1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 【初期・中期・後期】にんじんの離乳食レシピ12選!下ごしらえ・冷凍保存方法まとめ

【初期・中期・後期】にんじんの離乳食レシピ12選!下ごしらえ・冷凍保存方法まとめ

【初期・中期・後期】にんじんの離乳食レシピ12選!下ごしらえ・冷凍保存方法まとめのタイトル画像

離乳食を始めておかゆに慣れてきて食べるのが上手になってきたら、次のステップへ!はじめてのお野菜にチャレンジです!にんじんの離乳食レシピと下ごしらえの方法、保存の方法などご紹介していきます。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015069990
目次 にんじんはいつから食べてもよい?
にんじんの下ごしらえ方法
にんじんの離乳食初期レシピ4選
にんじんの離乳食中期レシピ4選
にんじんの離乳食後期レシピ4選
作り置きOK!にんじん離乳食の保存方法
まとめ

にんじんはいつから食べてもよい?

おかゆに慣れ始めてからお野菜にはじめてチャレンジする時期としては、離乳食をはじめてから2~4週間ほどを目安にドロドロ状態のお野菜(いんげん豆、かぼちゃ、にんじん、さつまいも、グリンピース)からはじめてみましょう。この中で今回は、にんじんについて進めていきます。

寒くなる時期だとかぜが流行りだし、子供がいると気を付けてかぜを引かないようにしてあげたいですよね。にんじんはかぜなどの細菌感染予防の効果もあり、カロテン(ビタミンA)が多く含まれているので、免疫力を高めてくれる効果があると言われていて、積極的に食べさせてあげたいお野菜です。

■にんじんの栄養
ビタミンA(β-カロテン)、カリウム、食物繊維

ビタミンやミネラルも豊富ですが、特徴はカロテンが豊富な根菜です。ビタミン類は、B1、B2、Cも少量含まれており、他にもカリウム、鉄分、リンも多く含まれています。

■5~6ヶ月 ドロドロ野菜
まずはペースト状から始めます。

■6~8ヶ月 軟らかい野菜
水分を減らし、なめらかな状態を与えましょう。なめらかでなくても食べれるようになったら、小さくひと口大に切ってあげてやわらかく煮たものにチャレンジです。

胃にやさしいお野菜なので、はじめてのお野菜に最適です。

にんじんの下ごしらえ方法

赤ちゃんに食べさせてあげるには、まずは下ごしらえが必要です。時間も手間がかかりますが、食べやすいようにしてあげるための準備をしていきましょう。下ごしらえが出来たら、保存の方法(冷凍)もご紹介していきます。

■下ごしらえの方法

1.にんじんは皮近くに栄養が多く含まれてるので、よく洗って薄めに皮をむき2~3cm位の輪切りにします。
2.鍋ににんじんがかぶる程度の水を入れて1.のにんじんを入れて煮込んでいきます。最初は強火で沸騰したら弱火にして柔らかくなるまで煮てください。

これで下ごしらえは完了です。ちなみにこの方法で、かぼちゃ、じゃがいも、さつまいもなど離乳食用ペーストが作れます。

■冷凍での保存方法

毎回離乳食を作るのは大変なので、まとめて作って冷凍保存して常備しておきましょう。初期はペースト状で冷凍をし、それぞれの時期に合った大きさに切ったりします。冷凍する時は、

1.製氷皿に一回分の量を入れて、固まったら冷凍保存用の袋に移し替えて保存する方法
2.冷凍用保存袋で保存方法
詳しくは【作り置きOK!にんじん離乳食の保存方法】でご紹介します。

ちなみに我が家の場合は、下ごしらえをしたあとに、ラップに一回分ずつ分けて包んでいました。育児に家事に忙しいのでやはり冷凍保存しておいて使うのがとても便利でした。下ごしらえの準備ができたら次は初期、中期、後期の月齢にあわせたそれぞれのレシピのご紹介です。

にんじんの離乳食初期レシピ4選

離乳食初期(5,6ヶ月) ゴックン期ころのレシピです。ペースト状にしてから食べさせてあげてください。すり鉢ですりつぶしたり、ミキサーやフードプロセッサーがあるととても便利です。基本的に味付けは不要です。素材だけの味で十分なにんじんペーストが基本のレシピです。

【初期・中期・後期】にんじんの離乳食レシピ12選!下ごしらえ・冷凍保存方法まとめの画像4

■にんじんのペースト

【材 料】(1人分)
・にんじん 3cm
・水    適量

【作り方】
1.にんじんを1cm角に切り、小さめの鍋に、少量の水と一緒に入れ、蓋をして中火にかける。沸騰したら弱火にし、やわらかくなるまで約8分煮る。
2.裏ごしするか、すりつぶして、1.の茹で汁を加え、お子さんに合ったかたさにのばして完成。

■にんじんのヨーグルト

【初期・中期・後期】にんじんの離乳食レシピ12選!下ごしらえ・冷凍保存方法まとめの画像5

【材 料】(1人分)
・ヨーグルト  25g
・にんじん   10g
・水      小さじ1

【作り方】
1.にんじんをすりおろし、耐熱皿ににんじんと水を入れて、ラップをして、電子レンジで500w2分くらいあたためる。
2.ヨーグルトを常温にもどして、にんじんと混ぜて出来上がり。

にんじんのヨーグルト

■にんじんのポテトサラダ風

【初期・中期・後期】にんじんの離乳食レシピ12選!下ごしらえ・冷凍保存方法まとめの画像6

【材 料】(1人分)
・裏ごししたじゃがいも  小さじ2
・裏ごししたにんじん   小さじ1
・裏ごししたトマト    小さじ2

【作り方】
1.材料を裏ごしする。
2.裏ごししたじゃがいもに、にんじんとトマトを混ぜる。

にんじんのポテトサラダ風

■りんごとにんじんのすりおろし

【初期・中期・後期】にんじんの離乳食レシピ12選!下ごしらえ・冷凍保存方法まとめの画像7

【材料】
・林檎の摩り下ろし 大さじ3
・人参の摩り下ろし 大さじ1
・粉ミルク     小さじ1

【作り方】
1.りんご、にんじんをそれぞれ一口サイズに切り、少量の水と共に耐熱容器に一緒に入れレンジで3分加熱。
※火が通るまで。
2.1.の具材(果汁も一緒に)と粉ミルクをミキサーに入れて、お好みの加減までかけたら完成!

りんごとにんじんのすりおろし

にんじんの離乳食中期レシピ4選

■にんじん粥

【材 料】(1人分)
・人参   4g
・だし汁  1/4カップ
・7倍粥  大さじ1.1/2

【作り方】
1.鍋に和風だしと人参を入れ、柔らかくなるまで5分ほど煮る。
2.人参をすり鉢にいれて、よくすりつぶす
3.7倍粥もすり鉢にいれ、2と合わせてよく混ぜる。

下ごしらえして冷凍したおかゆとにんじんのペーストがあれば、時短できます。しかも温めて乗せるだけなのでお手軽ですね。

■ポトフ

【材料】(大さじ12人分)
・☆キャベツ  1/2枚
・☆ニンジン  3センチ
・☆大根    1センチ
・☆玉ねぎ   1/6個
・☆玉子    1/2個
・ツナ    大さじ1
・野菜を炊いた残り汁 150cc

【作り方】
1.☆を一口大に切り、レンジでやわらかく加熱しみじん切りする。ツナは熱湯をかけて油抜きする
2.玉子を耐熱皿に割入れ20秒加熱しかき混ぜたら再度20秒加熱しかき混ぜる。完全に固まるまで繰り返してください。固まったらすり鉢ですりつぶす。
3.鍋に野菜スープを沸騰させ1.2.の材料を入れ一煮立ちさせたら完成です。

野菜をたくさん食べてほしいときにポトフが良いですね。玉子アレルギーのお子さまは注意が必要です。

具だくさんポトフ離乳食

■にんじんの甘煮

【材料】(1人分)
・人参  1/4本
・バター 小さじ1/4
・水   小さじ1

【作り方】
1.人参を5mm~1cmの角切りにする。
2.1.をサランラップに包み、600wで1分半~2分電子レンジで加熱。
3.2.とバター、水を鍋に入れ、バターが溶けたら出来上がり。

にんじんだけではなく、アレンジとしてりんごも入れる場合は、にんじんと同様に切り、レンジでチンするだけなので簡単に作れます。

【離乳食後期】人参のグラッセ

■にんじん豆腐

【初期・中期・後期】にんじんの離乳食レシピ12選!下ごしらえ・冷凍保存方法まとめの画像11

【材料】
・にんじん 1cm
・豆腐 3cm角1個
・水 大さじ1

【作り方】
1.にんじんはおろし金ですりおろし、水を入れ、レンジで加熱。
2.豆腐もレンジで1分30秒加熱し、水分をキッチンペーパーで拭き取る。
3.豆腐をつぶしながら、にんじんと混ぜ合わせて完成。

★離乳食中期★簡単!にんじん豆腐

にんじんの離乳食後期レシピ4選

■肉じゃが

【材料】(1人分)
・豚薄切り肉  30g
・じゃがいも  大さじ1
・にんじん   大さじ1
・玉ねぎ    大さじ1
・だし     大さじ2
・砂糖     小さじ1
・しょう油   小さじ1
・水溶き片栗粉 大さじ1

【作り方】
1.肉と野菜を細かく微塵切りにして、それを水を入れた鍋に入れる。そしてだしも入れて5分程度煮る。
2.煮えたら砂糖と醤油を入れてまた1分程度煮て、最後に片栗粉でとろみをつけたら完成。

後期に入ると肉類が食べられるようになるのでチャレンジしたいメニューです。

離乳食完了期に。肉じゃが。

■クリームシチュー

【初期・中期・後期】にんじんの離乳食レシピ12選!下ごしらえ・冷凍保存方法まとめの画像13

【材料】
・にんじん半本
・じゃがいも1個
・たまねぎ1個
・ツナ缶(ノンオイル)1缶
・水200cc
・牛乳200cc
・野菜スープ1袋
・マーガリン小さじ半分
・小麦粉小さじ2


【作り方】
1.野菜を小さく切る。みじん切りでなくてもいいです。
2.レンジ用の入れ物にすべていれてラップをしてレンジで5分加熱。
3.マーガリンを鍋に入れて2.の野菜をいためる。マーガリンがとけたら小麦粉を加えて混ぜながら炒める。
4.水をすこしづついれてまぜ、コンソメも入れる。5分ほど煮たら牛乳を加える。とろみがつくまで5分ほどまぜながら煮てできあがり。

冷めたら小分けして冷凍すると便利です。

離乳食後期、クリームシチュー

■きんぴらごぼう

【材料】(1人分)
・ごぼう  20g
・にんじん 20g
・しょうゆ 1滴
・砂糖   ひとつまみ
・白ごま  少々

【作り方】
1.ごぼうとにんじんは皮を剥き、細かくきざむ。
2.1をやわらかくなるまで茹でる。
3.2にしょうゆ、砂糖を加えてよく和える。
4.3.をお皿に盛り、白ごまを散らす。

ごぼうは食物繊維が多いと言われているので、便秘がちなお子さまには食べさせてあげたいですね。お子様に合わせて小さめに切ってあげてくださいね。

離乳食後期☆きんぴらごぼう

■ミネストローネ

【材料】(1人分)
・マカロニ     10グラム
・トマトジュース  1/4カップ
・水        1/4カップ
・にんじん、玉ねぎ、ピーマン  各10グラム
・ウインナー    1本

【作り方】
1.マカロニはやわらかくゆでる。
2.野菜は1センチ角の薄切りにする。ウインナーも薄切りにする。
3.トマトジュースと水を合わせて煮立て、2.を加えてやわらかくなるまで煮る。
4.野菜がやわらかくなったら①を加えてひと煮立ちさせてできあがり。

離乳食後期☆きんぴらごぼう

作り置きOK!にんじん離乳食の保存方法

育児に忙しく離乳食作りをするのにそのたび作っていては大変なので、冷凍保存した方が便利で使用したいときに解凍し使用できて
とても役立ちますし時短にもつながります。ここでは冷凍保存の方法をご紹介していきます。

■製氷皿を使用
離乳食初期はペースト状にしたもので、離乳食中期と後期はお子さまに合わせてカットしたものを一回分ずつに製氷皿に入れて冷凍します。冷凍保存するときは、人参は人参だけというように素材別にしてから、小さく冷凍しておくことで組み合わせ方の変化も出来ていろいろと使いやすいです。

そのあとは凍ってから、冷凍保存袋に移し替えて保存すると良いです。

■冷凍用保存袋で保存する場合
冷凍用保存袋での保存方法は、板状に伸ばして板チョコのように、1回分ずつの量を箸で筋目をつけておけば折りやすくなります。凍ってからはパキッと折って、必要な分だけ使用することができます。

まとめ

にんじんの離乳食についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?はじめてのお野菜にチャレンジするにはもってこいのお野菜です。にんじんはいろいろアレンジの方法があり、冷凍保存しておけばとても役立ちます。

我が家でも7ヶ月の子供がいますので、つねに下ごしらえして冷凍して保存してあり、時間がかからないのでお腹がすいて泣いていても、パパッと準備することができます。ぜひ、レシピも参考になさってください。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 【初期・中期・後期】にんじんの離乳食レシピ12選!下ごしらえ・冷凍保存方法まとめ