1. >
  2. >
  3. >
  4. 【妊娠7週目】胎盤・胎嚢・症状・エコー写真・注意点まとめ

【妊娠7週目】胎盤・胎嚢・症状・エコー写真・注意点まとめ

【妊娠7週目】胎盤・胎嚢・症状・エコー写真・注意点まとめのタイトル画像

妊娠7週目は妊娠に気づく人が多い頃です。まだママの見た目は変わらないですが、お腹の赤ちゃんは日々猛スピードで成長しています。妊娠7週の頃のママの体調はどのような感じなのでしょうか?お腹の赤ちゃんの状態はどうなっているのでしょうか?この頃に気をつけてほしいことも含めてお話しします。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11044015134
目次 妊娠7週目の胎児の成長、胎芽・胎盤の大きさ
妊娠7週目の妊婦さんの体調①肌荒れ
妊娠7週目の妊婦さんの体調②イライラ
妊娠7週目の妊婦さんの体調③つわり
妊娠7週目の妊婦さんの体調④ひん尿
妊娠7週目の赤ちゃんのエコー写真
母子手帳をもらおう!
流産する確率・兆候
日常生活における注意点
ゆったりした気持ちで過ごすことが大切

妊娠7週目の胎児の成長、胎芽・胎盤の大きさ

妊娠7週目は、まだママの見た目は変わらず、妊娠だと気づかれることはありません。ママ本人がやっと生理が遅れることによって妊娠に気づく頃です。でもお腹の中の赤ちゃんは成長しています。

■妊娠7週目では赤ちゃんの様子
・2頭身になる
・手足の区別がつく
・へその緒になる組織が発達する
・脳、脊髄、目や耳の神経が発達
・心臓、肝臓、胃などの臓器が分化し始める
・目、鼻、口が大まかに形を整え始める
・心拍が確認できる

この時期の赤ちゃんは「胎芽(たいが)」と呼ばれます。この時期は大事な器官の形成が急激に進んでいます。赤ちゃんがこれから大きくなっていくのに必要な胎盤はまだ完成していませんが、のちに胎盤になる絨毛(じゅうもう)組織が少しずつ厚みが増してきます。

妊娠7週目の妊婦さんの体調①肌荒れ

妊娠初期の妊婦さんのトラブルの1つに「肌荒れ」があります。かゆみが出る人、カサカサする人、ニキビができる人など症状はそれぞれです。その中でも多く見られるのは「ニキビ」かもしれません。

どうしてこのような症状が出るのでしょうか?ずばり「ホルモンバランスの乱れ」です。妊娠すると「プロゲステロン」というホルモンが増加します。それでバランスが崩れてしまうのです。さらにプロゲステロンには皮脂の分泌を促す働きがあります。いつも以上に皮脂が出ることで毛穴が詰まりニキビができてしまいます。

他にも食生活が変化したり、便秘しやすくなったり、寝不足が重なったりしてお肌のトラブルは起きやすくなります。妊娠中はお肌が敏感になっているので、刺激の弱い洗顔料で優しく洗って、保湿を心がげましょう。

妊娠7週目の妊婦さんの体調②イライラ

妊娠中のとりわけ初期はイライラします。何でもないことに腹がったり、悲しくなったり、気持ちが安定しません。

どうしてこんなにイライラするのでしょうか?

このイライラも「ホルモンバランスの乱れ」です。増加した「プロゲステロン」によって妊娠前のホルモンバランスとは変わってしまい、精神的に落ち込みやすくなるのです。さらに、妊娠すると環境も大きく変化します。パパや家族、周りの人達の態度が変わります。またママ自身もこれからの生活に不安に感じることもあります。

そんなイライラするときはどうしたらいいでしょうか。パパや周りの人に自分の気持ちを聞いてもらうことです。そして心配事が増えたり、不安になることは誰しもが感じることですから、自分を責めないことです。

妊娠7週目の妊婦さんの体調③つわり

この頃から早い人はつわりが始まります。つわりと一言で言っても胃もたれ、吐き気、食欲不振など人それぞれです。

つわりはどうしておこるのでしょうか?

原因は諸説あります。有力な説は絨毛(じゅうもう)から分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が甲状腺機能を高め、おう吐中枢を刺激するためです。

つわりの解決策は特にありません。しかし、きつい下着を避けたり、体を温めたり、パパに背中をさすってもらったりすることで楽になったという先輩ママは少なくないので試してみてください。

またつわりの間、食べられないと脱水症状に陥りやすいので水分補給だけは忘れずにしてくださいね。それからつわりはいつか終わって、可愛い我が子に会えるという希望も頑張る力になると思います。

妊娠7週目の妊婦さんの体調④ひん尿

妊娠初期の不快症状の1つに瀕尿があります。大人平均1日に5、6回なので、9、10回行ったり、夜中もトイレに何回も目が覚めるときは頻尿と言えます。

どうして頻尿になるのでしょうか?

1つの原因は、子宮が大きくなるからです。子宮の隣にある膀胱は圧迫されて、尿を溜められる量が減ります。それで頻尿になります。まだもう1つの原因は「プロゲステロン」の影響です。プロゲステロンには平滑筋を緩める働きがあって、利尿作用を引き起こすのです。

頻尿だとトイレに行くのを我慢してしまう人もいますが、膀胱炎になってしまう可能性があるのでその都度行きましょう。また水分を控えるのも脱水につながり危険なのでやめてくださいね。

日本赤十字社医療センター周産母子・小児センター顧問杉本充弘先生総監修『月数ごとに「見てわかる!」妊娠・出産新百科』株式会社ベネッセコーポレーション発行、平成26年9月、23ページ

妊娠7週目の赤ちゃんのエコー写真

上の写真は妊娠7週目のエコー写真です。黒い袋状の空間が「胎胞」と言われるものです。今までは胎胞だけが見えていた人も、胎胞の中にしっかり赤ちゃん(胎芽)の姿を確認できるようになります。

この時期の赤ちゃん(胎芽)の大きさは約8㎜から16㎜ほどになっています。エコー写真にはCRLという表記があります。これが赤ちゃんの大きさを表しています。この時期は赤ちゃんの頭からお尻の先を計る「頭殿長」を使います。

この頃のエコー写真では頭部と体の区別がつくようになります。丸まっていた体もまっすぐに伸びるようになります。心臓が4つの心房に分かれて動き始めるので心拍を確認できるようになります。この心拍が確認できて初めて「妊娠確定」となります

母子手帳をもらおう!

心拍が確認できて妊娠が確定したら、母子手帳をもらいましょう。母子手帳とは、正式には「母子健康手帳」といいます。母子手帳には妊娠の経過や出産の状況、産まれた赤ちゃんの健康状態が記録されます。

母子手帳はお住いの市役所や保健センターの窓口に妊娠届書を提出することでもらうことができます。自治体によって、もらえる窓口や時間が違うため、あらかじめ確認してから行ってください。さらに手続きに必要な書類にも違いがあるので合わせて確認してくださいね。つわりがつらいときは代理人の方も受け取れるので安心してください。

母子手帳をもらう際、他にもいろいろなものをもらえるのですが、その中に「妊婦健康診査受診票」というものがあります。これは妊婦検診の時に使いますのでなくさないようにしましょう。

母子手帳をもらったら、今後お出かけするときは持ち歩くようにしましょう。妊娠中は何があるか分かりません。母子手帳があれば妊娠中であることが分かり適切な対応をしてもらえます

流産する確率・兆候

流産は大半が妊娠12週までに起きます。心拍が確認できるまでの流産の確率は15パーセント、心拍確認後だと5パーセントと言われています。そのため心拍が確認されると安心できると思われがちですが、実は正確な情報はありません。実は流産は妊娠した人のうち10パーセント~15パーセントも起きていて、誰にでも起こりうるものなのです。では流産の兆候にはどんなものあるのでしょうか?

■流産の兆候
・突然つわりがなくなる(軽くなる)
・基礎体温が下がる
・不正出血(ダラダラ少量の場合も多量に出る場合もあります)
・腹痛
・お腹の張り
・腰痛

これらの症状は正常な状態でも起こりえます。逆にまったく症状が出ずに流産してしまうこともあります。ですから、何か気になることがあれば、すぐに病院に連絡して先生の指示を仰ぐことが賢明です。

妊娠初期の流産の主な原因は受精卵の染色体異常なので、予防することは残念ながらできません。しかしタバコを吸わない、体を冷やさないなど基本的なことに気を付けて生活するのは大切です。さらにストレスを抱え込まないことも大切です。

もし流産してしまったとしても、絶対に自分を責めないでください。先ほどお伝えしたように流産の主な原因は受精卵の方にあるからです。

日常生活における注意点

妊娠初期のこの時期にどんなことに気をつけて生活したらいいのでしょうか?例えば、

・体を冷やさない
・お酒を飲まない

お酒は胎盤を通して赤ちゃんに送られます。お酒を飲み続けると、脳の発達が遅れ、体や知能に障害がある赤ちゃんが生まれる可能性があります。

・タバコを吸わない
ニコチンの影響により流産や早産を起こしやすくなります。また低出生体重児、知能の発達や成長の遅れ、不正出血、早期破水を起こす可能性も高まります。
・生ものを食べるときは気を付ける(たくさん食べ過ぎない)
妊娠中は抵抗力が落ちているので食中毒になりやすいです。
・激しい運動をしない
・重たいものを持たない
お腹に負担がかかってしまいます。
・薬を服用するときは病院の先生に指示を仰ぐ
妊娠4週目以降は赤ちゃんの大事な器官を形成するので注意が必要です。
・葉酸や鉄分を積極的に取る
赤ちゃんの成長に欠かせません。

このように挙げるとたくさんあって、気を付けないといけないことばかりと感じてしまうかもしれません。大事なのはママがストレスを溜めないことです。そして普段の自分とは違う体の状態なので、ゆったりとした気持ちで過ごすことが大切です。

ゆったりした気持ちで過ごすことが大切

妊娠7週目の妊婦さんはエコー写真で赤ちゃんの姿や心拍を確認できて、妊娠が確定になる時期。とても幸せなときですよね。ただそれに合わせてつわりが始まったり、精神的に不安定になったりと嬉しいことばかりではないことも事実です。

まだ妊娠生活は始まったばかりです。パパや家族、周囲の人たちの力を上手に借りながら、ゆったりとした気持ちで楽しんでくださいね。ママが幸せな気持ちで過ごすことが、きっと赤ちゃんの成長に一番いいと思いますよ。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

べっきぃ

4ヶ月の娘を持つ新米ママです。妊娠、出産、子育て、何もかもが初めてで戸惑うことも沢山あります。そんな私だからこそ、背伸びしない等身大の子育て情報をお伝えできるの...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 【妊娠7週目】胎盤・胎嚢・症状・エコー写真・注意点まとめ