1. >
  2. >
  3. >
  4. 「災害が起きたら赤ちゃんのおむつはどうする?」知っておきたい簡易おむつとナプキンの作り方

「災害が起きたら赤ちゃんのおむつはどうする?」知っておきたい簡易おむつとナプキンの作り方

「災害が起きたら赤ちゃんのおむつはどうする?」知っておきたい簡易おむつとナプキンの作り方のタイトル画像

災害の時一番困るのは衛生問題です。特に赤ちゃんのおむつやナプキンはどうしても必要になるアイテムですよね。簡易おむつと簡易ナプキンの作り方を知っておけば、いざと言う時にも安心です。簡易ナプキンの作り方はいくつかありますので、その時手元にあるもので作れそうですよ。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015175747

災害の時に困るのは?

地震や天災によって生活がままならなくなった場合、一番困るのは衛生問題です。
特に赤ちゃんのおむつやナプキンは、きちんと清潔にしておかないと病気の原因にもなりかねません。

いざと言う時役に立つ、簡易おむつとナプキンの作り方をご紹介します。
頭の片隅に置いておいてくださいね。

覚えておきたい!簡易おむつの作り方

【材料(おむつ1回分辺り)】
・持ち手付きのビニール袋 1枚
・タオル 1枚
・ハサミ 1個

【作り方】
①適当な大きさのポリ袋を用意する。
赤線の部分をハサミで切る。
③切ったポリ袋を広げる。

④やわらかめのタオルを用意する。
⑤広げたポリ袋の上に、用意したタオルや布を広げて敷く。

⑥赤ちゃんをタオルの上に乗せ、タオルを腹部まで覆う。

⑦ポリ袋の両脇を結ぶ。
⑧はみ出したタオルを中へいれると完成!

簡易オムツは汚れたら洗って再利用できるので、一時的な対処法としてとても便利です。

ビニール袋もタオルも身近にある材料なので、すぐに作ることができそうですね!
災害時に物資が届くまでの間、赤ちゃんを最低限快適にさせてあげることができそうです。

山形めっけ:赤ちゃん用「簡易オムツ」の作り方

簡易ナプキンの作り方 その1

【材料(1回分辺り)】
・ハンドタオル
・ティッシュやあまり布

【作り方】
①タオルハンカチを用意します。

「災害が起きたら赤ちゃんのおむつはどうする?」知っておきたい簡易おむつとナプキンの作り方の画像5

②下着の大きさに合わせて両側を中央に折り込みます。

「災害が起きたら赤ちゃんのおむつはどうする?」知っておきたい簡易おむつとナプキンの作り方の画像6

③ティッシュペーパーや余り布を入れる。お尻のほうに広い面を当てれば夜も安心です。

「災害が起きたら赤ちゃんのおむつはどうする?」知っておきたい簡易おむつとナプキンの作り方の画像7

簡易ナプキンの作り方 その2

【材料】
・生理用ナプキン
・タオル

生理用ナプキンが1枚でもある場合は、そのまま土台として使うことができます。
経血が当たる部分にタオルなどの吸収系のある布を当てれば、当面の代用として使えますよ。

布ナプキンビギナーのための布ナプ生活ガイド ウーマンケアネット

備えあれば憂いなし!

いざと言う時に最初に必要なのは水や食料ですが、次いで困るのが赤ちゃんのおむつや女性の生理用品です。

ちょっと忘れがちなアイテムですが、清潔に過ごすためには欠かせないものですよね。
簡単な代用品の作り方を覚えて置けば、災害時にきっと役に立ちます!
赤ちゃんと自分のためにも、物資はもちろんのことしっかりと知識も備えておきたいものです。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

momo

2歳の女の子のママです。ゆっくりと子育てをしながら、毎日の生活を送っています。季節の行事やイベントに丁寧に取り組んでいけたらと思っています。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 「災害が起きたら赤ちゃんのおむつはどうする?」知っておきたい簡易おむつとナプキンの作り方