1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 高齢出産二人目のメリット・リスクのまとめ!

高齢出産二人目のメリット・リスクのまとめ!

高齢出産二人目のメリット・リスクのまとめ!のタイトル画像

二人目が欲しいと思っていても、年齢的にも体力的にも不安が大きくて出産に踏み切れないママたちも多いようです。そこで今回は、高齢出産で二人目を生むメリットと、気をつけるべきことをまとめてみました。メリットとリスクを知って、二人目を出産するということを一緒に考えてみましょう。

目次 高齢出産の年齢は何歳から?
高齢出産で二人目を生むメリットとは?
高齢出産で二人目を生む際に気をつけるべきこととは?
高齢出産だとダウン症になる確率が高いって本当?
まとめ

高齢出産の年齢は何歳から?

一般的には、35歳以上の妊娠・出産を高齢出産と呼びます。

しかし個人の体質による部分も大きいので、一概に35歳までならリスクが少ないというわけではありません。卵子は産まれたときから体内にありますので、年を経れば、それだけ卵子も老化していき、徐々に妊娠しにくい体質になり、染色体異常などのリスクも高くなっていくのです。

この高齢出産の年齢ですが、以前は30歳以上とされていました。ただ近年では女性の社会進出が盛んになったことで晩婚化が進み、初産の年齢も高くなる傾向にあります。また37~38歳頃から妊娠する確率が急激に下がり、20代に比べると半分ほどの確率に低下することがわかっています。これらのことを考慮した結果、日本産婦人科学会によって30歳から35歳へと引き上げられたのです。

ただし経産婦では、40歳以上を高齢出産と呼ぶことが多いようです。出産経験があるため子宮や産道が柔らかく、子宮口が開きやすいことから、比較的安定したお産が望めるのでこのように言われています。

高齢出産で二人目を生むメリットとは?

高齢出産二人目のメリット・リスクのまとめ!の画像2

高齢出産のメリットとして、「経済的な安定」と「精神的な余裕」がよく挙げられますが、高齢出産で、二人目を生むメリットはなんでしょうか?

■初産が35歳以上の場合

一人目を35歳以上で出産したママの多くが、二人目をどうするかということで悩んでいます。気持ち的には次の出産を望んでいても、現状の子育てで精一杯で二人も育てられる自信がなかったり、短期間の出産で体がボロボロになってしまいそうなどという理由から二人目を諦めてしまう人も少なくないのです。

ただ出産後のダメージに関しては、年子でも二歳差でも実はあまり変わりません。間を空けなかったからといって、体がボロボロになってしまうことはないので安心して下さい。また子供同士の年が近いことで、ふたりで遊んでくれるというメリットもあります。もちろん下の子が赤ちゃんのうちはママの負担は大きいかもしれませんが、そこを過ぎれば仲睦まじい兄弟の姿を見られるように。

子育ての不思議なところなのですが、子供が二人に増えたからといって、負担は二倍にならない場合がほとんどです。一人目の育児でママが慣れた分余裕ができることもありますし、下の子はお兄ちゃんやお姉ちゃんをお手本にして、親が教えなくてもできることが増えたりします。

■初産からかなりの年数が経っている場合

例えば一人目を20代で生んで、10年後に二人目を授かるというパターンでは、上の子がママの強い味方になってくれます。ママの手が離せない時に遊んでくれたり、お世話をしてくれたりということが期待できます。

またママ自身も上の子に手がかからなくなって余裕があります。一人目には必死で取り組んできた子育てを、今度は楽しむことができるのではないでしょうか。久しぶりの赤ちゃんの仕草を、心ゆくまで堪能できるのは、年が離れた子供を育てる大きな魅力だと思います。

高齢出産で二人目を生む際に気をつけるべきこととは?

高齢出産二人目のメリット・リスクのまとめ!の画像3

メリットについてお話してきましたが、今度は高齢出産をする上でのリスクについても説明したいと思います。リスクに関しては、初産婦も経産婦も変わらないので覚えておいて下さいね。

■染色体異常などの先天性障害が起こる確率が高まる
染色体とは、私たちの体を作る大事な細胞のひとつです。ここには遺伝情報がたくさん詰まっていて、通常は2つで1対の形を成しています。しかしまれに、染色体の数に増減があって対ではなかったり、構造がおかしかったりすることがあります。これが染色体異常です。染色体異常のうちもっとも割合が多いのが「ダウン症」です。ほかにも成長障害や呼吸障害、心疾患などが赤ちゃんに起こる可能性があります。

■流産しやすい
卵子の老化や、さきほどの染色体異常などが原因で流産する確率が上がります。20代~30代前半までは10%~15%ほどであるのに対し、35歳を超えると20%にまでアップします。さらに40歳を超えると40%以上というかなり高い確率になるのです。40%ということは、10人のうち4人もの人が流産を経験するということです。また早期流産の危険性が高いのも、高齢出産の特徴です。

■妊娠高血圧症になりやすい
以前は妊娠中毒症と呼ばれていたもので、ママや赤ちゃんに様々な危険を及ぼす可能性が高い病気でした。現在では昔ほどのリスクはなくなりましたが、妊娠中の重要なチェック項目であることには変わりません。むくみやたんぱく尿、高血圧などの症状が出ます。高齢出産の場合や肥満の場合にもなりやすい病気なので、食事に気をつけたり体重管理をする必要があります。

これらのリスクは卵子の老化によるところが大きいようです。卵子は生まれた時から数が決まっていて新たに作られることはありません。年を取るにつれて減る一方で、質もだんだん悪くなってきます。高齢で出産を考えるのなら、やはり健康管理を意識して、バランスのいい食事や生活習慣を心がけて妊娠しやすい体を作っていきましょう。またもしものことを考えて、バックアップの万全な産科を選ぶことも忘れないで下さい。

高齢出産だとダウン症になる確率が高いって本当?

高齢出産二人目のメリット・リスクのまとめ!の画像4

高齢出産のリスクというと、まず「ダウン症」を頭に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

実際にママの年齢が上がるにつれて、ダウン症にかかる確率は増加します。20歳で1667分の1、30歳で952分の1、40歳では106分の1と言われています。20代で出産した場合1000人に一人が発症するのに対し、40歳で出産した場合は100人に一人の割合になります。つまり20代と40代の出産では、リスクが10倍にも跳ね上がるのです。

年齢別ダウン症児の発生率
20歳 : 1/1667、25歳 : 1/1250、30歳 : 1/952、35歳 : 1/385、40歳 : 1/106、45歳 : 1/30

通常なら2つで1対になるはずの染色体。ダウン症とはこのうちの21番目の染色体が3本あるために引き起こされる疾患のことを指しています。ダウン症の種類は大きく3つに分けられるのですが、全体の90%~95%を占めているのは「標準トリソミー型」、5~6%の割合で「転座型」、残りの1~3%が「モザイク型」となっています。

ダウン症を発症すると精神発達の遅れや、ダウン症児に特有の顔立ち、多発奇形などが見られます。ダウン症の原因や治療法ははっきりとはわかっていません。ですが、細胞分裂が正常に行われないことが一因であるようです。精子や卵子が生み出される時に正常に細胞分裂できなかったり、または受精卵の発育初期に分裂異常が起こってしまったりすることで発症すると言われています。

ダウン症は、解明されていない部分が多いので各々の症状に応じた治療によって改善を図るしかありません。
ダウン症の確率を下げる方法として、葉酸が有効だと言われています。葉酸はもともとのDNA情報を、細胞分裂した細胞へと正確に伝える働きをしてくれます。これによってDNA情報が間違われることなく新しい細胞に引き継がれるので、染色体異常が起こるリスクを大幅に減らすことが期待されます。

まとめ

高齢出産で二人目を生むメリット・リスクについてお話しました。漠然とした知識を持たない状態では、不安は大きくなるばかりです。まずは高齢出産について知ることが大事ではないでしょうか。

そして二人目を授かりたい気持ちが強くなったら、まずは食事や健康管理に気をつけて、赤ちゃんを授かりやすい体作りをしていきましょう。ストレスは、ママにとっては大きな負荷になります。高齢出産ということを悩み過ぎないことも大事です。

幸い医療の進歩によって高齢での出産例も増えていますし、バックアップも充実してきています。年齢のリミットばかりにとらわれないで、後悔のない選択ができるといいですね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

いずみ

4歳の娘と2歳の息子を育てる母です。

ちょっと前までは、こだわりが強くて癇癪持ちの娘に悩まされ、最近では息子のイヤイヤ期に翻弄されています。
同じく子育...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 高齢出産二人目のメリット・リスクのまとめ!