1. >
  2. >
  3. >
  4. 切迫早産の入院はいつからいつまで?退院後の生活はどうすればいいの?

切迫早産の入院はいつからいつまで?退院後の生活はどうすればいいの?

切迫早産の入院はいつからいつまで?退院後の生活はどうすればいいの?のタイトル画像

通常の出産時期は約37週~41週ですが、早産は約22週~36週で出産することをいい、早産になりかかっている状態のことを切迫早産と言います。切迫早産の場合、陣痛や破水する前にすでに子宮が開いている場合があり、危険な状態です。出産まで入院をする場合もあれば、退院して出産する場合もあります。 この記事では、切迫早産の症状や生活、入退院の目安についてご紹介します。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11044014958
目次 切迫早産の入院はいつからいつまで?
切迫早産での退院目安
入院中の生活は?
切迫早産で退院した後の生活
切迫早産で退院してから出産までの流れ
まとめ

切迫早産の入院はいつからいつまで?

妊娠期間は昔から十月十日(とつきとおか)と言われています。よって、通常の期間の出産時期は妊娠37週~妊娠41週6日です。それ以前の時期である、妊娠22週~妊娠36週6日までの出産を早産といいます。

そして切迫早産とは、この早産になりかかっている状態であり、危険な状態であるといえます。通常、子宮口が開くのは陣痛が起こり、出産が行われる時ですが、切迫早産の場合は子宮口がすでに開いてしまい、中には羊水が出てしまっている場合もあります。

早産にならないように、管理入院となる場合が多いので、期間は平均的に見ると36週~37週まで入院を行います。ですので、2ヵ月程度は入院する場合も多くあります。妊娠を継続できると判断され、かつ自宅安静ができる場合など、症状が軽い場合は1週間前後で退院できますが、中には出産まで入院することもあります。

切迫早産での退院目安

通常の出産時期(正産期)は約37週からと言われています。ですので、退院の目安も約37週からが目安とされています。
しかし、切迫早産で入院をするということは、早産へのリスクが通常の妊婦に比べて非常に高く、身体や心への負担も大きいものです。よって、退院できたからといって、安全な出産が必ずしもできるとは限らないのです。
できるだけ、自宅では病院と同じように安静にしているのがベストです。

主治医や助産師のアドバイスをしっかり聞き、家事もなるべく夫や家族に手伝ってもらう方が良いかもしれません。
退院後も、お腹の張りや出血など体に異変が出たり、体調不良になってしまったりしたら、すぐに病院へ行きましょう

入院中の生活は?

入院中はとにもかくにも絶対安静です。24時間体制でみてもらうことがほとんどです。
治療方法も、投薬治療や子宮口の手術などがあります。

■投薬治療
入院中は、24時間体制で点滴をし、絶対安静でいることがほとんどです。
この点滴の目的は、子宮口を開かないようにするために行います。子宮収縮抑制剤という子宮の収縮を抑える薬を点滴します。ほかには、膣内の清潔な環境をつくるために、細菌やウィルスによる膣内感染を防ぐ抗生剤を使用します。

■子宮口の手術
早産しないよう、子宮口の手術を行います。

1.子宮頸管縫縮術 
子宮口が開きやすい体質である、子宮頸管無力症という病気があります。この子宮頸管無力症の治療で子宮の出口を縫合する手術が行われます。

2.シロッカー手術
腰椎麻酔、もしくは全身麻酔で手術を行います。日帰りで退院することも可能です。このシロッカー手術は、子宮のより内側である「内子宮口」の高さで子宮頸管を縫合する手術です。

3.マクドナルド手術
こちらもシロッカー手術と同様に、腰椎麻酔、もしくは全身麻酔で手術を行います。マクドナルド手術は、内子宮口よりやや下の位置で子宮頸管を縫合する手術です。

産科手術―頸管縫縮術 (日本産科婦人科学会)

早産・切迫早産(日本産科婦人科学会)

切迫早産で退院した後の生活

退院した後、薬を飲みながら様子をみることもあれば、完全に自宅で安静を要する場合、自宅安静が解除される場合もあります。
自宅安静の場合と、そうでない場合、どのような生活をおくればいいのか、簡単にまとめていきます。

■自宅で安静が必要な場合
この自宅安静も様々な段階があります。例えば、トイレ以外はほぼ寝たきり状態を要する場合もあれば、簡単な家事であれば許される場合などです。と言っても、子どもの育児があったり、食事の準備をしたり、と動かざるを得ない状態も考えられます。その時は、家族に助けを求め夫に家事をしてもらったり、子どもを預けたり、となるべく負担にかからない方法を考えましょう。

動いてはいけないという状態がストレスになる場合もあるので、読書をする、音楽を聞くといったような、リラックスして楽しむことができる空間を作ってみましょう。

■自宅安静が解除された場合
自宅安静が解除されると、入院生活で動けずに寝たきりだったストレスから一気に開放されて、ついアクティブに行動したくなってしまうかもしれません。しかし、自宅安静が解除されたからといって、普通の人と同じ行動をしていいというわけではありません。
お腹の子どもや、自分の体が一番大事なので、無理はせずできるだけ負担がかからない方向で過ごしましょう。

切迫早産で退院してから出産までの流れ

切迫早産で退院された方の多くは、自然分娩の流れにそって、自宅で約37週前後まで待つという方が多くみられます。しかし、予定日通りに産まれる方もいれば、予定日より少し早く生まれたり、約40週前後と予定日が大幅に遅れて産まれたりする方もいます。

具体的には
■切迫早産の退院の後、すぐに救急搬送されて出産されたというケース
■40週を過ぎてしまい、陣痛促進剤をうち出産したケース
■自然分娩が不可能で帝王切開で出産したケース
など、様々なケースがあります。

このように、出産方法も時期もばらばらなので、人それぞれと言えます。

切迫早産で入院した経験がある方は、お腹の赤ちゃんに一度は危険が迫ってしまったということでもあります。ですので、お腹の張りや痛みが少しでもある場合は、すぐに病院へ行きましょう。出産が近いおしるしとして出血する場合、もしくは過剰なおりものが出てしまった場合も、同様にすぐに出産の入院準備を行いましょう。

陣痛や破水ではなく、何らかの体調不良や病気の症状の可能性もあります。なるべく安静に、母体どちらにもオーバーで過保護なくらいの対応を心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ここでは、切迫早産の簡単な説明から、入院や退院の時期についてまとめていきました。しかし、見て頂いて分かる通り、切迫早産の入院時期や退院時期は人それぞれで、出産の方法や時期も異なります。

ただ共通して言えることは、お腹の赤ちゃん、母親自身、どちらの体も大切にしましょう。家族みんなで協力し、出産まで穏やかな気もちで待ち、赤ちゃんが生まれてくることを楽しみに生活していきましょう。

切迫早産(田中ウイメンズクリニックHP)

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

hanpen

初めまして,はんぺんと申します。

ここでは,メンタルヘルスや教育・育児についての記事を書いていきたいと思います。
私自身,教育関係に携わり,親子関係や子...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 切迫早産の入院はいつからいつまで?退院後の生活はどうすればいいの?