1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子どもの足が臭い!原因と対策は?石鹸、重曹、ミョウバンが効果的って本当?

子どもの足が臭い!原因と対策は?石鹸、重曹、ミョウバンが効果的って本当?

子どもの足が臭い!原因と対策は?石鹸、重曹、ミョウバンが効果的って本当?のタイトル画像

公園や部活から帰ってきた子どもの足からなんだか嫌な臭い!そんな経験ありませんか。まさか子どもの足が臭いなんて?いえいえ、子どもの足だからこそ、臭うのです。今回は子どもの足がなぜ臭くなるのか、原因や対策をまとめました。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015204182
目次 足が臭くなる原因
【対策1】足を清潔に保つ
①石鹸
②重曹
③ミョウバン
【対策2】靴をきれいに洗う
臭くなる前に予防する
まとめ

足が臭くなる原因

帰宅した子どもの靴から悪臭がする!そんな経験はありませんか?

大人よりも子どもの足が臭くなるのはなぜでしょうか。子どもは大人に比べて新陳代謝が良く、とても汗をかきやすいものです。特に運動靴の場合、靴下を履くこともあり靴の中の温度は高く、汗をかきやすい環境のため、とても蒸れやすい状態です。そのため、においが発生しやすくなっています。

さらに子どもは走り回ったり、大人に比べ運動量が多いですよね。運動量が多い子どもの靴の中は汗で蒸れた状態になり、汚れや皮脂などを栄養に雑菌が繁殖します。菌にとっては子どもの靴の中は絶好の環境でしょう。雑菌の繁殖によって発生する腐敗臭、それが足の臭いの原因のようです。

高温多湿、さらに履き続けることによって汚れがたまった靴の中で雑菌が繁殖し、臭いを発していると考えられます。消臭スプレーではこの臭いの根源を断つことは難しいかもしれません。次に、子どもの足から臭うこの腐敗臭を改善する方法をご紹介します。

【対策1】足を清潔に保つ

子どもの足から雑菌をなくすために、お風呂で毎日洗っていても、なかなか清潔に保つのは難しいですよね。

帰宅したらまずは靴下をぬいで、足を洗うように心がけましょう。
さらに足を清潔に保つために効果的な、3つのアイテムをご紹介します。

①石鹸

ボディーソープではなく、雑菌に対応した薬用の石鹸で足を洗うようにしましょう。ボディーソープには香料や保湿剤などが含まれています。保湿成分で足がしっとりするのでおすすめしません。また、デオドラント石鹸を使うとにおいはかなり軽減するようです。

ポイントは泡立てた薬用石鹸で「足の爪」や「足指と足指の間」をしっかり洗うようすることです。足の爪は雑菌が繁殖しやすい場所です。こまめに切るようにしましょう。また、石鹸の成分が残らないようにシャワーで洗い流すようにしましょう。

②重曹

料理や掃除などに重曹を使っている方も多いですよね。重曹は「炭酸水素ナトリウム」のことで、天然の成分のため子どもの足に使うのにも安心です。ではその重曹を使ってどのように臭いをとれば良いのでしょうか。

重曹を使った足の臭い対策の一つ「シューキーパー」。使い古しの靴下に重曹を入れ、つま先に詰めます。靴下の入り口は結んでおきます。これを靴の中に入れていくだけで、嫌なにおいを取ってくれるだけでなく、湿気も吸収してくれます。

さらに「重曹消臭スプレー」も効果的。100円ショップなどで購入できるスプレーボトルに150mlの水と重曹小さじ1杯入れよく振ります。これを直接足にスプレーしても良いですし、帰宅後の靴の中にスプレーしても消臭効果があるようです。重曹は天然成分なので赤ちゃんがいるご家庭でも安心です。

この重曹スプレーはお掃除にも大活躍します。一本常備してはいかがでしょうか。

また、臭いのついた靴下を洗濯する前に、重曹を溶かしたお湯に1時間ほどつけおきすると臭いも汚れもすっきり落ちるでしょう。小さじ1杯の重曹を加えて混ぜた足湯も効果的。足の指と指の間を念入りに洗うことで消臭効果が期待されます。

③ミョウバン

ミョウバンとは漬け物の発色を良くするのに使われる「無水硫酸カリウムアルミニウム」のことで、食品添加物の一つです。ミョウバンは水に溶けると酸性になることから、雑菌を分解したり、繁殖を抑えてくれる効果が期待できます。

また、このミョウバンを使ったミョウバン水は制汗スプレーと同等の効果があるようです。ペットボトルにミョウバン15g、水を500mlを入れよく振って一晩置きます。ミョウバンが溶けて透明な液体になったら、スプレーボトルに入れ替えて使います。

このスプレーを帰宅した子どもの足にシュッとかけましょう。

【対策2】靴をきれいに洗う

子どもはお気に入りの靴だけを毎日履きたがりますよね。重曹やミョウバンで足がきれいになっても、靴が汚れていれば本末転倒です。まずは一週間に一度は靴を丁寧に洗うようにしましょう。出来れば2足用意し交代で履くと良いでしょう。

臭くなる前に予防する

子どもの靴は小さいので洗うのも大変ですよね。しっかり洗わないと足が臭くなる原因を作ってしまいます。
洗い方ポイントは、まずすべての靴ひもやベロの部分を外します。中敷きがとれるものはすべて取り、それも一緒に洗いましょう。

たらいなどの容器に石鹸や洗剤を溶かし、砂や泥を軽く落とした靴をつけおきします。その後ブラシで丁寧に汚れを落とし、隅々まで洗いましょう。

しっかり洗ったら天日干しし、1日干したら雑菌が再付着しないよう、ドライヤーで完全に乾かします。
出来れば2〜3足の靴を使い回すことをおすすめします。

子どもの足の臭いの原因である雑菌の増殖を防ぎ、靴は定期的に洗うように心がけましょうね。

まとめ

赤ちゃんの頃は臭わなかった子どもの足。いつから臭いが気になるようになったのでしょうか。歩き始めてから数年、運動量も増え、ふと帰宅した我が子の靴や足元からの臭い。大人みたいだと思った人も多いのではないでしょうか。

今回ご紹介した対策はすべて低コストで簡単な方法ばかりです。まずは靴をちゃんと洗うところから試してみてはいかがでしょうか。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

makico♡

はじめまして。在宅ライターを始めました、makiと申します。サラリーマンの旦那さんとやんちゃな小学1年生の男の子と三人暮らし。出産前は広告制作会社などでデザイン...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子どもの足が臭い!原因と対策は?石鹸、重曹、ミョウバンが効果的って本当?