1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 赤ちゃんが離乳食を食べない!原因・対策・変えるべき15のポイント!

赤ちゃんが離乳食を食べない!原因・対策・変えるべき15のポイント!

赤ちゃんが離乳食を食べない!原因・対策・変えるべき15のポイント!のタイトル画像

大切な赤ちゃんだからこそ、しっかり食べて元気に大きくなってほしい。子どもを持つ親ならば誰もがそう思うでしょう。
それなのに、どうして食べてくれないの?そんなときは、赤ちゃんなりの理由が必ずあるんです。
離乳食を始めたママさんも、あるいはそろそろかな?と思っているママさんも、これをみて参考にしていただければ嬉しいです。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030026813
目次 赤ちゃんが離乳食を食べない主な原因
離乳食を食べない場合の対策①料理
離乳食を食べない場合の対策②食環境改善編
離乳食を食べない場合の対策③食器編
その他注意すべきポイント
まとめ

赤ちゃんが離乳食を食べない主な原因

私の経験上、赤ちゃんが離乳食を食べてくれない原因は、だいたい大きく分けて3つに分類することができます。

1.離乳食に原因がある場合
赤ちゃんも大人と同じように食べたいものがはっきりしています。親が食べさせたい!と思っていても、赤ちゃんの口に合わなかったり、食べたいものじゃなかったりしたらせっかく口に入れてもすぐにべーッと口から出してしまいます。

そんなときは、お料理の仕方を変えてあげると食べてくれるようになることがありますよ。

2.離乳食を食べる環境に原因がある場合
赤ちゃんが離乳食を食べる、食べないは周りの環境に大きく左右されます。離乳食を食べたいと思うタイミングじゃなかったり、食べることに集中できないとしっかり食べてくれません。

食べることに集中できる環境をつくってあげましょう。

3.離乳食を食べる食器などに原因がある場合
私たちがご飯を食べるときは、お料理の種類によって食器を変えたりしますし、それによって気分も変わりいつものお料理でも美味しく感じたりしますよね。

赤ちゃんだって同じように、いつもの離乳食でも食器を変えるだけで気分が変わって食べてくれたりします。

赤ちゃんが離乳食を食べてくれないのには、必ずなんらかの理由があるはずです。しっかりと食べてくれない原因を見極め、改善をすることできっと食べてくれるようになるはずですよ。

次からは、それぞれの原因別に、改善するべきポイントを15項目に分けて説明していきたいと思います。

離乳食を食べない場合の対策①料理

4.身体に合わない
赤ちゃんの月齢に合わせて食材を増やしているかと思います。でもそれぞれの赤ちゃん成長の仕方は違います。

もしかしたら、今食べさせている食材はその赤ちゃんにとっては、まだ早いのかもしれません。そんなときは、ちょっと日をあけて試してみて下さい。

5.口に合わない
赤ちゃんにもしっかり味覚があります。離乳食は基本的に味付けはせずに、食材本来の味を赤ちゃんに食べさせます。だからこそ、甘みのあるニンジンやカボチャは食べるけれど、苦みがあるようなピーマンや小松菜なんかは食べてくれなかったり。

そんなときは赤ちゃんが好んで食べる食材に、ちょっぴり気づかない程度に苦手な食材を混ぜ込んであげて見て下さい。

6.食材を変える
この食材の栄養を取ってほしい。でも食べてくれない。そんなことってありますよね。

そんなときに、食べてくれるように調理方法や味付けを変えるのも1つの手段ですが、同じような栄養を持つ、別の食材に変えてみるのも方法の1つですよ。

7.食感を変える
赤ちゃんの月齢や歯の状態によって離乳食の固さは変わってきますが、赤ちゃんによっては、ドロドロの状態にして食べるのが好きな子もいれば、少し食感が残るようなものがいい子もいます。

同じ食材でも、その食感を変えてみることで、食べてくれるようになる場合もありますよ。

8.味や色を変える
ご飯のとき、目から入ってくる情報はとっても大事です。おいしそう~。食べたい!ってご飯を見たときに思いますよね?それは赤ちゃんも一緒です。いつも同じような味や色だと、昨日は食べたのに、今日は食べてくれない、なんてこともあったりします。

そんなときはちょっとひと工夫して、味や色を変えてみましょう。野菜スープをシチュー風にアレンジしてみたり、おかゆにニンジンやカボチャなどを混ぜてみたりするといいかもしれませんよ。

離乳食を食べない場合の対策②食環境改善編

9.気が散ってしまっている
赤ちゃんが離乳食を食べる時間と家族がご飯を食べる時間とは、ずれていたりすることがほとんどです。そうすると、赤ちゃんが離乳食を食べるタイミングで、兄弟は他の遊びを始めたりすることも。

目の前におもちゃがあれば、それで遊びたくなりますし、周りが遊んでいれば、自分も遊びたくなります。だから、赤ちゃんがご飯を食べる時には、しっかりその雰囲気を作ってあげることが大切です。

10.テレビがついている
ご飯を食べる時、テレビをつけたままにしている人もいるかと思います。テレビは赤ちゃんにとっても面白いもので、ご飯に集中することができなくなってしまうことがあります。

もちろん、テレビはテレビ、ご飯はご飯でしっかり食べてくれる子もいますが。赤ちゃんがご飯を食べてくれないな。というときは、テレビを消して、ご飯を食べることに集中させてあげるといいですよ。

11.あげる時間帯を変えてみる
離乳食をあげる時間帯は、赤ちゃんや家族のリズムによって様々だと思います。今は朝にあげているけれど、食べがあんまりよくないな、と思ったときには、あげる時間をずらしてみるといいですよ。

赤ちゃんによって、よく食べる時間というものがあるはずですので、色々と試してみてください。

12.ご飯をあげる人を変えてみる
誰がご飯をあげても一緒じゃないの?と思いがちですが、赤ちゃんだって「ママがいいな」「パパがいいな」と思ったりするものです。食べるのを嫌がるときには、他の人に手伝ってもらうのも1つの方法です。

自分があげて食べなかったのに、他の人があげて食べているのをみるのは、少しショックに思うかもしれませんが、今日はそういう気分なのね…。と割り切って下さい。

離乳食を食べない場合の対策③食器編

離乳食を始めるにあたって、赤ちゃん用に食器を用意する人もいれば、お家にある食器を利用する人もいるでしょう。いろいろなものに興味のある赤ちゃんは、もちろん食器にだって興味があります。そこから、ご飯の時間が楽しくなることだってあるはずです。

13.お皿などの食器を変えてみる
大人がご飯を食べるとき、お皿や小鉢など料理の種類によって食器を色々変えていますよね。赤ちゃんは、大人が食べるときのことを良く見ていたりしますので、たまには大人と同じような食器にしてみたりすると食べてくれたりすることもありますよ。

ただ、陶器の食器は割れてしまう可能性もありますので、プラスチックの食器で大人と同じようなものを用意してあげた方が良いでしょう。

14.スプーンやフォーク、手づかみで食べられるものに変えてみる
スプーンで食べたいときもあれば、フォークで食べたいときもあるはずです。同じ食事のときでも、「こっちを使ってみる?」と声をかけて変えてみたりすることで、しっかり食べてくれるようになったりしますよ。

例えば、同じおかゆでもスプーンをフォークに変えるだけで食べてくれたりするようになりますし、おかずだって「お手手で食べていいよ」と一声かけてあげるだけで食べてくれるようになったりもします。

その他注意すべきポイント

15.赤ちゃんとコミュニケーションを取りながら食べる
ご飯を食べるとき、大人でも1人でもくもくと食べていても、そんな楽しくはなりませんよね。誰かとおしゃべりしたりして、一緒に食べる時間を楽しんだりしたときの方がおいしく食べれたりしますよね。

それは赤ちゃんでも一緒です。 赤ちゃんに、「食べることは楽しい」と思ってもらうのはとっても大事なことです。「ご飯、おいしいね」「大きいお口だね」など、ただ食べさせるだけでなく、楽しく食べれるよう、いっぱい話かけてみてください。

他にも赤ちゃんが用意したご飯を食べようとしないとき、まずお母さんやお父さんが、それをおいしそうに食べてみてください。少しおおげさかな?って思うくらいでOKです。「ん~おいしい!」 その様子を、赤ちゃんはしっかり見ています。

お母さんがあんなにおいしそうに食べてる!それなら自分も食べてみようかな…。なんて、興味をもってくれるようになります。そうしたら「○○ちゃんも食べてみる?」と誘ってみてください。そして、きちんと食べてくれたときには、「おいしいね~!」と、そのおいしさを共有してあげることも忘れないでくださいね。

まとめ

離乳食を始めて、つまずいてしまう方はけっこういると思います。そんななかで、いろいろなことをダメで元々!くらいの気持ちで、今回の方法をぜひチャレンジしてみましょう。

こうすれば食べてくれる!これで完璧!なんてことはありませんし、そう思ってしまうと、食べてくれなかったときにショックを受けてしまうかもしれません。
離乳食はあせることはありません。ゆっくりと、その子のペースに合わせて進めていきましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ひとちゃん

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 赤ちゃんが離乳食を食べない!原因・対策・変えるべき15のポイント!