1. >
  2. >
  3. >
  4. 陣痛が来たら、まず何をするべき?病院への連絡、準備、服装などまとめ

陣痛が来たら、まず何をするべき?病院への連絡、準備、服装などまとめ

陣痛が来たら、まず何をするべき?病院への連絡、準備、服装などまとめのタイトル画像

陣痛が始まったらまず何をすれば良いのか分からず、パニックになってしまうかもしれません。いざという時に慌てなくてもすむように、やるべきことの流れや持ち物、服装などを事前に把握しておきましょう。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030014947
目次 陣痛がきた!病院に行く前に電話するべき?
どんな服装で病院に行けばいいの?
病院へ向かうときは入院用グッズを忘れずに!
病院に行く時の交通手段は?
まとめ

陣痛がきた!病院に行く前に電話するべき?

臨月に入ってから断続的にお腹の痛みを感じると、「陣痛なのでは!?」と焦ってしまいますよね。産院であらかじめ、「陣痛が始まったら、病院に電話をしてくださいね」と言われている人もいるかもしれませんが、「せっかく電話したのに、まだ病院に来なくていいと言われた」という先輩ママの体験談も耳にします。では、どのような場合には病院に電話した方が良いのでしょうか?

病院に電話をする目安

そもそも陣痛には2種類あり、まず不規則な痛みを感じる「前駆陣痛」と、やがて規則的に痛むようになる「本陣痛」とに分かれます。前駆陣痛の場合は、電話をしてもしばらく家で様子を見るように指示されることが多いようです。病院に連絡する目安としては、以下のような点を参考にしてください。

■陣痛が来る前に破水した場合
すぐに病院に電話をして、指示を仰いでください。急いで病院に来るように言われるケースが多いようです。

■出血が激しい場合
お産が近いときに「おしるし」という出血が見られますが、これだけではすぐにお産になるとは限りません。ただし、あまりにも出血が多いときや、いつまでも出血が続く場合、痛みを伴う際はすぐに電話をして病院へ行きましょう。

■陣痛の間隔が短くなってきた場合
陣痛を感じたら、間隔を計ってみてください。10分おき規則正しく痛みを感じるようでしたら、本陣痛の可能性が高いので病院に電話しましょう。

これまでの妊娠経過で不安なことがある場合や、何かおかしいと思う点がある場合には、すぐに病院に電話してみて下さい。主治医や助産師さんに相談することで、気持ちもリラックスできるので、不安なことがあれば迷わずに相談してみましょう。

病院に電話をするときに伝えること

病院に電話する時には、以下のようなことを伝えるようにしましょう。基本的には本人が電話をするのが良いですが、あまりに陣痛がひどかったりして電話をすることができない場合は、代わりに家族に連絡してもらってもかまいません。

■名前と診察券番号
名前と診察券番号を伝えることで、病院側もこれまでのカルテを確認しながら話をしてくれます。いつ陣痛が始まっても良いように、診察券は目につきやすいところに置いておくと良いでしょう。

■陣痛の間隔
陣痛の間隔は、病院に行くタイミングの判断材料になります。何時から陣痛が始まって、現在は何分おきに来ているのか、間隔が10分以内になったのはいつごろかなどを伝えましょう。

■痛みについて
どのような痛みがあるのか、痛みの強弱に変化はあるかなどを伝えましょう。

■出血や破水はあるか
出血や破水の有無についても伝えましょう。詳細な状況について聞かれたら、落ち着いてしっかりと答えるようにしましょう。

■何回目のお産か
初産婦と経産婦では病院へ行くタイミングが異なることもあるので、きちんと伝えるようにしましょう。

どんな服装で病院に行けばいいの?

陣痛が始まったら、そのままの服装で病院へ行っても問題ありません。実際、パジャマや部屋着で病院へ向かう人も多いようです。もし着替える余裕がある場合は、特にゆったりとした服を着ていきましょう。分娩にあたり脱着しやすい服がおすすめです。

病院へ向かうときは入院用グッズを忘れずに!

病院に行く時は、そのまま出産することを見越して入院用グッズを持って行きます。陣痛が始まってから準備をするのは大変なので、臨月を迎えるころになったら、出産準備は事前にしっかりしておきましょう。必要なものは産院によってことなるので個別に確認してみてください。リストを作成しておくと、漏れがなくて便利ですよ。

病院に行く時の交通手段は?

陣痛が始まったら、どのように病院に移動すれば良いのでしょうか?家族が一緒にいれば自家用車で連れて行ってもらえば良いですが、誰もいない場合でも、自分で運転して行くことは大変危険ですので避けてください。近所であっても、徒歩や自転車での移動も控えましょう。

基本的には、救急車は呼ばない

陣痛が始まったり、破水したりしていても、すぐに分娩台に乗らなければならないほどのスピードでお産が進むことはあまりありません。焦って救急車を呼ぶのではなく、車やタクシーなどで病院に行くようにしましょう。

ただし、大量に出血している場合や、赤ちゃんの頭が出てきてしまっている場合など、陣痛や破水以外の異変がある場合はすぐに病院に電話をしてください。必要と判断された場合には、救急車を手配してもらうケースもあります。

陣痛タクシーを利用しよう!

陣痛が始まってから病院に行くときには、陣痛タクシーがおすすめです。これは、近年始まったばかりの妊婦さん向けのサービスで、地域やタクシー会社によって差はありますが、主に4つの特徴があります。

①スタッフが訓練されている
助産師などの専門家よる訓練を受けているため、陣痛時の対応について必要な知識を持っているので安心です。ただし、医療行為をすることはできませんので、あくまでもサポートという位置づけです。

②24時間365日対応で、予約することも可能
陣痛は急にやってくるものですが、いつでもどんな時でも来てくれるのは嬉しいポイントです。事前に予約することも、変更することもできるので、予定日付近で確保しておくと安心です。

③指定した病院に連れて行ってもらえる
かかりつけの産院まで連れて行ってもらうことができます。遠方の病院の場合は、予約時にあらかじめ走行可能かを確認しておくと良いでしょう。

④設備面での工夫がある
防水シートが用意されていることが多く、もし破水や出血などで汚してしまっても安心です。バスタオルが用意されていることもあります。

料金についても、一般のタクシーと同等の運賃に、お迎え料金や深夜料金などが加算されるというケースが多いようです。詳しくは最寄りの陣痛タクシー取り扱い会社に確認してみてください。

陣痛タクシーサービス(日本交通株式会社)

まとめ

いかがでしたか?陣痛時の服装や持ち物、移動手段などについてご紹介しました。陣痛が始まっても焦らずに安心して出産に臨めるよう、事前にしっかりと準備をしておくようにしましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

出産・産後 出産準備

この記事を書いた人

hanpen

初めまして,はんぺんと申します。

ここでは,メンタルヘルスや教育・育児についての記事を書いていきたいと思います。
私自身,教育関係に携わり,親子関係や子...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 陣痛が来たら、まず何をするべき?病院への連絡、準備、服装などまとめ