1. >
  2. >
  3. >
  4. 子宮内膜症はピルで治せる?種類・効果・副作用・服用方法・費用まとめ

子宮内膜症はピルで治せる?種類・効果・副作用・服用方法・費用まとめ

子宮内膜症はピルで治せる?種類・効果・副作用・服用方法・費用まとめのタイトル画像

妊娠を考える、または生理痛が酷い女性の多くが度々耳にするこの子宮内膜症ですが、実際どういった病気なのでしょうか。また、この病気の画期的な治療法の一つが「ピル」の服用です。この子宮内膜症をピルで抑える治療方法について考えます。

目次 子宮内膜症ってどんな病気?症状は?
子宮内膜症はピルで治せる?どんな効果があるの?
子宮内膜症を治すためのピルの種類。効果・副作用まとめ
ピルの費用って?保険は適用される?
ピルの服用方法、やめるときはどうしたらいい?
まとめ

子宮内膜症ってどんな病気?症状は?

子宮内膜症はピルで治せる?種類・効果・副作用・服用方法・費用まとめの画像1

子宮とは、女性特有の臓器であり赤ちゃんを育み生み出すという大切な役割を担っています。この子宮は子宮筋という筋肉からできている袋状の臓器で、卵巣から排出される卵子と精子が受精した受精卵を受け止め、その子宮内部で育みます。

女性のホルモンによる月経周期によってその内部は受精卵をキャッチして根付き易くするために内膜で厚く裏うちされたり、また、妊娠が成立しない場合はその内膜は剥がれ落ち排出されたりを繰り返しています。

■子宮内膜症ってどういう病気?
この女性のホルモンによる月経周期によって多くの方は月に一度、この子宮内膜は剥がれ落ち出血します。しかし、何らかの原因でこの内膜が体外に排出されることなく、卵巣内や卵管、直腸や腹腔内など他の臓器に芽生え、やはりこの女性ホルモンにより増殖と剥離を繰り返してしまうことがあります。

しかしながらこの他の臓器で増殖した内膜には出口がなく、小さな血液の塊はやがて大きく成長し、他の臓器と癒着して様々な障害を起こします。これが、子宮内膜症という病気です。

■どういう症状がでるの?
子宮内部以外の子宮内膜症を起こしている箇所でも、子宮内部と同じように女性ホルモンの影響で内膜は増殖し剥がれ落ちますので、月経時にはそれが痛みとなって感じることがしばしばあります。

また、癒着した内膜によって月経時以外でも下腹部痛や排尿時の痛み性交痛などが現れる場合があります。他にも月経時に吐き気や頭痛がするなどその症状は様々です。治療せずに放っておくと、その内膜は様々な臓器と癒着していき、月経時以外にも下腹部痛が酷くなります。症状に気が付いたら早めの受診が望ましいですね。

■不妊症との関係
卵管や卵巣に内膜が癒着するのですから、妊娠に不利になることは間違いありません。原因不明の不妊症の半分はこの子宮内膜症が原因だと言われています。

子宮内膜症について(みむろウィメンズクリニック)

子宮内膜症はピルで治せる?どんな効果があるの?

子宮内膜症はピルで治せる?種類・効果・副作用・服用方法・費用まとめの画像2

■子宮内膜症の治療
この子宮内膜症の治療は、その進行状況や妊娠の希望の有無などで判断します。

1.手術による治療
妊娠をすぐに望む場合は手術でお腹の中の癒着した内膜を取り除く手術療法が効果的です。お腹を開腹せずに内視鏡で見ながら処置する腹腔鏡手術が可能です。

癒着した内膜を直接取り除く根本的な治療ですが、全身麻酔の手術になりリスクを伴います。また、数日の入院も必須で患者には負担の大きい治療かも知れません。

2.薬物治療
子宮内膜症は、女性ホルモンによっておこる月経周期によってその病巣が徐々に悪化する可能性のある病気です。この薬物治療は、その月経周期をコントロールすることによって病気の進行を防ぎ、また快方へと導く治療法です。

症状がまだ初期の場合や妊娠をすぐに望まない場合はこの薬物による治療を行います。鎮痛剤などで一時的に月経時月経時などの痛みを抑える方法もありますが、病気の進行を抑えられるわけではありません。

ピルやホルモン剤で病巣部を一時的に縮小したり月経量を減らしたりするホルモン療法があります。

■ピルによる効果
経口避妊薬として知られているピルは、女性ホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)二種類の合成ステロイドホルモンを含んでおり、服用している間は排卵がストップします。

月経様の出血はあるものの、子宮内膜症の大きな症状である月経痛の多くはこのピルの服用で改善されます。また、卵巣からのホルモン分泌を抑えることにより子宮内膜症の症状の進行を抑えることができます。

子宮内膜症の治療方法とピルの効用について(Chayamachi ladies Clinic )

子宮内膜症を治すためのピルの種類。効果・副作用まとめ

子宮内膜症はピルで治せる?種類・効果・副作用・服用方法・費用まとめの画像3

妊娠・出産・授乳という妊娠してからの一連のサイクルの中で、子宮内膜症の症状は放っておいても快方に向かうと言われています。それは妊娠~授乳のある期間まで、排卵に関するホルモンが卵巣から分泌されない=排卵しない=生理がない状態が続くため、その期間子宮内膜症にを起こしている病巣がそれ以上増殖するを防ぎ、また、自然と無くなったり縮小したりするからです。

このことを利用して子宮内膜症の治療をしていこうとするものが偽妊娠療法と言われるもので、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)二種類の合成ステロイドホルモンを含んでいるピルを服用することによって体を妊娠状態にし続け、そのことが子宮内膜症の治療につながるというものです。

では、このピルにはどんなものがあるのでしょうか。

■ピルの種類
ピルはその含まれる成分(エストロゲンとプロゲステロン)の量によって高用量・中用量・低用量と分かれます。

また、3週間飲み続けるか4週間飲み続けるかによって21錠剤タイプと28錠剤タイプに分かれ、また、全ての錠剤が同じ成分バランスである1相性、自然な月経周期に合わせるためにホルモンのバランスを段階で分けている3相性とに分かれます。

数十年前はピルと言えば高用量・中用量のものしかなく、高い副作用の報告が多かったためなかなか普及しなかったとのことですが、近年ではこの副作用の少ないとされる低用量のピルが日本国内でも認可され、気軽にピルを利用できるようになりました。

子宮内膜症に主に用いられるピルは「ルナベル」という1相性の低用量ピルで、2008年に保険が適用になっているそうです。ピルは経口避妊薬として知られていますが、この薬は避妊を目的としておらず子宮内膜症による痛みや月経困難症などによる症状を改善するための薬です。

■ピルの効果
このピルを服用することによって、前述の通り子宮内膜症の症状を改善することができます。排卵を抑制しますので、排卵によって子宮内膜を厚くすることが抑えられます。

また、それによって月経時の出血量も少なくなり、月経時の下腹部痛などが改善されるでしょう。さらにこのピルを服用することによって月経前症候群と言われる月経前の不快感も改善することができます。

■ピルの副作用
低用量のピルは副作用が少ないとされていますが、服用できない方もいます。それは糖尿病の人・35歳以上でタバコを吸う人・高血圧の人・肝臓、心臓に疾患のある人・血液が凝固しやすい体質を持っている人などです。

そういった方がピルを服用してしまうとより大きな副作用が心配されます。

一般的に起こりうる副作用としては、 頭痛、吐き気、乳房の張り、体重増加、にきびなどです。大きな副作用としては血栓症などです。

ピルの種類について(クリニックロタージェ)

ピルの副作用について(新中野女性クリニック)

ピルの費用って?保険は適用される?

子宮内膜症はピルで治せる?種類・効果・副作用・服用方法・費用まとめの画像4

それでは、実際に子宮内膜症の治療でピルを服用していく場合どの位の費用がかかるのでしょうか。ひと月のうち3週間または4週間飲み続けるので薬にかかる費用もかさんでしまいます。

■ピルの費用
28日間を一つの周期として薬を飲み続けるこのピルですが、1シート21錠または28錠入っています。21錠の場合は21日間飲み続けて7日間休む、28錠の場合は飲み続けるという形になります。(28錠の場合でもその最後の7錠は偽薬といって薬の成分は含まれないものだということ。飲む習慣を忘れないため。)

その費用は1シート当たり2000円から3000円です。

■保険は適用されるか
避妊薬として知られるピルは保険が適用されず全額自費の負担となります。しかし、近年子宮内膜症にともなう月経困難症などの治療のために低用量または超低用量のピルが認可されました。「ルナベル」「ヤーズ」というピルです。

3割負担で購入できる嬉しいピルですが、そもそもの薬価が高めの設定なのでどちらも2000円強になってしまいます。

ピルの費用について(的野ウイメンズクリニック)

ピルの服用方法、やめるときはどうしたらいい?

子宮内膜症はピルで治せる?種類・効果・副作用・服用方法・費用まとめの画像5

子宮内膜症で低用量ピルを処方される場合、多くが1相性の周期を通して同じ成分バランスの錠剤であるタイプが多いですが、その服用方法はシンプルです。月経が始まった日に薬を飲み始め21錠シートの場合は21日間(3週間)飲み切ります。

その後7日間は薬を飲まない休薬期間となり、その間に月経の様な出血があります。これはピルによって体内に入るホルモンにより起こっている出血で、通常の月経とは異なります。

前述の通り28錠タイプの場合は薬を飲み続けることになりますが、21錠の後の薬(成分の入らない偽薬)を飲んでいる7日間の間に同じように月経の様な出血があります。そうして薬を飲みきったのちは次のシートの薬を始める。という流れになります。

毎日その薬によってホルモンを取り込むという性質上、飲み忘れを防ぐことが大切です。自身で飲み忘れがないように時間を決めるなどして対応しましょう。また、頭痛や吐き気などの副作用を少しでも軽減するためには、寝る前の服用がお勧めです。

では、このピルの服用をやめるときにはどうしたら良いのでしょうか。

子宮内膜症の治療にも用いられるこの低用量ピルは、多少の副作用の可能性があるにしろ安全が確認されている薬で、長期間の服用が可能です。また、手術やその他のホルモン薬の注射や点鼻などの治療に比べて低リスクで費用もかかりません。しかし、長年のピルの服用は大変なことには変わりありません。

ピルの服用をやめると、体はかつてのように排卵をするようになります。それにより子宮内膜の厚みは増し、内膜症を起こしている子宮以外でも内膜が増殖し、月経時にまた辛い痛みがぶり返すかもしれません。

しかし、ピルを服用していた期間によってその子宮内膜症を起こしていた病巣が改善している可能性もあります。服用をやめるときは医師とよく相談することが良いでしょう。

ピルの服用方法について(ともこレディースクリニック)

まとめ

子宮内膜症という女性のホルモンバランスによる月経周期によって悪化してしまうという特有の病気。またそれを、やはりその月経周期をホルモンによってコントロールすることにより治療しようとするこのピルの服用は、長く病気と付き合っていく女性にとっては取り組みやすい治療法となるでしょう。

子宮内膜症を患っている可能性は多くの女性にあります。「自分は月経痛が酷いのだ」と思い込んで毎月来る月経時の不快感に耐えるのではなく早期に受診して、もし子宮内膜症と診断されてしまったら自分に合った薬を見つけて、毎月のサイクルを気持ちよく過ごしたいものです。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

生理 妊活・不妊 病気・怪我・健康

この記事を書いた人

nyao

二人の娘をもつママです。こちらでいろいろと情報交換したです!...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 子宮内膜症はピルで治せる?種類・効果・副作用・服用方法・費用まとめ