1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【離乳食前期】6ヶ月の食べ方特徴・レシピ・食べられる食材・食べられない食材・食事支援まとめ

【離乳食前期】6ヶ月の食べ方特徴・レシピ・食べられる食材・食べられない食材・食事支援まとめ

【離乳食前期】6ヶ月の食べ方特徴・レシピ・食べられる食材・食べられない食材・食事支援まとめのタイトル画像

生後6ヶ月は、離乳食をはじめる赤ちゃんがたくさんいる時期です。離乳食がはじめてのママ・赤ちゃんのためにレシピ・食材をまとめました。是非参考にしてみてくださいね。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030029802
目次 【生後6か月】離乳食中期、赤ちゃんの食べ方の特徴
離乳食の進め方
食べられる食材・食べられない食材①炭水化物
食べられる食材・食べられない食材②たんぱく質
食べられる食材・食べられない食材③野菜
食事支援のポイント
生後6カ月の離乳食おすすめレシピ3選
まとめ

【生後6か月】離乳食中期、赤ちゃんの食べ方の特徴

離乳食を始めているのに適しているといわれるのは、生後5ヶ月〜6ヶ月の間です。この間はとても個人差があり、6ヶ月以降の方が適している、という赤ちゃんもたくさんいます。昨日はご機嫌でパクパクすんなり食べくれたのにに、今日は嫌がって食べてくれない。ということもあります。

この時期の離乳食の1番の目的は「慣れさせること」にあります。どうしても離乳食を嫌がる場合は、
・お腹が減っているか
・スプーンの形があっているか
・赤ちゃんの下が哺乳反応でスプーンを押し戻していないか
といったことをよく観察してみてください。

お腹が減りすぎていても、泣きわめいて離乳食を見向きもしなくなってしまいますし、満腹すぎても同様ですから、適度な頃合いを赤ちゃんと一緒に考えていきましょう。

離乳食の進め方

■1日の目安の回数・量
1日1回、スプーン1杯から始めます。10倍粥からはじめてください。1日〜3日目はスプーン1杯、4日目〜6日目はスプーン2杯、7日目〜9日目はスプーン3杯、というように少しづつ増やしていきます。

10倍粥を始めて8日目位から野菜をスプーン1杯から、10倍粥と並行して食べさせます。野菜もご飯と同じように3日間の間スプーン1杯で慣れさせたら、次の3日間はスプーン2杯、と徐々に増やしていってください。

そして10倍粥をはじめて13日ほど経った頃、今度はとうふ・白身魚をスプーン1杯からはじめます。10倍粥・野菜と同じように3日にずつにわけて1杯増やしていきます。

■目安の固さ
飲めるほどドロドロしているヨーグルト状の、すりつぶしたもの・または裏ごししたものを用意してください。

食べられる食材・食べられない食材①炭水化物

■食べられるもの
・米
10倍粥からはじめます。

・じゃがいも
芽を取り除いて、水にさらしてアク抜きします。

・さつまいも
皮は厚めにむいて、水にさらしてアク抜きします。

■食べられないもの
塩分や糖分、脂分の多い加工食品、生物、はちみつ、カフェインの入ったもの

■アレルギーの可能性があり注意するもの
・食パン
耳は取り除きパン粥にしてください。離乳食を開始して1ヶ月頃から食べさせられます。

・うどん
・そうめん
塩分が多いので茹でた後、水にさらすようにしましょう。離乳食を開始してスタート1ヶ月頃から食べさせられます。

食べられる食材・食べられない食材②たんぱく質

タンパク質は、離乳食をはじめてから、約14日後くらいにスプーン1杯からスタートさせましょう。いろいろなものをまんべんなく食べられるといいですね。

■食べられるもの
・たい
・ひらめ
・かれい

皮と骨を取り除いて裏ごしします。

・しらす
塩分が多いので、しっかり塩抜きします。

■アレルギーの可能性があり注意するもの
・とうふ
すりつぶしか、裏ごしします。

・きなこ
とうふに慣れてからのスタートにしましょう。

食べられる食材・食べられない食材③野菜

野菜は、離乳食をはじめて8日目くらいからはじめられると望ましいですが、嫌がる場合は無理に食べさせないで様子をみてみましょう。1つの種類だけではなく、徐々に他のものもまんべんなく食べさせてみましょうね。

・キャベツ
・白菜

葉脈の部分は取り除いて、やわらかい部分を煮込みます。

・かぼちゃ
皮と種は取って潰します。

・にんじん
すりおろします。皮の近くに栄養があるので皮は薄く剥いてください。

・えだまめ
・そらまめ
・グリーンピース

やわらかく茹で、薄皮を取ってすり潰します。

・ほうれん草
・小松菜

茹でた後アク抜きをします。

・トマト
・ミニトマト
 
皮と種をとってすり潰します。

・だいこん
・だいこんの葉

やわらかく茹でて、裏ごしします。

・かぶ
皮を厚めにむいてください。

・玉ねぎ
じっくりと煮込みます。

・とうもろこし
裏ごしします。

食事支援のポイント

■食事は楽しいものだと思ってもらいましょう
ママが「どうして食べないの、こぼしてばかり」など怒ったり悲しんだりしていては赤ちゃんも食事の時間が嫌いになってしまいます。ちゃんと食べれたら「えらいね」「おいしい?」などコミュニュケーションの1つだと思って、笑顔で褒めてあげてくださいね。

■ゆっくり時間をかけましょう
すぐにぺろっと食べてしまう赤ちゃんもいれば、ゆっくり時間をかけて食べる赤ちゃんもいます。きちんと椅子に座らせるか腰が据わっていない場合はママパパが腰を支えてあげてください。とことん付き合ってあげると赤ちゃんも安心します。

■熱いものはNG
少し目を離したすきにお皿に触ってしまう場合があります。熱いものは火傷の恐れがあるので食卓に並べないでくださいね。

■割れにくい食器を選ぶ
ママパパが目を離したすきに赤ちゃんの手が触れて食器が倒れてしまったり、割ってしまったりする場合があります。なるべく割れにくいものを選んで、割れてしまった場合は破片に気をつけてください。

生後6カ月の離乳食おすすめレシピ3選

この時期の離乳食には味付けをする必要がありません。素材の味・栄養素を生かして、食べやすく裏ごし・すり潰しをしてあげましょう。

10倍粥
離乳食のはじめは、スプーンでほんの少ししか食べさせられないのにわざわざ作るのは手間ですよね。そんな時のオススメ調理法です。

■用意するもの
・耐熱容器または湯呑など
・米 小さじ1
・水 小さじ10
・大人のお米(分量外)

■作り方(炊きあがりまで約40分)

1.ママパパが食べるいつものお米の量を洗います。
2.その後、耐熱容器、または湯のみにお米をスプーン1杯入れ、さらにそこにスプーン10杯分のお水を入れて、研いだお米が入っている炊飯器の中に湯のみごと入れます。
3.これで準備終了。炊飯スタートです。
4.湯飲みの中のご飯をすりつぶしたり、こしたりして食べさせてあげてください。

■ポイント
・スイッチを押す前に、時間に余裕があれば20分ほど水にさらすと美味しいお米が炊けます。
・火傷に注意してください。

お米が炊き上がると、湯のみの中にお米は10倍粥になっていますので、ママパパが食べるお米と一緒に10倍粥が作れます。手間が省けて嬉しいですよね。

野菜

■用意するもの
・にんじん
・じゃがいも
・かぼちゃなど
・大人用のお米

■作り方(皮をむいて炊き上がりに40分ほど)
1.いつもママパパが食べるお米を研ぎます。
2.研いだお米が入った炊飯器中に皮を剥いたにんじんや、皮をむき芽をとって水にさらしてアク抜きしたじゃがいもなどを入れます。
3.炊飯スタート。
4.ホカホカで柔らかくなったにんじん・じゃがいもの出来上がりです。
5.出来上がった野菜は裏ごし・すりおろしと適した調理をして、食べやすい温度にしてから赤ちゃんに食べさせます。

■ポイント
・ブロッコリー・キャベツといろんな野菜でも試してみてくださいね。
・炊き上がりは火傷に注意して下さい。

豆腐、白身魚

■用意するもの
・水400cc
・昆布だし
・豆腐
・大人用お味噌汁の具
・大人用白身魚(鯛など)

■作り方(30分ほど)
1.お味噌汁を作るため、水と昆布だしを火にかけ、弱火で20分ほど出汁をとります。
2.1にママパパ用の具材とお豆腐を入れます。
3.2〜3分煮たら、豆腐を取り出し、すりつぶします。
4.赤ちゃん用は完成です。あとはママパパ用にお味噌を入れて、お味噌汁の完成!
5.フライパンで白身魚を両面焼きます。
6.焼きあがったら、塩コショウなどする前に赤ちゃん用に一口とりわけます。
7.骨や小骨を丁重にとり、すりつぶして赤ちゃん用は完成。
8.残りはママパパ用に味付けしてお召し上がりください。

■ポイント
・白身魚を焼くときは、火のとおりにくい皮から焼いてくださいね。
・半焼けになってしまう場合はアルミホイルを巻くと均等に焼けます。

まとめ

赤ちゃんの成長ってとても早いですよね。おっぱいを吸うことは、生きていくための本能ですが、食事をするということは「勉強」です。ママパパもはじめて、赤ちゃんもはじめてなのでうまくいかないのは当然です。大人が当たり前のようにする食事も、赤ちゃんの時に根気強く教えてくれた人がいます。

赤ちゃんのお世話でただでさえ忙しいのに、離乳食まではじまったら大変ですよね。しかし、赤ちゃんの頃の食事のしかたで人生の大半における食事の楽しみ方が違ってきますので、優しく、楽しんで食事の仕方を教えてあげてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

まどんぬ

生後4ヶ月の息子の母親です。
子供は生まれてすぐに感染症の疑いでNICUに10日間ほどお世話になっていました。
その際に、「いま、自分にできることは今後のた...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【離乳食前期】6ヶ月の食べ方特徴・レシピ・食べられる食材・食べられない食材・食事支援まとめ