1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 【離乳食中期】7ヶ月の食べ方特徴・レシピ・食べられる食材・食べられない食材・食事支援まとめ

【離乳食中期】7ヶ月の食べ方特徴・レシピ・食べられる食材・食べられない食材・食事支援まとめ

【離乳食中期】7ヶ月の食べ方特徴・レシピ・食べられる食材・食べられない食材・食事支援まとめのタイトル画像

離乳食をはじめて2ヶ月ほど経つと、赤ちゃんも食べ物をゴックンと飲み込むことが上手になってきますよね。そうなると、離乳食中期に移行できます。7ヶ月頃の食べ方の特徴やレシピ、食べられる食材や食べられない食材についてまとめました。

目次 【生後7か月】離乳食中期、赤ちゃんの食べ方の特徴
離乳食の進め方
食べられる食材・食べられない食材①炭水化物
食べられる食材・食べられない食材②たんぱく質
食べられる食材・食べられない食材③野菜・くだもの
食事支援のポイント
生後7カ月の離乳食おすすめレシピ3選
まとめ

【生後7か月】離乳食中期、赤ちゃんの食べ方の特徴

離乳食初期から2か月ほども経ち、赤ちゃんも食材の好みなど出てくるのではないでしょうか。また、よく食べる子ども、あまり食べない子どもなど、食事の興味がはっきりし始めるのもこの時期からではないでしょうか。中期の赤ちゃんの特徴に合わせて、メニュー選びをしてみてください。

■ 口の動き
一口で食べ物を上手に取り込めるようになります。一気に飲み込んでしまわない様、スプーンは5,6ヶ月の頃と同じく下唇の上においてあげます。

また、5,6ヶ月の頃には上唇は動かない赤ちゃんも、このころになると、唇を上下ともしっかり閉じて、舌を使って食べ物を飲み込みます。口をモグモグと動かして食べる様子が見られます。

■ 舌の動き
5,6ヶ月の頃は前後にしか動かせなかった舌が前後と上下に動かせるようになります。舌を上下に動かして上あごに食べ物を押し当ててつぶすことができ、唾液と混ぜて飲み込むようになります。
このころになると、おすわりが上手になる子もいます。身体が安定して、口に力も入りやすくなり、こぼすことが初期に比べて少なくなってきます。

離乳食の進め方

■ 離乳食中期に移行するタイミングはいつ頃がいい?

離乳食をはじめて2ヶ月くらいたち、少しかたさのあるペースト状のものを上手に呑み込めるようになったら、離乳食中期に入ります。
食べ物を口に入れると、唇を閉じてそのままごっくんと上手に飲み込めるようになっていれば、移行して良いでしょう。

■ 一日のスケジュールは?

離乳食の回数は1日に2回です。
5ヶ月から離乳食を開始した赤ちゃんは、6ヶ月頃から2回に移行しているかもしれませんね。日中の授乳時間のうち、1回食の時に加えてもう1回を2回目の離乳食の時間にあて、なるべく決まった時間に離乳食を食べさせるようにしていきます。

<1日のスケジュールの目安>
赤ちゃんとママが離乳食を進めやすい時間を選んでくださいね。
夜7時以降の離乳食はできるだけ避けましょう。
6:00ミルク、母乳
10:00 午前に1回目の離乳食、ミルク、母乳
14:00 午後に2回目の離乳食、ミルク、母乳
18:00 ミルク、母乳
22:00 ミルク、母乳

■ 何をどうやって与えていけばいい?

食べる量や食べられるものが増えます。献立をたてるときに、炭水化物、タンパク質、ビタミン類を含む食材をバランスよく使うように心がけましょう。食べ物の固さは、舌でつぶせるかたさが目安です。絹ごし豆腐くらいの固さをイメージして作りましょう。大きさは、みじん切りなどの小さな粒状にしたり、やわらかい食材であれば、粗くつぶしたものを食べさせます。

食べる量は赤ちゃんひとりひとりで違います。1日分の食べる量の目安は母乳やミルクが6割~7割、離乳食が3割~4割で栄養をとります。

食べられる食材・食べられない食材①炭水化物

【離乳食中期】7ヶ月の食べ方特徴・レシピ・食べられる食材・食べられない食材・食事支援まとめの画像3

炭水化物は7倍がゆであれば50g~80gを目安に、生うどんは20g、乾そうめんは10g程度を目安に作ります。

■ 食べられる食材
米、食パン、コーンフレーク(無糖)、オートミール、うどん、そうめん
じゃがいも、さといも、さつまいも
バナナ

■ 食べられない食材
スパゲッティや中華めんはまだ食べられません。

<調理例>
おかゆ … 徐々に水分量を減らし、7倍がゆへ
イモ類 … ゆでて小さな角切り
パン … 細かくほぐしてパンがゆ
麺類 … ゆでてみじん切り

食べられる食材・食べられない食材②たんぱく質

【離乳食中期】7ヶ月の食べ方特徴・レシピ・食べられる食材・食べられない食材・食事支援まとめの画像4

タンパク質の1回あたりの量は、魚または肉であれば10~15g、豆腐であれば30~40g、、乳製品であれば50~70gを目安にします。

■食べられる食材
豆腐・白身魚・きな粉・赤身の魚・ツナ・鶏肉・レバー・納豆・プレーンヨーグルト・カッテージチーズ・しらす干し

■食べられない食材
卵白、卵黄、青背の魚・豚肉・牛肉

<調理例>
鮭、まぐろ … ゆででほぐし、水分を加えるかとろみをつける
鶏ささみ肉 … 煮て軽くすりつぶし、とろみをつける
レバー … ゆでですりつぶして、のばす
豆腐 … 小さな角切りにしてゆでる
納豆 … すり鉢で粗くすりつぶす
カッテージチーズ … 裏ごしして使用
しらす干し … 塩抜きしてから水気を切り、みじん切りしてとろみをつける

食べられる食材・食べられない食材③野菜・くだもの

【離乳食中期】7ヶ月の食べ方特徴・レシピ・食べられる食材・食べられない食材・食事支援まとめの画像5

野菜・くだものは1食で20~30gを目安にします。

■ 食べられる食材
にんじん、かぶ、大根、ほうれん草、小松菜、白菜、キャベツ、レタス
豆類 ソラマメ、さやいんげん
玉ねぎ、トマト、かぼちゃ、きゅうり、なす、ブロッコリー
カリフラワー、アスパラガス、ズッキーニ、とうもろこし
りんご、いちご、みかん、メロン、キウイ

■ 食べられない食材
ピーマン、れんこん、たけのこ、セロリ、ごぼう、青じそ、青ネギ、青梗菜
アボガド、春菊、パセリ、山芋、柿、マンゴー、きのこ類

<調理例>
葉物野菜 … みじんぎりにしてとろみをつける
トマト … ゆでで粗みじん切りにする
根菜類 … やわらかくゆででみじん切りにする
フルーツ … 粗くつぶす

食事支援のポイント

7ヶ月では一人でお座りできるようになる赤ちゃんが増えますが、1人で長時間安定して座ることはまだ難しい時期です。座って食べることで疲れてしまい、うまく食べられないといったこともありますので、背もたれつきのベビーチェアなどを使用して食べさせてあげることをおすすめします。

背もたれは寝かせすぎると食べにくくなりますので、リクライニングの角度を調節して、赤ちゃんが食べやすい角度にしてあげましょう。

5,6ヶ月の時はぱくぱくと食べ進めてくれていたのに、このころになるとあまり食べなくなってしまうということもあります。離乳食のメニューを見直したり、市販のベビーフードなども使用しながら味に変化をつけてみるのもよいでしょう。

日によって食べたり、食べなかったりする場合は、母乳やミルクを先にあげると食べる場合もあります。この時期の赤ちゃんは母乳を飲まないと落ち着かないということがあるようです。お腹がすきすぎているときも離乳食のすすみが悪くなりますので、少し母乳やミルクを飲ませてから時間を空け、離乳食を食べさせるようにしてみてください。

このころの赤ちゃんは気まぐれで食べむらがあるのはよくあることです。ミルク、母乳からも栄養をとっているので、あまり食べない日でもお母さんは気にしすぎないように、離乳食をすすめていきましょう。

生後7カ月の離乳食おすすめレシピ3選

【離乳食中期】7ヶ月の食べ方特徴・レシピ・食べられる食材・食べられない食材・食事支援まとめの画像7

■鶏ささみ肉のシチュー

<材料>
鶏ささみ肉 1/5本
玉ねぎ 3~4mm くしがた切り1枚
じゃがいも 輪切り1個
にんじん 輪切り1個
粉ミルク 大さじ3(湯で溶いたもの)
水溶き片栗粉 少々

<作り方>
① 鶏ささみ肉はゆでてから、すり鉢で滑らかにすりつぶす
② 玉ねぎ、じゃがいも、にんじんはやわらかくゆでて3mm幅の角切りにする。
③ 小鍋に①、②、ミルクを入れてひと煮立ちさせ、水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。


■ヨーグルトバナナ

<材料>
バナナ 2㎝輪切り
ヨーグルト(プレーン) 小さじ1

<作り方>
① バナナはフォークの背などでつぶして、器に盛る
② ①にヨーグルトをかける。

赤ちゃんが大好きな味です!


■パングラタン

<材料>
食パン(サンドイッチ用か8枚切り) 1/2枚
玉ねぎ 3mm幅のくし形切り1枚
粉ミルク 大さじ3(湯で溶いたもの)

<作り方>
① 食パンは粗くちぎる。
② 玉ねぎはやわらかくゆでで角切りにする。
③ 耐熱容器に粉ミルクを入れ、食パンを浸す。
④ 玉ねぎを加え、オーブントースターで約3分焼く

赤ちゃんにあげる時は冷ましてからあげましょう!

まとめ

【離乳食中期】7ヶ月の食べ方特徴・レシピ・食べられる食材・食べられない食材・食事支援まとめの画像8

唇を閉じてゴックンと飲み込むことが上手になったら、少しずつ粒状のものを食べられるように練習していきましょう。

舌で上あごに食べ物を押し当て、つぶす練習をしていきたい時期です。この時期の離乳食をゴックンと丸飲みしてしまうような様子があれば、「おいしいね」「ゆっくり食べようね」、と声掛けもしていきましょう。

離乳食の中だるみの時期もくることもあるかもしれませんが、メニューがマンネリ化しているようであれば市販のベビーフードを使うのもおすすめです。赤ちゃんとの離乳食タイムを無理なく楽しめるよう、応援しています!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

はるゆり

生まれと育ちは北海道。生粋の道産子が都内在住。
2歳男の子と0歳女の子の母です。
本業は塾講師ですが、現在お休み中です。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 【離乳食中期】7ヶ月の食べ方特徴・レシピ・食べられる食材・食べられない食材・食事支援まとめ