1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. プラノバールとは?避妊効果・不妊治療・副作用・生理がいつ来るか・注意点まとめ

プラノバールとは?避妊効果・不妊治療・副作用・生理がいつ来るか・注意点まとめ

プラノバールとは?避妊効果・不妊治療・副作用・生理がいつ来るか・注意点まとめのタイトル画像

プラバノール、という名前の薬はあまり知られていないかもしれません。
女性の様々な婦人系疾患や不妊治療に効果のある薬ですが、他の目的で使われるケースもあると言います。
この薬の効用や副作用、服用する際の注意点などは、これから使う予定のある人には必要な情報です。ここでぜひ参考にしてみてください。

目次 プラノバールとは?どんな薬?
プラノバールの避妊効果(アフターピル)
プラノバールの不妊治療への効果
プラノバールの副作用、主な症状
プラノバールで生理の予定を調整できるってほんと?
プラノバールを服用するときの注意点
まとめ

プラノバールとは?どんな薬?

プラノバールとは?避妊効果・不妊治療・副作用・生理がいつ来るか・注意点まとめの画像1

女性の体にとって大切な「ホルモン」、そのホルモンを配合して婦人科系疾患の治療に役立っているのがこの「プラノバール」です。卵胞ホルモン(プロゲステロン)と黄体ホルモン(エストロゲン)を使用することによりホルモンバランスを整え、主に月経異常・卵巣機能不全などによる不妊症に処方される薬です。

この薬は不妊以外の効果もあるので、使い方に気をつけなければなりません。

■月経異常・不妊治療
生理不順・卵巣機能不全・子宮内膜症など月経異常や不妊の原因となる症状に使用します。

■ホルモンコントロール
事情により生理日をずらす場合に用いることがあります。毎日同じ時間に飲み続けるなど、服用が難しい場合もあります。

■更年期障害
更年期障害は、女性ホルモン量が急激に減ることによって起こります。女性ホルモンのバランスを服用によって調整し、症状を緩和させます。

■卵子温存
しばらく妊娠予定がないが、将来妊娠したい女性のために、排卵を止めて卵子を温存させるという効果があります。ただし、排卵時に起こる卵巣の破壊をなくし、卵巣の病気を防ぐ役割があっても、卵子の老化を防ぐ効果はありません。

■避妊
先に述べた「ホルモンコントロール」機能を利用して、飲むタイミングを計り、体を「排卵後」の妊娠しない状態にもっていくことができます。

プラノバールの避妊効果(アフターピル)

プラノバールとは?避妊効果・不妊治療・副作用・生理がいつ来るか・注意点まとめの画像2

プラバノールの避妊目的の使い方は、2通りあります。あらかじめ避妊を計画しておき飲んでおく方法と、緊急時の避妊で飲む方法です。

■計画的避妊
通常に医師の処方により飲んでいた場合は、避妊効果はおよそ99%という高い確率です。服用し始めてから約1週間で効果が現れてくるといいます。生理開始日5日目から飲み始めるので、この場合、効果は生理日より5日プラス7日の、12日後から避妊効果があるということになります。

■緊急避妊薬(アフターピル)としての効果は
緊急時というのは、避妊を備えての性交渉(コンドーム使用など)に失敗した場合、または臨まない性交渉があった場合のことです。
性交渉72時間以内に飲むことにより効果が出るというものです。

できるだけ早く服用した方が効果が高いと言います。この場合の避妊効果は、計画的に比べると確率は低く、75%程度となっています。

■ヤッペ法とLNG法
緊急避妊薬には、プラバノールを使用したヤッペ法と、レボノルゲストレルを使用したLNG法があります。LNG法の方が副作用が少ないとされていますが、避妊効果はどちらも同じ位です。

■緊急避妊薬としての飲み方の注意点
避妊に失敗してしまった時点で、なるべく早く婦人科を受診するようにしてください。服用が遅れると卵子が着床して妊娠してしまう可能性があります。

1.性交渉72時間以内に1回2錠飲む
2.1回目の服用の後、12時間後にさらに1回2錠飲む
この2回目の服用を忘れると、効果が落ちるので気をつけてください。

■緊急避妊薬を飲んではいけない人とは
婦人系の疾患をもっている・高血圧・妊娠・授乳中の人は服用できない場合があります。必ず医師の判断のもと処方された薬を飲むようにしましょう。

プラノバールの不妊治療への効果

プラノバールとは?避妊効果・不妊治療・副作用・生理がいつ来るか・注意点まとめの画像3

不妊の女性にとってホルモンバランスは大切です。黄体ホルモン(プリゲステロン)・卵胞ホルモン(エストロゲン)のバランスを整えることにより、卵巣機能が回り妊娠しやすい状態を作ります。

■どのような効果がするの?
1.卵子を育てる
排卵はあっても、黄体ホルモンがうまく出ない場合は高温期が持続しません。そのため排卵日の翌日から服用し体温を上げて、子宮内の血液を貯めている状態を持続させます。
2.受精卵を着床しやすくする
卵胞ホルモンが不足すると、子宮内膜が薄くなります。内膜が厚くなると排卵後の状態になるため、受精卵が着床しやすくなります。

■卵胞ホルモン(エストロゲン)の量は
プラバノールは、卵胞ホルモン(エストロゲン)の配合量によって「中容量ピル」と分類されています。配合量でそのピルの役割も変わります。
1.低容量ピルエストロゲン量50マイクログラム未満主に避妊目的に使われます。前出のレボノルゲストレルはこれに当てはまります。
2.中容量ピルエストロゲン量50マイクログラム主に治療目的に使用されます。
3.高容量ピルエストロゲン量50マイクログラム超副作用が高いため、あまり使用されません。

よって、プラバノールは主に治療目的に使用されます。また、治療なので健康保険が適用できますが、避妊・生理日コントロール目的での使用では適用されないので注意してください。

小岩レディースクリニック

プラノバールの副作用、主な症状

プラノバールとは?避妊効果・不妊治療・副作用・生理がいつ来るか・注意点まとめの画像4

どんな薬にも多かれ少なかれ、副作用というものがあります。誤った使用をするとその症状が顕著に出てしまうので、必ず決められた量・回数で服用してください。

■副作用の主な症状
人工的に体内にホルモンを補充するため、特に初めて飲んだ場合などは副作用が出る可能性があります。
主な症状は、吐き気・嘔吐になります。ホルモン剤なので、副作用は月経前症候群のような症状になります。他、便秘や下痢・乳房の張り・頭痛・体がだるいなどの症状が出ることもあります。

また、不正出血の副作用は、飲み忘れが原因によるものです。2ヶ月以上経って慣れてくれば、これらの症状が軽減することもあるので、医師の判断の元で様子を見てください。

■重度の副作用とは
プラバノールに含まれている卵胞ホルモンの影響により、「血栓症」となる危険性があります。これは、エストロゲンの働きにより血管内の血液が固まりやすくなり、血流が悪くなる状態を言います。エストロゲンの量が多いほど確率は高くなります。

喫煙者の場合は、血管が元々細めのためさらにリスクは高まるので気をつけましょう。

■こんな症状が出たら血栓症の疑いが
血栓症になると、体は麻痺症状となります。よって下記の項目が該当する場合は、至急の受診が必要です。
※手足のむくみ・腫れ・痛み・痺れ・動悸・意識が薄れる。特にふくらはぎの痺れには注意が必要です。

プラノバールで生理の予定を調整できるってほんと?

プラノバールとは?避妊効果・不妊治療・副作用・生理がいつ来るか・注意点まとめの画像5

プラバノールを飲み続けると、排卵がおこらず体は排卵後の高温期状態になります。そのため生理が来ないので、旅行などで生理日をずらしたい時などには有効です。

■生理日を予測する
排卵が起きると、およそ12~16日後に生理が来ます。例えば1日に排卵が起きれば、平均して14日に生理日となるわけです。そして平均して28日周期だとすると、生理終了の7日後、28日が次回の排卵日となります。

この計算により生理日を予測し、医師と相談しながら飲み始める日を決定します。この場合は、次回生理予定日が28日の14日後・次月12日になるので、12日の5日前から飲み始めます。飲む期間は、その時の事情により生理を起こさない期間が長いほど服用日数も延びます。また、必ず毎日決まった時間帯に飲むことも重要です。

飲み終えた場合ですが、個人差はありますが、中止後2~5日で生理が来ます。

■生理日コントロールのリスクとは
服用期間は、毎日決まった時間帯に飲むことが義務づけられていますが、副作用を考えて就寝前というケースが多いそうです。
その副作用とは、やはり吐き気や嘔吐といった症状です。あまりひどい時には再度受診し、吐き気止めを処方される場合もあるので無理しないようにしてください。

プラノバールを服用するときの注意点

プラノバールとは?避妊効果・不妊治療・副作用・生理がいつ来るか・注意点まとめの画像6

プラバノールは様々な婦人系の悩みを抱えている女性にとって、大変便利な薬です。しかし使い方を間違えると症状が悪化したり副作用が出たりと危険を伴います。

■プラバノールの服用が危険な症状とは
病院で処方してらもらう際に、次の症状がある人は必ず医師に申告するようにしてください。
1.喫煙している
薬の副作用として血栓症になる可能性がありますが、喫煙している場合はその確率が高まります。
2.血栓症の疑いがある・または血栓症になっている・過去になっていた
3.血栓・血管障害・心筋梗塞の疑いがある・または現在かかっている・過去にかかっていた
4.乳がん・子宮がんなど婦人系の疾患の疑いがある・または現在かかっている・過去にかかっていた
5.妊娠・授乳中である
6.なんらかのアレルギーを持っている

■正しい容量・用法を守る
どんな薬に対してもそうですが、正しい飲み方を守らないと効果は期待できません。特にプラバノールは、様々な目的により使用法が違うので、飲みなれている人も前回と目的が違うなら飲み方も変わるので注意してください。また、持続して飲むことがほとんどなので、飲み忘れに気をつける必要があります。飲み忘れた場合は、医師や薬剤師に相談してください。

■飲み合わせに気をつける
他の薬と併用して服用する場合、飲み合わせが悪い薬もあります。副作用を高めたり、効果が弱くなったりその逆で効き過ぎてしまう場合もあります。勝手に自己判断で手持ちの薬と一緒に服用することはやめましょう。

まとめ

プラノバールとは?避妊効果・不妊治療・副作用・生理がいつ来るか・注意点まとめの画像7

プラバノールの効用は非常に優れたものだと思います。しかし効き目を期待して過度に服用したり、ちょっとした理由で安易に服用するのは大変危険です。

不妊や婦人系の疾患などにはとても必要な薬と言えます。が、生理日を遅らせる・避妊をするというのは、場合によっては個人の都合で女性の体を人工的に操る、という行為になりかねません。あくまでこれらは非常手段の場合にのみ使用し、薬に頼る以外の方法を考え、もっと自身の体を大切にすることが肝心です。

今、生理日をずらす目的で処方してもらい、避妊にも使用する人がいるそうですが、この場合用法が全く違うので決して自己判断では服用しないでください。

また、今はネットなどで簡単に入手する方法もあるそうですが、病院で処方された薬以外は効用はもちろん安全性の保障もありません。
女性の体はデリケートなものです。目的を明確に薬を使用するように心がけてください。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事に関するキーワード

妊活・不妊 不妊症 月経周期 妊活

この記事を書いた人

ちーかま

 二十丸高?アラウンド40新米ママです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. プラノバールとは?避妊効果・不妊治療・副作用・生理がいつ来るか・注意点まとめ