊娠へ向けた方法があります。それなので「何歳まで」と決めることはできません。

高齢出産のリスク

【何歳から?】高齢出産の年齢は?高齢出産の定義とリスクまとめの画像4

よく耳にする高齢出産のリスクとはどのようなことが起こるのでしょうか。

■先天性の異常が起こりやすい

卵子は年齢とともに質が低下しますので、染色体に異常が発生し、先天性の異常が起こってしまう確率が高くなります。よく知られている染色体の異常として「ダウン症候群」がありますが30歳前後で1/1000、35歳で1/300、40歳前後では1/100と確率があがっているのがわかります。異常が起こりやすいということは流産もしやすくなるのです。

■難産

高齢になると体力の低下により上手くいきめなかったり、陣痛が来ても赤ちゃんがなかなか出にくいなどで出産が長時間になってしまい、難産となる場合があります。母子ともに危険な状態になってしまうと自然分娩を中止し、帝王切開を緊急で行う場合もあります。
妊婦と赤ちゃんの安全を考え、高齢出産にはあらかじめ帝王切開を予定する病院もあります。

■妊婦高血圧症候群

年齢による子宮などの機能低下により血液の流れが悪くなり、高血圧に陥ってしまう「妊婦高血圧症候群」にかかってしまう可能性が高くなります。高血圧になることでむくみやすくなってしまいます。「あれ?なんだか足がむくんでる?」妊婦健診時に血圧をしっかりと確認するようにしましょう!

■妊婦糖尿病

妊娠中は誰でも血糖値があがりやすいため、妊婦糖尿病になる可能性はありますが、高齢出産の場合血糖値を下げる働きのあるインスリンを分泌してくれるすい臓の機能の衰えにより血糖値が下がらず、妊婦糖尿病になってしまう可能性があります。

妊婦糖尿病になってしまうと高血圧や羊水異常、胎盤早期剥離などの影響や母体だけではなく、胎児も高血糖になりやすく発育不全や心臓病、流産など赤ちゃんへ影響してしまう場合があります。症状が軽い場合は出産後には正常な状態に戻るのですが、出産後も高血糖が続き、そのまま「糖尿病」へと進行してしまう場合があるため注意が必要です。妊婦健診時に血糖値の確認をしっかり行いましょう!

35歳の妊娠力は20代の半分

【何歳から?】高齢出産の年齢は?高齢出産の定義とリスクまとめの画像5

妊娠に関係している器官の機能が最も活発で、体が成熟した状態である20代、30歳前半は妊娠・出産適齢期です。35歳をこえて妊娠ができたとしてもそのまま出産まで継続するための力や、そもそも受精するための機能力には年齢により差があるのは事実です。

また、妊娠し、出産したら終わりではなく、その後は子育てが待っています。子育てには体力も必要なのです。

20代の頃はあんなに動けたのに、30歳後半の自分はこんなに動けないのか!?と驚くかもしれません。もし生涯で妊娠し、出産し、子育てを経験したいと考えるならば、「女性の体にはリミットがある」ということを考え、パートナーと将来のことをよく話し合ってほしいです。

高齢出産を恐れすぎる必要はない!

【何歳から?】高齢出産の年齢は?高齢出産の定義とリスクまとめの画像6

ここまで高齢出産のリスクについてお話してきましたが、不安や恐ればかりを募らせる必要はありません。不安や恐怖ばかりを考えてしまうとストレスが溜まってしまいます。

高齢出産は確かに20代~30代前半の出産に比べてみるとリスクや体力面で大変さがあります。しかし、それらを乗り越えたママはたくさんいるのです。働く女性が増えている今、高齢出産に臨む女性はいっそう増えていくことでしょう。

マイナスな部分にばかり目をむけず、プラスの部分にも注目してみてください。人生経験が豊富だからこその精神面の強さや経済的なゆとりや出産後の育児において活きてきます。妊娠と出産の経験値は同じでも、培った内面の経験値は20代~30代前半の女性よりも多いのです。今は肩の力を抜いてリラックスしてみましょう!

まとめ

【何歳から?】高齢出産の年齢は?高齢出産の定義とリスクまとめの画像7

妊娠と出産を望むのであれば自分の体のことを知るのはとても大事です。自分の月経周期はどうか?と確認するのはもちろん、年齢による体の機能の変化が起こるという事をしっかりと理解しタイミングを決める必要があります。タイミングを決めた上で高齢出産を臨むのであれば、不安になりすぎずに医師としっかり話し合い、サポートを活用して。

高齢出産に限らず、出産は命がけです。赤ちゃんの笑顔は力をくれます。何より出産したわが子はとても可愛いです。自分自身を、サポートしてくれる医師を、何よりこれから産まれる新しい家族を信じましょう!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事に関するキーワード

高齢不妊 妊活・不妊 妊活

この記事を書いた人

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 【何歳から?】高齢出産の年齢は?高齢出産の定義とリスクまとめ