1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 不妊治療効果!ルトラールとは?効果・副作用・服用方法・注意点まとめ

不妊治療効果!ルトラールとは?効果・副作用・服用方法・注意点まとめ

不妊治療効果!ルトラールとは?効果・副作用・服用方法・注意点まとめのタイトル画像

女性の強い味方であるルトラールという薬を知っていますか?女性特有の症状や不妊治療にまで効果があります。今回は、このルトラールの気になる効果から、気をつける副作用まで詳しく解説していきます!

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11021006222
目次 ルトラールとは?どんな人におすすめの治療法?
ルトラールの効果
ルトラールの服用方法
ルトラールの副作用
副作用の対処法
ルトラール服用の際の注意点
まとめ

ルトラールとは?どんな人におすすめの治療法?

治療のために処方される「ルトラール」という薬をご存知ですか?女性特有の病気に使われるので、目にしたことや聞いたことがある人も多いかもしれません。

この薬は、主に月経や子宮機能の改善を目的として処方されることがあります。女性ホルモンと同じ働きをすることで、乱れたホルモンバランスを整えてコントロールする作用があるのです。そのため、前立腺肥大などで悩む男性にも処方されることがあります。増えすぎた男性ホルモンを押さえて女性ホルモンを増やすことで、バランスを図るのです。

また、不妊治療の一環として服用することで治療の効果を増進するためにも使われることがあります。このように女性の体の働きと関係の深い薬が「ルトラール」です。

ルトラールの効果

ルトラールには、女性ホルモンの一種である「黄体ホルモン」と同じ働きをする成分が含まれています。黄体ホルモンは、月経周期の公判や妊娠中に分泌され排卵を抑える効果があります。無月経や月経周期が乱れたときにルトラールを服用することで、乱れた周期を正しい周期に導いてくれるのです。また、高温期と呼ばれる妊娠しやすい期間と同じ体へと変化させてくれるので、妊娠しやすい体にする効果もあります。

一方で、長期間黄体ホルモンが機能することで避妊効果になることがあります。妊娠中と同じような体の機能になっていますので、妊娠しないように体が調節するためです。不妊治療には合わないような効果ですが、一時的に排卵を抑えることがポイントになります。服用をやめることで体が排卵を促すようになるので、自然と妊娠しやすい体になっているのです。

ルトラールの服用方法

ルトラールは、1日に2~12mgが適量とされており、最大で1回2錠を1日3回というパターンになります。明確な基準が無いのでイメージが分かりづらいかもしれません。基本的には治療の内容やあなたの状況によって、黄体ホルモンの量を調節することが目的となるので個人差が大きいのです。

そのため、医師に処方された量や用法をしっかり守って服用することが重要です。自分の判断で飲む量を増やしたり、服用を中断してはいけません。間違った用法で使用した場合、きちんと効果が出無かったり、体への負担が大きくなり服用以前よりも状態が悪くなる可能性があります。

一般的な薬とは違って病気を治すのではなく、症状を改善することが目的となります。目に見えて効果が分からないことが多いため不安になるかもしれませんが、決められた用法で医師を信頼して服用しましょう。

ルトラールの副作用

ルトラールは治療よりも体質の改善が目的となる薬なので、医師に決められた量や用法を守った短期間の服用ではほとんど副作用が見られことはありません

ただ、服用が長期間にわたる場合副作用に注意しましょう。服用を続けて2~3カ月ほど経過すると、吐き気やおう吐、下痢や頭痛が現れることがあります。イライラしたり落ち込んだり、月経のときに感じていたような症状が現れることもあります。そのため、副作用には個人差が大きく症状がバラけてしまいますが、このような症状が副作用として表れることがあります。

そして、長期間服用するうえで最も気をつけないといけない副作用が「血栓症」です。手足がしびれたり視力が著しく低下するなどの症状が現れます。発症するケースは非常に稀ですが、危険な後遺症に繋がることもあるので、必ず注意しておきましょう。

副作用の対処法

ルトラールの副作用を適切に対処するには、まず症状を確認します。上記のように、服用してから視力が落ちたり、手足にしびれが出てきた場合は必ず病院へ受診しましょう。副作用だけでなく重大な後遺症になるリスクがあるため、少しでも違和感があれば病院へ行きましょう。

吐き気やおう吐などが現れた場合は、なるべくあなたの体の負担を合わせて考えましょう。無理してまで我慢することはありませんが、次の通院日までが近い場合や飲み終わる時は、そのまま続けましょう。どうしても我慢できない、日常生活に支障がある場合は病院を受診します。薬の特性上、勝手に量を減らしたり中止することができませんので、薬を調節するためにも医師の判断を仰ぐことが大切です。

ルトラール服用の際の注意点

どんな薬でも当てはまりますが、薬の飲み合わせによって効果が強くなりすぎたり、弱くなったりすることがあります。今あなたが服用している薬の名前が分かるように、お薬手帳なども用意しておきましょう。もし不安な時は、市販の風邪薬なども事前に確認しておくといいでしょう。

ルトラールの大きな注意点として、あなたの肝機能を確認する必要があります。「肝臓病」の持病がある時は服薬できないことがあるので、必ず医師に伝えましょう。ルトラールは肝臓病の症状を悪化させる危険性があるので、覚えておきましょう。もし、飲酒などで肝機能が悪くなっていたり、肝機能障害などを患っている時は、必ず医師へ伝えてください。100%ないと言い切れない時や不安な時は事前に調べて置くといいですよ。

まとめ

ルトラールのまとめは以上になりますがいかがでしたか?少しでも参考になれば嬉しいです。

薬の効果や副作用を見てしまうと少し怖くなってしまうかもしれません。自分でしっかり管理できるのかも不安になりますよね。しかし、安心してください。月経の症状改善や不妊治療の手助けなど、女性の味方になるヒーローのような薬なのです。あなたを傷つけることはありません。

また、どうしても不安なことや分からないことがあったら、遠慮せずに医師へ伝えましょう。どんなことでもしっかりと丁寧に答えてくれますよ。不安を安心に変えて医師を信頼して服用しましょう。あなたの悩みが改善され、良い結果にたどりつくことを祈っています。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

不妊治療 不妊症 妊活・不妊 病気・怪我・健康

この記事を書いた人

みんと

はじめまして、みんとと申します。
皆さまに役立つ情報を分かりやすく伝えられるように記事を作成しております。
難しいことなども詳しく解説しておりますので、ぜひ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 不妊治療効果!ルトラールとは?効果・副作用・服用方法・注意点まとめ