1. >
  2. >
  3. >
  4. 想像妊娠とは?検査薬は反応する?症状・対策まとめ

想像妊娠とは?検査薬は反応する?症状・対策まとめ

想像妊娠とは?検査薬は反応する?症状・対策まとめ	のタイトル画像

想像妊娠という言葉を聞くと、妊娠した気分になる程度なのかな?と軽く考える方もいらっしゃるかもしれません。実は想像妊娠は、月経が実際に止まったり、お腹が大きくなったり、つわりが起こってしまったり・・・と実際の妊娠と同じ状態になってしまうのです。 この記事では、想像妊娠の具体的な症状や対策を紹介していきます。是非参考にしてみて下さい。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030017271
目次 想像妊娠とは?
想像妊娠の原因は?
妊娠検査薬は反応するの?
想像妊娠の症状は?
想像妊娠をしないための対策は?
もし想像妊娠した場合のケアは?
まとめ

想像妊娠とは?

想像妊娠という言葉自体、もしかしたら一度は聞いたことがあるかもしれません。しかし、この想像妊娠は実は解明されていない部分、謎が多くあります。

想像妊娠は偽妊娠とも言われ、実際には妊娠していない状態です。ですが、妊娠中と同じような状態や症状になり、月経が来なくなったり、実際にお腹が出たり、つわりのような吐き気を催したりする場合があります。

一般的には、妊娠という言葉を使うようにほぼ女性に発症します。ですが、ごく稀に男性でも発症する例もあり、心因性といった心理状態が大きく影響していると言われます。人間だけではなく、犬や人間以外の哺乳類が想像妊娠した例もあります。

想像妊娠の原因は?

想像妊娠になる原因のメカニズムは正確には解明・特定されていません。原因としては、妊娠したいという強い思いや、絶対に妊娠したくないといったストレスが考えられます。心因的な変化で脳が妊娠していると認識してしまい、体が妊娠に近い状態となってしまうと推測できます。

しかし、心因性の原因ではなく、腫瘍や内分泌系の疾患といった他の病気の兆候が関係している場合もあります。おかしいな、と思ったら、婦人科などの医療機関で相談するほうがよいでしょう。

妊娠検査薬は反応するの?

薬局などで気軽に購入できる妊娠検査薬。想像妊娠になった人も、妊娠した状態と同様の症状が出るので、つわりや生理不順により、もしかしたら妊娠したのかも?と気になり、妊娠検査薬を使用する方もいます。

妊娠検査薬を使用した場合、妊娠している場合は陽性反応、していない場合は陰性反応が出ます。検査薬やキッドにより、示す反応(着色反応・線が出る出ない)は異なります。ですが、すべての妊娠検査薬で共通しているのは、ある特定のホルモンに反応するということです。このホルモンの名前は、hCGホルモンといい、正式にはヒト絨毛性性腺刺激ホルモンといいます。

■陰性反応
想像妊娠の場合、妊娠検査薬を使用しても陰性反応です。すなわち妊娠している状態の反応は出ません
ですので、妊娠している状態と同じような症状が出ていて、妊娠検査薬では陰性反応だった場合は、想像妊娠の可能性があるので病院できちんと診察してもらいましょう。

■陽性反応
ごくまれに、妊娠検査薬で陽性反応が出たにも関わらず、病院へ行くと妊娠して居なかったという場合があります。これにより、想像妊娠でも妊娠検査薬で陽性反応が出る場合があると勘違いしてしまうこともあります。これは妊娠初期の化学流産をしている場合が考えられます。

想像妊娠の症状は?

想像妊娠は、妊娠しているという気持ちだけではなく、体にも妊娠状態とほぼ同じ症状が出ます。

■月経の異常
おりものが多量に出たり、不正出血が起こってしまったりする場合があります。基礎体温も変化し、生理が止まってしまうこともあります。

■つわり症状や体調不良
食欲が極端になくなったり、つわりのように吐いてしまったりしてしまうことがあります。逆に食べつわりのように、常に口に何かをいれていたいといった食欲が過剰になってしまうことも。体中にだるさや眠さがあり、体調不良になることもあります。

■お腹の張りや乳房の変化
まるで胎児がいるかのように子宮が大きくなり、お腹が張ってしまうこともあります。乳房も大きくなり実際に母乳が出る、乳首が肥大し黒ずんでしまいます。男性でもまれに母乳のような液体が分泌されることも。

■陣痛や出血
日本では、エコーや出産前の検診を多く行うので、想像妊娠かそうでないかは判断することは簡単にできます。しかし、海外では日本ほど多く行われていない国もあり、出産寸前までわからないといったこともあります。よって、陣痛やおしるしの出血が起こることも。

想像妊娠をしないための対策は?

ここでは、想像妊娠の原因を心因的なものとして対策を説明していきます。
想像妊娠は、妊娠していないにも関わらず体に負担が非常にかかり、心にも負担がかかってしまいます。

想像妊娠をする方には、神経質や真面目・自分を追い込んでしまうといった特徴がみられます。これは、結婚しているのなら女性は妊娠しなければいけないといった間違った固定概念をもってしまうことで、心に大きなストレスを抱えてしまいます。周りからのプレッシャーは気にせず、自分を追い込んではいけません。心を落ち着かせ、リラックスしましょう

中には、望まない形で性行為をしたり、妊娠したくないといった妊娠に対する否定的な気もちを持ったりすることで、想像妊娠の症状が出てしまうことがあります。妊娠は喜びだけではなく、不安や恐怖を感じることがあって当然です。身近な人に相談する、病院や専門機関を受診することをおすすめします。

もし想像妊娠した場合のケアは?

想像妊娠と結論づけるにあたり、様々な過程やステップを踏んでいると思います。妊娠状態と同様の症状が出る+妊娠検査薬で陰性=想像妊娠と自己判断してしまうのは、大変危険です。別の病気の可能性もあるので、最終的には医療機関での診察を受けましょう。

そして、想像妊娠をしたという事実を受け止めることがとても大きな負担になります。体調不良やホルモンバランスの乱れにより、身体にも影響が出ていますが、何より心がストレスを抱えてしまいます。

想像妊娠をする方の中には、妊娠を心待ちにしている方が多くいます。やっと来た妊娠と胸をおどらせていたのに、実は想像妊娠だったと分かってしまうと、ショックがより大きくなってしまいます。妊娠したい!と強く願いすぎることで、身体にも心にも負担がかかってしまいます。

夫や家族、周囲の身近な人は、妊娠に対する悩みをひとりで抱え込ませてはいけません。さらに、想像妊娠してしまった方に対するケアは非常に大切です。妊娠のプレッシャーやストレスを与えず、リラックスできる環境づくりをしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ここでは、想像妊娠の症状や特徴を簡単にまとめていきました。ケアや対策も紹介していきました。
妊娠に対する強い願望を持つことは悪いことではありません。しかし、周りからプレッシャーを与えられたり、自分自身を追い詰めてしまったり、これでは、身体も心も健康な状態でいることはできません。

妊娠は授かりものです。リラックスし穏やかな気もちで妊娠を待ちましょう。夫や周囲の方々も、妊娠に対するストレスを与えない雰囲気を作りましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事に関するキーワード

妊活・不妊 妊娠検査

この記事を書いた人

hanpen

初めまして,はんぺんと申します。

ここでは,メンタルヘルスや教育・育児についての記事を書いていきたいと思います。
私自身,教育関係に携わり,親子関係や子...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 想像妊娠とは?検査薬は反応する?症状・対策まとめ