1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. ベビーカーのB型とは?B型はいつから使うの?人気でおすすめの商品6選!

ベビーカーのB型とは?B型はいつから使うの?人気でおすすめの商品6選!

ベビーカーのB型とは?B型はいつから使うの?人気でおすすめの商品6選!	のタイトル画像

妊娠中に育児用品を下調べしている際に、ベビーカーにはAとBがあるの?と初めて知ったママやパパも多いのではないでしょうか。A型は新生児から使えるフルリクライニング(平ら)にできるものですが、B型はどうなのでしょうか?値段的にもB型が明らかに安いし、初めからB型ではだめなのでしょうか?そんな疑問にお答えします。

目次 ベビーカーには型がある!B型とは?
B型はいつから使うの?
B型のメリット・特徴は?
B型ベビーカーのデメリットは?
B型ベビーカーの選び方は?
人気でオススメのB型ベビーカー6選!!
B型にもいろいろある!

ベビーカーには型がある!B型とは?

ベビーカーのB型とは?B型はいつから使うの?人気でおすすめの商品6選!	の画像1

冒頭でもお話した通り、ベビーカーにはA型とB型があり、それぞれ役割や機能が違います。

A型は新生児(外出を許可された1ヶ月頃から)から使用できるのがB型との決定的な違いです。新生児から使用できるので、内蔵されているクッションやシート等にも厚みがあり、衝撃をなるべく少なくするよう作られているものがほとんどです。リクライニング機能が付いているので、首すわり前、腰すわり前にも安心して乗ることができます。

もちろん、腰がすわって一人で座れるようになれば、背もたれを起こして使うこともできます。対面式にも出来るよう、ハンドルを切り替えることが出来るものもあります。

対して、B型のベビーカーは腰すわり後の7ヶ月以降から使用できるものがほとんどです。A型と比べてかなり軽量なので、持ち運びに便利です。A型のベビーカーのように、リクライニング、ハンドル切り替え等の機能は付いていないので非常にシンプルな作りになっており、安価なものが多いです。

ベビーカー探しをしているとA型かB型か調べずに安価な物を選んでしまいそうになりますが、新生児から使うことを前提に探しているようでしたら、必ずそのベビーカーがどちらの型なのか調べる必要があります。

B型はいつから使うの?

ベビーカーのB型とは?B型はいつから使うの?人気でおすすめの商品6選!	の画像2

B型のベビーカーを使えるようになるのは、腰が完全にすわってからです。個人差がありますので、大体生後7ヶ月頃〜という表記になっていることがほとんどです。

7ヶ月になったから使えるのではなく、あくまでも月齢の目安ですので、一人でぐらつかず支え無しでおすわりができるようになったら使用を開始しましょう。

腰がすわっていなくても、ベルトを締めれば座らせることが出来ますが、体への負担がかなり大きく、発達に悪影響を及ぼす危険があります。ママやパパの膝の上で支えておすわりをさせるのとは訳が違いますので、座っていられるからといって使用するのは絶対にやめてください。

背骨や頚椎には生きるために必要な神経がたくさん詰まっていますので、無理は禁物です。

B型のメリット・特徴は?

ベビーカーのB型とは?B型はいつから使うの?人気でおすすめの商品6選!	の画像3

B型の特徴は、端的にいうと軽い、安い、シンプルです。

A型のように、頭のクッションをこうして…、ハンドルはこっち…、ハンドルロックもして…、リクライニングはこのくらい…。
なんて操作はいりません。お子様を、ぴょこっと座らせてベルトをするだけです。

リクライニングも無いですから、いちいちしゃがんでお子様の様子を見て、このくらいかなー?なんてすることはありません。軽量なので、ベビーカーに乗せていたのに途中でぐずった時も畳んで片手で持ち運ぶことができます。歩き始めた頃も、歩きたがって、疲れてまた乗りたがる、なんて時に、乗せたり持ったりするのも楽々です。

また、A型のように重装備ではないので、とにかく小回りがききます。狭いスーパーなどでも楽に移動が出来るので、抱っこが重い月齢になったら近所への買い物がとても楽になりますよ。

最近ではデザインが豊富になり、数万円するものも出てきましたが、基本的にはA型の半分以下で手に入ることがほとんどでしょう。安いシンプルなB型ベビーカーを購入して、座面のシートやハンドルを自分流にアレンジして個性を出すのも良いかもしれませんね。

B型ベビーカーのデメリットは?

ベビーカーのB型とは?B型はいつから使うの?人気でおすすめの商品6選!	の画像4

B型のベビーカーは、A型のものよりも軽装備なので、乗り心地がかなり低下していそうです(実際乗っていないので、断言は出来ませんが…)。

座面も低いので、アスファルトの温度に影響されやすく、夏は足元と座面がかなり暑くなります。ひんやりするシートや保冷剤を使用して、少しでも快適に過ごせるようにしてあげる必要がありそうです。

A型ベビーカーには、足元に荷物入れがあるものがほとんどですが、B型にはないものの方が多いです(あってもわずかな量です)。買い溜めをするタイプのママや、飲み物を多く買うママには手で持つしかなく、少し辛いかもしれませんね。

本当は転倒や故障などの恐れがあり、オススメしませんが、ハンドル部分に荷物をかけているママを多く見かけますが、B型ではできないと思って頂いた方が良いでしょう。ベビーカー自体が軽量なので、すぐに後ろにひっくり返ってしまいます。

お子さんが乗っていて重さがあるから大丈夫と思っていても、体勢を変えた時の体重の移動や何らかのタイミングでお子様ごと転倒してしまう恐れがありますので、B型はそういった使い方をするのはやめましょう。

B型ベビーカーの選び方は?

ベビーカーのB型とは?B型はいつから使うの?人気でおすすめの商品6選!	の画像5

いつも抱っこ紐がメインで、ベビーカーがそんなに早い月齢から必要でないママは長く使えるAB型を使うか、B型を使うか迷うことでしょう。

もし、腰がすわるまで待てないけどたまにベビーカーを使いたいということであれば、まず、どんな場面でベビーカーを使いたいかを考えましょう。大きなショッピングモール等でベビーカーがあれば便利だなと思うのであれば、急いでA型を買う必要はないでしょう。

総合案内所にいけば、リクライニング機能の付いているベビーカーを貸し出してくれるところは多いのでその都度借りた方が経済的です。首がすわればもっと貸し出してくれる施設の幅は増えますので、ごくたまに使うのであれば腰がすわるまで貸し出しに頼るのが一番です。

大きな公園等貸し出しがない場面でベビーカーを使用したい場合は、腰がすわるまで抱っこでなんとか頑張るか、レンタルするのが良いでしょう。また、抱っこする方が暖かいので冬生まれの赤ちゃんは、抱っこは暑くて辛い時期になるまでには腰がすわっている可能性がありますので急いでA型を買わなくても良いかもしれません。

B型ベビーカーの基本的な機能はどれも変わりませんので、B型を選ぶ際は、価格、重さ、デザイン、荷物入れの有無や量で自分のライフスタイルに合ったものを選択するのがオススメです。自宅の周りの環境を考えて、凸凹道が多い場合はタイヤを大きめ、整備されている道が多い場合は、タイヤが小さめ、など操作のしやすさで決めるのも良いですね。

1番気にしたいのはお子様の乗り心地だと思いますので、売り場に行って試乗して気に入ったものを購入しましょう。

人気でオススメのB型ベビーカー6選!!

ここからは実際に、人気の高いB型ベビーカーを紹介していきます!

1.Aprica マジカルエアープラス

価格:24,000(税別)
重量:3.3kg

B型なのにリクライニング機能が付いているので、お子様がお出かけの途中に寝てしまっても首が苦しそうになったりすることはありません!通気性の良いシートと、大きめのサンシェード、12ℓ(5㌔まで)も入る荷物入れもついています。

2.combi F2 AF

価格:25,000(税別)
重量:3.7㎏

人気のB型ベビーカーF2の最新型、AFです。2016年2月に販売予定です。新しくなったAFはハイシートで地面の放射熱からお子様も守り、タイヤとタイヤの間を広く開けてあるので走行中につま先がタイヤに当たることはありません。身体の大きなパパも押しやすいベビーカーです。片手で簡単に畳めるので、電車やバスに乗る際に抱っこしながら扱うことができ、便利です。

3.Goodbaby POKIT

価格:19,800(税込)
重量:4.8㎏

驚きの折りたたみ式ベビーカー!収納バッグに入るほど小さく折りたため、家の中の置き場所にも困りません。カラーバリエーションも4カラーあり、もう少しお値段が高くすればディズニー柄のものもあります。海外旅行にも持って行きやすいベビーカーです!

4.Dorel  Umbrella Stroller

価格:4,310(税込)
重量:3.5㎏

ディズニー好きのママやお子様にオススメ!畳んだ時自立は出来ませんが、とにかくシンプルでデザインが可愛い!AB型を長く使ったあと、完全にてくてく歩くようになってからこちらに買い替えるのも良いかもしれません。ショッピングやお散歩でちょっと疲れたとき、眠くなってしまったときだけにちょこっと使いたい方にも手に入れやすい価格です。

5.KATOJI かるいdeちゅ メッシュ

価格:13,824(税込)
重量:3.9㎏

座面がすべてメッシュになっているので夏にもってこいのB型ベビーカーです。冬は市販のシートカバーや手作りで防寒対策をしてあげればバッチリです。側面両サイドにリフレクター(反射板)がついているので、暗い夜道でも見落とされることなく安全に使用できます。前輪が360°自由に回転するのでとっても操作しやすいですよ。

6.リッチェル マルシェビアン

価格:23,000(税別)
重量:4.7㎏

他のB型ベビーカーと比べると少し重いように感じますが、シートが広々なので成長に合わせて長期間使うことができます。小柄な子から大柄な子まで体格を選ばずに使えるのでオススメです。荷物入れも20ℓ(5kgまで)の大容量なので、普段のお買い物の荷物入れとしても大活躍しますよ。

B型にもいろいろある!

ベビーカーのB型とは?B型はいつから使うの?人気でおすすめの商品6選!	の画像12

B型ベビーカーも進化してきていますので、A型ベビーカーのように乗り心地が良く、動きやすく、持ち運びやすいものがたくさん出てきています。しかし、その反面価格も平均的に上がってきていますので、A型から買い替えの際はよくよく利用価値を考えてから購入するのが良いかもしれません。

これから出産される方は、自分の生活スタイルや自宅の周辺の環境、季節等を考えて腰がすわってから性能のよいB型ベビーカーを買うのも良いですよ。可愛いデザインのものや、シンプルなデザインのものまで様々なものがありますので、A型ベビーカーよりも個性がアピールできて選ぶのが楽しくなりますね。

お子様と一緒に理想なB型ベビーカーを探してみてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

赤ちゃんのお世話 ベビー用品 ベビーカー・バギー

この記事を書いた人

りっくんmama

24歳新米mamaです。
手のかかる元気いっぱい君と毎日笑顔で過ごしています♡...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. ベビーカーのB型とは?B型はいつから使うの?人気でおすすめの商品6選!