1. >
  2. >
  3. >
  4. 新鮮胚移植とは?スケージュール・着床率・妊娠判定・注意点まとめ

新鮮胚移植とは?スケージュール・着床率・妊娠判定・注意点まとめ

新鮮胚移植とは?スケージュール・着床率・妊娠判定・注意点まとめのタイトル画像

不妊治療のひとつとして新鮮胚移植というものがあります。これは体外受精した受精卵をそのまま子宮の中に移植する治療法です。ほかにも受精卵を凍らせてから移植する凍結胚移植というものもあります。この二つでは着床率などに違いはあるのでしょうか?今回は新鮮胚移植について詳しくみていきましょう。

目次 新鮮胚移植とは?
新鮮胚移植の着床・妊娠率はどのくらい?普通の胚移植・凍結胚移植とどのくらい違うの?
新鮮胚移植の方法
新鮮胚移植のスケジュール
新鮮胚移植で不妊治療!いつ妊娠判定がでる?フライングでも陽性?
新鮮胚移植での注意点
まとめ

新鮮胚移植とは?

新鮮胚移植とは?スケージュール・着床率・妊娠判定・注意点まとめの画像1

新鮮胚移植とは、採卵から胚移植までを行う方法で、不妊治療の一つです。

「新鮮胚」と言われているのは、生理周期にあわせて採卵を行い、その後精子とあわせて受精卵を作りますが、凍結胚移植のように胚を凍結させることなく、子宮に移植するためです。

最近は、多胎妊娠や母体、子宮の状態に合わせて移植ができ、着床や妊娠率が凍結胚移植の方が高いので、新鮮胚移植を行うケースは少なくなっているようですが、さまざまな条件などを考慮して、新鮮胚移植が行われてるいます。

新鮮胚移植は、凍結をしていないので、細胞が元気な状態で移植できる、というメリットもあり母体や子宮の状態が良ければ、新鮮胚移植を選択する場合もあります。

しかし、採卵によって卵巣過剰刺激症候群の発症や子宮内膜の厚さなどを考慮すると、採卵を行って数日で胚を移植するよりも、卵巣過剰刺激症候群によってダメージを受けた子宮の回復を待って移植した方が、着床や妊娠率が向上するので、「凍結胚移植」を選択する方がよいとしている場合もあります。

胚が数個あって、新鮮胚移植をする場合は、1つを子宮に移植して残りを凍結して保存できるので、新鮮胚移植が上手くいかなかったとしても、次の機会を設けられます。

新鮮胚移植の着床・妊娠率はどのくらい?普通の胚移植・凍結胚移植とどのくらい違うの?

新鮮胚移植とは?スケージュール・着床率・妊娠判定・注意点まとめの画像2

新鮮胚移植の着床・妊娠率については、凍結胚移植の方がよいと言えるようです。

新鮮胚移植よりも凍結胚移植の方が着床率が高く、また胚の状態によっても着床・妊娠率が異なり、初期胚よりも胚盤胞まで培養した胚の方が着床・妊娠率が高くなるとしています。新鮮胚移植の場合、受精卵を2,3日培養させた初期胚を移植するケースが多く、そのために着床・妊娠率が低くなっている原因とも言えるかも知れません。

そのほかにも、採卵を終えて数日で移植を行うので、卵巣が腫れていたり、子宮内膜が薄いために着床率が下がる、と言う可能性もあるようです。

臨床成績「セントマザー病院」

新鮮胚移植の方法

新鮮胚移植とは?スケージュール・着床率・妊娠判定・注意点まとめの画像3

新鮮胚移植の方法は、採取した卵子と精子を合わせて、受精卵を作って数日培養をして子宮に戻します。

新鮮胚移植の場合は、胚(受精卵や卵子)の凍結保存を行わないので、2,3日培養し分割胚ができたところで子宮に移植を行います。より着床・妊娠率を上げたい場合は、5日間ほど培養して胚盤胞まで成長させてから子宮に移植する場合もあります。

妊娠が成立すると言うことは、卵子と精子の受精卵がしっかりとできることと子宮に着床して、その後も受精卵が成長を続けて胎児になることです。

新鮮胚移植では、採取した卵子と精子で受精卵を作り、子宮に移植するまでなので、その後の着床や受精卵の成長は、受精卵の生命力と子宮の状態が左右されます。

体外受精において、1回あたりの胚移植の妊娠成功率は日本での平均は23%と言われており、可能性としては低いですが、新鮮胚移植で上手くいかなくても、二段階胚移植や凍結胚移植などの方法もあります。

新鮮胚移植のスケジュール

新鮮胚移植とは?スケージュール・着床率・妊娠判定・注意点まとめの画像4

新鮮胚移植のスケジュールは、採卵を行い、精子と合わせて受精卵を作り、2,3日培養してから子宮に移植します。

採卵を行うために、生理が開始してから2,3日たったら、排卵誘発剤を使って通常1つしか取れない卵子を数個採取できるように誘発剤を使用します。また、基礎体温を測り高温期を維持するための薬を服用して、低体温と高体温を明確にする治療が行ってから、排卵誘発剤を使って採卵の準備を4,5日掛け備える場合もあります。

排卵誘発剤を使ったあと5,6日たってから、ホルモン検査やエコー検査をして採卵の準備を行います。採卵を行ったら、精子と合わせて培養して、初期胚を移植する場合は2,3日後に子宮に移植することになり、胚盤胞を移植する場合は4,5日後に移植することになります。

胚移植をする時は胚を培養して初期胚か胚盤胞のどちらを移植するかによって、移植する予定日が変わりますが、胚盤胞を移植した方が妊娠率が高いようです。

方法と手順「医療法人北優会 北原レディースクリニック」

新鮮胚移植で不妊治療!いつ妊娠判定がでる?フライングでも陽性?

新鮮胚移植とは?スケージュール・着床率・妊娠判定・注意点まとめの画像5

新鮮胚移植後の妊娠判定は、移植後およそ2週間後に医師による判定が行われる場合が多いようです。

不妊治療を行っていると、妊娠したかそうではないか、とてもきになるところです。ましてや、新鮮胚移植をした後なら、余計に成功したかとても気になるでしょう。

新鮮胚移植をした場合、着床が確認できるのが3~5日には確認できるそうですが、確実な妊娠の判定はおよそ2週間後なので、移植して2週間後が病院での判定日になっていることが多いようです。

通常の妊娠でも、排卵してから3~5日で着床するので、体の異変を感じて市販の妊娠検査器で検査をした結果、陽性だったということもあり、新鮮胚移植の場合も同じことが言えます。

移植をした後、市販の妊娠検査器などで自分で判定をしてしまう方もいるようですが、移植後7~10日の間に妊娠検査器を使って陽性だったとしても、妊娠判定は医師が診断して確定するものなので、フライングで検査を行った結果を信じすぎないようにしましょう。

新鮮胚移植での注意点

新鮮胚移植とは?スケージュール・着床率・妊娠判定・注意点まとめの画像6

新鮮胚移植を行った後の注意点は、特にないようです。

移植を行ったあと、移植した胚が流れ落ちてしまうのではないか、と思って安静にしている方がいますが、通常の日常性を送っても、胚が流れ落ちてしまうことはありません

しかし、妊娠の可能性があるので、喫煙やアルコールの摂取は中止し、激しい運動や振動が強い乗り物は避けるなどの注意は必要になります。

新鮮胚移植を行う前は、できるだけストレスを少なくして、リラックスして過ごせるようにした方がよい状態で、採卵や移植に臨むことができるでしょう。

それでなくても、採卵や移植には体に負担がかかりますし、緊張や不安も付きまとうでしょう。ですから、新鮮胚移植のスケジュールが決まったら、緊張をほぐし、不安や心配なことは主治医に質問して解消しておくとよいでしょう。

新鮮胚移植後は、体調に合わせて体を休めて、数日経てば通常の生活を行っても何も問題がないので、あまり神経質にならずに過ごすようにしましょう。

まとめ

新鮮胚移植とは?スケージュール・着床率・妊娠判定・注意点まとめの画像7

新鮮胚移植を実施する医療機関は、徐々に減ってきており、凍結胚移植が主流になりつつあるようですが、母体の体調や年齢、子宮の状態などによって、行われている不妊治療ですから、何も知らないよりは知っている方がよいでしょう。

赤ちゃんが欲しいのに、できない。という状態はとても辛い状況ではありますが、いろいろな不妊治療が確率されていて、その成功率も上がっているものもあるので諦めずに不妊治療に臨んでくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事に関するキーワード

妊活・不妊 不妊症 妊活

この記事を書いた人

つかもん

40代の主婦です。
すでに、忙しい育児の時期は終わり、上は21歳、下は14歳の子供がいますが、上の子はすでに独立して、子供が降りますので私は、バァバなんです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 新鮮胚移植とは?スケージュール・着床率・妊娠判定・注意点まとめ