1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. カバサールとは?効果・飲み方・副作用・注意点まとめ。断乳は必要?

カバサールとは?効果・飲み方・副作用・注意点まとめ。断乳は必要?

カバサールとは?効果・飲み方・副作用・注意点まとめ。断乳は必要?のタイトル画像

カバサールというお薬を知っていますか?不妊治療を受けていて高プロラクチン血症と診断され、服用されている方もいらっしゃると思います。自分が服用しているお薬の事は、きちんと知っておきたいですよね。服用中の副作用や効果を知り、よりよく治療を進めていきましょう。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28174010310
目次 カバサールってどんな薬?
カバサールの効果
カバサールの副作用
カバサールの服用方法
カバサールを使うときは断乳が必要?
まとめ

カバサールってどんな薬?

カバサールは、主にパーキンソン病の治療薬として使用されています。パーキンソン病の治療では、非麦角製剤による治療が困難と判断される人に対して、この錠剤が用いられます。また、不妊の原因の中に高プロラクチン血症があります。この高プロラクチン血症の治療として、カバサールの服用が多く用いられます。

カバサールは、プロラクチンの過剰分泌を抑える効果があり、服用の頻度や錠剤の数は薬との相性やプロラクチンの分泌レベルに合わせての処方になります。

■高プロラクチン血症とは?
簡単に説明すると、妊娠していないのに母乳がでるような体質になってしまっているという状態のことです。プロラクチンとは、母乳を作り出すホルモンの一種です。それが何らかの原因で、脳から過剰に分泌されている状態が高プロラクチン血症です。

なぜ、プロラクチンの数値が高いことが不妊に繋がるのでしょう?そこには、女性の体が非常によく出来ているというのが原因なのです 。プロラクチンが過剰に分泌されると、脳内からの命令で体内では、こんな事が起こっています。

・プロラクチンが大量分泌
・母乳を作ろうとする
・妊娠していると体は勘違い
・排卵を抑制し妊娠しないように働きかける

その結果、妊娠しずらい体質になってしまいます。排卵の抑制だけではなく、着床しづらい、習慣性流産の原因にもなります。授乳中は、生理が止まったりするのもプロラクチンが大量に分泌されているからなのです。そこで、治療の一つとしてプロラクチンを抑制するカバサールの服用が用いられます。

カバサールの効果

パーキンソン病や高プロラクチン血症の治療で用いられる、カバサールはどんな効果があるのでしょう?

カバサールを服用すると、脳内の神経伝達物質であるドーパミンのD2受容体を刺激します。サバールがドーパミンの代わりに作用するという特性を活かして、人工的にドーパミンの量を増やしてプロラクチンの分泌量をコントロールするのです。そのことにより、下記の効果みられます。

■パーキンソン病の効果
パーキンソン病特有の症状である手や足の震え、筋肉の硬直、動作が遅くなる症状、外科的治療を必要としない下垂体腺腫の症状、歩行障害などを改善します。

■高プロラクチン血症
血液中のプロラクチンの分泌を抑制し、乳汁分泌や排卵障害などの生理機能に関係するホルモンバランスを整えます。この乳汁分泌の抑制の他、プロラクチンの分泌異常が原因の排卵機能改善がみられます。

よって、不妊症の原因となる、排卵障害、生理不順、着床、習慣性流産などの改善効果がみられます。高プロラクチン血症の患者さんの7割に効果が出ると、臨床試験での結果も報告されています。

医療用医薬品 : カバサール - KEGG

カバサールの副作用

薬を服用する際、一番気になるのは「副作用」ですよね。個人差はありますがどんな副作用があるかを知り、お薬との相性を判断しましょう。また、副作用に上手に対処していきながら治療を進めていきたいですよね。カバサールには、どんな副作用、その対処法についてまとめていきます。

・吐き気、嘔吐、食欲不振、胃の不快感、便秘などの胃腸症状
これは多くの方にみられます。その際、吐き気止め・便秘薬で改善がみられるケースが多いです。長期に続くようなら医師に相談するのがよいでしょう。

・めまいや立ちくらみ、眠気など
立ちくらみは、飲み始めに起こりやすいとされています。症状がみられる場合は、服用後ゆっくり立ち上がる事やしばらく休憩をするなどして、転倒や事故などが起きないように気を付けましょう。

・浮腫、発疹、かゆみ、ほてりなど
ホルモンの抑制などで、ほてりが生じる場合があります。冷やしすぎず、上手な体温調節の心がけましょう。また、かゆみや発疹は薬に対してのアレルギー症状の疑いもあるので、必ず医師に相談しましょう。

・心臓弁膜症、間質性肺炎、各種の線維症、心臓や肺、胸部などに病変
発症事例は少数ですが、もともとそのような病歴がある方やパーキンソン病の治療で長期に渡り大量に服用した場合などに発症するケースがあります。病歴がある方は、処方時に医師にキチンと病歴を相談し専門医と並行しながらの治療をしていきましょう。

・幻覚、妄想など
副作用には、精神症状が現れる方もいらっしゃいます。高齢の人にでやすい症状です。ご家族や周りの方にサポートしてもらいながら。注意を払いましょう。また、重症化する際には必ず医師に相談しましょう。

・悪性症候群
原因不明の高熱や意識障害、痙攣をおこす重い副作用です。症状を確認したら速やかに病院で検査してもらいましょう。

カバサールの服用方法

お薬の服用方法で、効果や副作用の出方が変わってきてしまいます。正しい服用方法で、効果的に安全にお薬と付き合っていきましょう。

カバサールは、副作用が重度・軽度個人差はありますがわりと多くの方にみられることから基本、少量からのスタートになります。副作用が出た場合、医師と相談しながら処方の量を決めていきます。また高プロラクチン血症の場合、プロラクチンの数値により量や服用間隔がことなります。

基本的には、週間に1回(同一曜日)、1錠(0.25mg)、就寝前に服用することからスタートします。就寝前に飲む事により副作用が軽減される効果がみられます。また、副作用により眠気による事故などもふせぐことができます。

そこから、少なくとも2週間以上の様子を医師と相談しながら、回量を1錠(0.25mg)ずつ増やしていきます。1回の量としては、4錠までと定められています。

もし、飲み忘れてしまったら(高プロラクチン血症の場合)気がついた時にできるだけ早く飲んでください。注意したいのは、次週に飲むときは飲み忘れて飲んだ日と同じ曜日に飲んでください。

絶対に2回分を一度に飲んではいけません!!

例えば...

・毎週月曜日に服用と医師から処方
・月曜日に飲み忘れ、気づいたのが木曜日。その日に必ず飲む。
・次の週の木曜日に服用する。

服用の間隔が短いと、体内にお薬が残っている場合があるので効きすぎて副作用が重くなってしまう場合があります。もし、忘れてしまいそうであればスケジュールのアラーム機能を設定したり目に留まりやすい場所に置いとくという工夫をするといいかもしれませんね。

※服用量は病気により、また症状により異なりますので、医師の指示どおりにしてください。

カバサールを使うときは断乳が必要?

授乳中のお薬は、すごく気になりますよね。赤ちゃんやママの体の為にも、服用がいいか悪いかはキチンと知っておきましょう。カバサールの服用するときは断乳するべきなのか。

答えは、断乳するべきです。授乳中のママがカバサールを服用すると、乳汁分泌を抑える働きをするので、母乳のでが悪くなり赤ちゃんへの悪影響も考えられるので必ず断乳してからカバサールを飲んでください。

ただ、母乳が出よすぎて乳房全体に激しい痛みや発熱がある場合は医師と相談し、服用しながら授乳するケースもあります。逆にカバサールを服用することにより、母乳の出をおさえてくれるので断乳を希望するさい処方するケースもあります。

ただ、服用したからと言ってすぐに母乳が止まるわけではなく、個人差もあり3日~数週間で止まるという方法です。

まとめ

カバサールは、副作用がみられるケースが多い薬ですので必ず医師の指示通りに服用しましょう。また、不妊治療には欠かせないお薬でよね。

治療の際、上手にお薬と付き合って精神的にも肉体的にも負担にならないよう無理せず進めていきましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

不妊治療 不妊症 妊活・不妊 病気・怪我・健康

この記事を書いた人

いっちー

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. カバサールとは?効果・飲み方・副作用・注意点まとめ。断乳は必要?