1. >
  2. >
  3. >
  4. 沐浴はいつまで?ベビーバス卒業の時期・方法・注意点まとめ

沐浴はいつまで?ベビーバス卒業の時期・方法・注意点まとめ

沐浴はいつまで?ベビーバス卒業の時期・方法・注意点まとめのタイトル画像

沐浴での洗い方にも慣れてきて、そろそろ一緒に入りたいなぁなんて思うことも。でも、いつから一緒にお風呂に入れるの?スキンケアの仕方や注意点、ママやパパはどのタイミングで身体を洗うのか、など気になることをまとめてみました。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030000317
目次 沐浴の卒業はいつ頃がおすすめ?
沐浴卒業の方法
お風呂、スキンケアを始める時期
お風呂デビューの方法
赤ちゃんスキンケアの仕方
沐浴を卒業する注意点
まとめ

沐浴の卒業はいつ頃がおすすめ?

最初は抵抗力が弱く感染予防の為、沐浴で済ませてきたお風呂ですが、いつ卒業したらいいのでしょうか?

1ヶ月検診の時に先生から「お風呂に入ってもいいですよー」と言われることが多いです。それを合図に赤ちゃんの体調を見ながらお風呂デビューさせていきましょう。

1ヶ月から入れる方もいますが、5ヶ月頃まで沐浴で済ます方もいます。どちらでも問題はありませんが、だんだんと手足をバタバタ、活発になってきますので手の中ではおさまらなくなってきます。手首が腱鞘炎になっても大変なのでパパに協力してもらうなどしてお風呂デビューしていけるといいですね。

沐浴卒業の方法

沐浴を始めるようになったと同時にへその緒の消毒も一緒にしていきますが、まだとれていなかったり、治療中の場合はお風呂ではなく今まで通り沐浴をしてあげましょう。

また、1ヶ月から入れてみたけど泣いて嫌がるのであれば沐浴を続け1週間に1、2回はお風呂にして慣れさせてあげるのがいいでしょう。次はスキンケアの始める時期などを見ていきます。

お風呂、スキンケアを始める時期

乳児は3ヶ月ぐらいまでは、豊富な皮脂の分泌が多い時期です。乾燥があるところ以外は敢えてスキンケアはしなくても大丈夫です。 3ヶ月以降は、肌の変化により乾燥も多くなると思いますので、低刺激で保湿性のあるクリームなどを塗るようにしてください。

また、乳児湿疹もでてくる時期でもあります。皮膚の状態を見ながら保湿はしっかりしてあげてください。次はお風呂での洗い方などを見ていきます。

お風呂デビューの方法

いよいよお風呂デビューです。入る前に準備をしておくこと。洗い方などを見てみましょう。

■入れる時間
寝る少し前7時頃がおすすめです。お風呂に入って体が温まり、少しウゴウゴしたあとミルクをもらって寝に入るという流れが出来るといいですね。これはライフスタイルにより変わると思いますので、ムリのない程度で調節してみてください。一人で大変なようでしたら、日中の温かい時間帯にいれてしまうのもおすすめです。

■お風呂に入れる前にしておくこと
沐浴の時にもしていた、洗う石鹸、ガーゼを準備します。お風呂から出たあと寒くないよう冬場なら部屋の温度管理をしておきます。

赤ちゃんがすぐ着替えができるよう服のセットも準備しておきましょう。

■入浴の仕方
縦向きに抱っこをし首をささえながら、ゆっくりと入りましょう。対面抱っこをしてお腹にガーゼをかけてその上からお湯を優しくかけてあげましょう。

耳や足などを触ってスキンシップをとり楽しいなーと思ってもらえるようにしてあげましょう。赤ちゃんはのぼせやすいので長湯はせず、お湯の中は3分ほどで大丈夫です。

■身体の洗い方
お母さんのひざの上に置き、沐浴で洗っていた時のようにまんべんなく洗っていきます。石鹸はしっかりと泡立て、ガーゼでもいいですし自分の手で洗ってあげましょう。

■お風呂から出るとき
しっかりとバスタオルでくるんであげ置いてる間にお母さんの体を手早く拭き服を着てください。そのあと、用意していた保湿クリームなどでスキンケアをしてあげ、服をきせてあげましょう。

■あれ?ママはいつ洗えばいいの?
ママはゆっくりお風呂に入るということができないので、最初のうちは改めて(赤ちゃんが寝ている時など)入るか赤ちゃんを浴室の外に待機(バスタオルでくるんでおく)させておき、その間にすばやく洗ってしまってから赤ちゃんを入れるなどしていきましょう。

徐々にベビーチェアなどを活用できるようになりますので、それまでは頑張ってくださいね。

一人での入浴方法を紹介していきましたが、パパとも協力できるのであればお風呂に入れてあげるのがパパで、ママがお風呂から出てくる赤ちゃんを受け取るといった方法もあります。パパにもしっかり入浴方法を勉強してもらいお風呂はパパの役目にしていきましょう。

次はスキンケアの仕方についてみていきます。

赤ちゃんスキンケアの仕方

赤ちゃんの皮膚は大人の半分ほどの薄さです。なのに毛穴は大人並みにあります。だから汗もよくかきますし、汚れもたくさんたまります。デリケートな肌と向き合うため、どのようなスキンケア方法があるのかみてみしょう。

■3ヶ月頃までの赤ちゃん
皮脂の分泌が活発の為、クリームなどは塗らなくても大丈夫ですが、乾燥が気になる顔などは様子を見ながら塗ってあげてください。

■4ヶ月頃からの赤ちゃん
入浴後、朝、顔を拭いた後、着替えの時、オムツをかえる時などに保湿クリームを塗ってあげましょう。クリームやオイル、ローションやジェル、乳液と色々とタイプがありますので、塗りやすいものを使ってください。

塗り方は直接体に垂らすのではなく、自分の手で少しのばして塗っていきましょう。優しく塗るのはもちろんですが、塗りながら「おしり塗りますよ~」「足をヌリヌリしますね~」などと声をかけてあげると赤ちゃんもリラックスしてくれるでしょう。

また、塗り忘れが多い箇所として、耳の後ろ、首、脇の下、股、手首や足首があります。長時間お出かけする日には携帯用のクリームを持っていくようにしましょう。

沐浴を卒業する注意点

この日までにお風呂にしなくちゃいけないということはありません。満足するまで沐浴を続けてください。 沐浴の時にはまだ上手に手足も動かせない赤ちゃん。ママの手の中でおとなしくしていますが、だんだん手足も動かすようになり、バタバタと動くことも多くなると思います。

お風呂には口に入れると危ない物は置いておかないように。浴室は広いので赤ちゃんには寒いかもしれません。お風呂を入れてから少し時間を置いて入ってあげるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

まだまだ刺激に弱い赤ちゃんです。汚れもしっかり落としてあげ、冬場は特に乾燥には注意したほうがよさそうですね。慣れないうちはアタフタしてしまいがちですが、新たなスキンシップの場が増えるので楽しんでいきましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

amie

現在2人の男の子をもつ2児のママです。

仕事を退職し、子育て奮闘中です。

テレビや新聞では暗いニュースが多い中、子供の成長を願いつつ
顔が見えなく...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 沐浴はいつまで?ベビーバス卒業の時期・方法・注意点まとめ