1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【臨月】すぐ解消したい妊婦の便秘!原因・対策・予防法まとめ

【臨月】すぐ解消したい妊婦の便秘!原因・対策・予防法まとめ

【臨月】すぐ解消したい妊婦の便秘!原因・対策・予防法まとめのタイトル画像

臨月になると、何故か便秘になりやすくなります。今まで便秘を経験したことのないママでさえ、なる事もあります。そんな便秘で悩む臨月になった妊婦の方に原因や対策、予防法をご紹介します。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030031746
目次 臨月、便秘になりやすい原因
臨月の便秘と便秘に伴う症状
臨月の便秘、解消法
臨月の便秘、予防法
臨月の便秘、リスク・危険性
便秘の出産への影響
まとめ

臨月、便秘になりやすい原因

■運動不足
お腹が大きくなると、身体が思うように動かなくなります。運動をしたくてもなかなかできなくなり、しまいには運動不足になってしまいます。その結果、運動により働いていた腸の動きが遅くなり便秘になりやすくなります。

■腸への圧迫
臨月になると、お腹の赤ちゃんは大きくなっていますね。その大きくなった赤ちゃんがだんだんと腸を圧迫し、排便しづらい状態にしてしまいます。そしてその結果、便秘になりやすくなってしまいます。

■食生活の偏り
臨月になるとつわりもなくなるママが多く、ついつい食べ過ぎてしまいます。また、出産してからは育児で忙しくなるから今のうちに外食しとこうと思ったりして色々な物を食べ、偏食してしまいます。以前の規則正しい食生活で摂っていた食物繊維などの腸にいい栄養を摂取しなくなり、ファーストフードやお菓子ばかり食べているとその偏食が原因で便秘になりやすい身体になってしまいます。

臨月の便秘と便秘に伴う症状

■肌荒れ
便秘になると、不要な老廃物などが身体に残ってしまいます。そしてその老廃物は毒素となり、身体に吸収されてしまいます。
吸収される事により、顔にニキビや吹き出物などの肌トラブルがでてしまいます。

■イライラしやすい
妊娠中はホルモンバランスの乱れがよく目立ち、精神的にも不安定になりやすくなります。そんな中で便秘により身体の不調で余計に大したことのないようなことでもイライラしてしまう場合があります。イライラすることにより、集中力も落ちてしまう場合もあります。

■腹痛が起こりやすい
便秘により、体内ではガスが通常時よりも溜まってしまいます。そしてそれにより腹痛を伴う事があります。ただ、その腹痛をお腹の赤ちゃんに異常があったと勘違いしてしまうケースもしばしば。また臨月にもなると、この腹痛が起こり、陣痛と思い込んでしまい病院に急いでしまったママもいます。

■痔になりやすい
便秘になってしまうと、排出の時に硬い排泄物がでます。それにより、肛門が切れたりなどのトラブルが起こりやすくなります。そして、また排出する際にその傷が原因で痛みを感じ、出したくても思うように出せなくなり便秘を繰り返してしまいます。

臨月の便秘、解消法

■適度な運動
便秘を解消するには便秘の原因でもある運動不足を解消する事です。適度な運動により、腸の働きが促進され便秘解消につながります。
激しい運動はお腹の赤ちゃんに良くありませんので、歩くだけでも大丈夫です。

■食生活の改善
こちらも便秘の原因の一つ、食生活の偏りを解消する事で便秘解消につながります。まずは、腸の働きを促進してくれる、食物繊維が豊富な食材を良く食べましょう。そして習慣的にヨーグルトなどの乳酸菌が良く入った食材を食べましょう。そうする事により、毎日腸は快調になります。

■水分をよくとる
体内の水分が不足すると、自然と便も硬くなってしまい便秘になってしまいます。それを解消するには水分を良くとる事です。

■湯船に浸かる
ついつい、シャワーのみでお風呂を済ましがちですが便秘で悩んでいる妊婦さんはきちんと湯船につかりましょう。身体を温める事により腸の動きを促進させ、便秘解消を促します。また、妊婦さんにとって冷えは大敵ですので同時に冷え性対策もできますね。

■マッサージ
身体の内側からだけではなく、外側からも便秘を解消させる方法があり、それがマッサージです。便秘を解消させるマッサージの方法として、まず下腹部に手を当てます。その手を「の」の字を書く様に手を動かしましょう。それを数十回続けます。この時、お腹が大きくて仰向けになれなくても大丈夫です。座ったままで、あまり力を入れすぎずマッサージしましょう。

臨月の便秘、予防法

■腸にいいものを習慣的に食べる
本来、日本人のご飯はとても健康的で身体にいいものばかりです。ですが近年食生活の欧米化が進み、知らずのうちに便秘になりやすい身体になっています。そこで毎日かかさず1日1回は食べてもらいたいのが食物繊維の豊富な食材、オリゴ糖の豊富な食材です。まず食物繊維の豊富な食材はゴボウなどの根野菜が有名ですが、簡単に摂取できるとして、グラノーラなども有名ですね。毎朝だけでも手軽に食べれるグラノーラは便秘解消もってこいです。そしてオリゴ糖が豊富な食材で納豆がとても有名です。いつものご飯に納豆を足すだけなのでお手軽です。

■消化の良いものを食べる
少しでも腸に負担をかけないことにより腸の動きを遅らせず、便秘になりにくい身体を作ります。

■身体を冷やさない
身体を冷やしてしまうと腸が弱くなり、便秘になります。日頃から靴下を履いたり、腹巻をしたりして、習慣的に身体を冷やさないようにしましょう。

■起きたらコップ一杯の水をを飲む
この方法をすると、便秘で硬い便も柔らかくなります。便が柔らかくなることで痔などの肛門のトラブルを回避できます。肛門へのトラブルがないことで毎日排便する習慣がつき、便秘予防になります。

臨月の便秘、リスク・危険性

臨月になった妊婦ママさんで便秘に悩んでいる場合、いくつかのリスクがあります。例えば、お腹が痛くなりトイレに入ったもののなかなか便が出ずいきんでしまう事もあります。そのいきんだ事によりお腹の赤ちゃんが苦しいのではと思うママも少なくはありません。
ですが、いきむことにより、赤ちゃんは苦しくなる事はありませんので心配しなくて大丈夫です。

ただ、ここで注意してほしいのが子宮口が開いていない状態の場合のみいきんでも大丈夫です。臨月になると、いつ子宮口が開くのかわかりません。子宮口が開いている状態でいきんでしまうと、破水してしまいお腹の中の赤ちゃんに危険が及ぶ可能性があります。
また、子宮口が開いていない状態でもいきむときに注意が必要です。注意点として、長時間いきむのは避けましょう。

長時間いきむことにより、血圧が上がり子宮収縮を起こしてしまう場合もあります。それと同時に長時間のいきみは痔になりやすいと言われています。痔になってしまうと、座る時に激痛を伴います。臨月の妊婦ママの1日の大半は安静にしないといけない中で、激痛のせいで座れなくなるのはとても辛いのです。

このことから、妊娠中の便秘の中で一番、臨月の時期になる便秘が危険と言われています。
このリスクをさけるにはご紹介した様な便秘に効く解消方や日頃からしておく予防法を行わなければいけません。行うことで便秘にならず、お腹の赤ちゃんを守れるのです。

便秘の出産への影響

妊娠中に便秘に悩まされるようになり、解消法をやろうとした矢先に陣痛が始まり便秘の状態のまま出産したというママも少なくはありません。必ずしも妊娠中の便秘のままでの出産が危険という訳ではないのです。実際、妊娠中に便秘で悩んでいた状態でそのまま出産したけど、ママの身体も異常なく赤ちゃんも元気で育っているご家庭もいます。ですが、決して妊娠中の便秘が出産時のトラブルにならない訳ではありません。

例えば、便秘による原因で腹痛を起こした場合、初産のママにとってどの腹痛が陣痛なのかわかりません。万が一、陣痛による痛みなのに、便秘による腹痛と勘違いしてしまい安心して放置していると、お腹の中の赤ちゃんに危険が及ぶ可能性もあります。
また、便秘のままの状態での出産のリスクとして微弱陣痛があげられています。微弱陣痛とは陣痛がきたものの、その後陣痛が弱まりあまり強くならないまま時間だけが超過して分娩に進むことができない症状です。

この微弱陣痛の状態が続くと、赤ちゃんにとってあまりいい状態ではありません。また母体にとっても疲労だけが残り、つらい出産になってしまう可能性もあります。便秘が原因で微弱陣痛になる理由の一つとして、腸の中に便が溜まってしまい、それがお腹の赤ちゃんを圧迫してしまいます。それが微弱陣痛になるおもな原因といわれています。

こうした事からできるだけお産の際のリスクは避けるように臨月で便秘になっても出産までには解消させることを医師はオススメしています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。臨月の便秘は妊娠中になる便秘の中で様々な危険やリスクを伴います。臨月になって初めて便秘になってしまったママもそうでないママも出産時に便秘の状態のままは避けるようにしましょう。

ご紹介した解消法や予防法を参考に便秘を直したり予防したりしてお腹の赤ちゃんを守ってあげましょうね。もちろん、対策する事でママ自身の身体も健康的になり、安心してお産に挑めます。残り少ないマタニティライフを楽しんでお過ごし下さいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠 妊娠後期(8ヵ月以降) 臨月

この記事を書いた人

マシュマロママ

初めまして!現在8ヶ月の男の子の子育てで奮闘中ですが毎日楽しく生活しています!
妊娠や育児でお悩みの方の為になる事をお伝えしたいと思います♪
よろしくお願い...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【臨月】すぐ解消したい妊婦の便秘!原因・対策・予防法まとめ