1. >
  2. >
  3. >
  4. 「児童手当」とは?正しい申請方法について

「児童手当」とは?正しい申請方法について

「児童手当」とは?正しい申請方法についてのタイトル画像

児童手当とは、子どもの健全な育成のために行政から支払われる補助金のこと。所得制限さえクリアしていれば誰でももらえるもの……と思いがちですが、受給するには申請が必要です。方法をチェックしておきましょう。

児童手当の受給を開始するには?

はじめて児童手当を受給するためには、住んでいる自治体(公務員の場合は所属の官庁)に「認定請求書」を提出し、申請する必要があります。自治体によって異なりますが、出生届と合わせて提出するのが一般的です。年収に関する支給要件をクリアすれば、原則として申請した翌月分の手当から受給することができます。受給は毎月ではなく、2月、6月、10月の年3回、4ヶ月分の手当が支給されます。6月には2~5月分と、前月分までの手当が支給される形となります。支給日は自治体によりますが、10日に指定の口座へ振り込まれることが多いようです。また、毎年6月には「現況届」と呼ばれる書類を提出し、所得や養育状況を申請する必要があります。

「児童手当」とは?正しい申請方法についての画像1

児童手当は実際にいくらもらえるの?

児童手当は、0歳から中学を卒業するまでの子どもが給付対象です。平成26年度の児童手当の給付額(月額)は以下の通りです。



3歳未満・・・1万5000円

第3子以降(小学生まで)・・・1万5000円

第1子・第2子(小学生まで)・・・1万円

中学生・・・1万円



また所得制限を超えてしまっている場合、特例給付として月額5000円が給付されます。所得制限は、児童2人を養育し、妻が扶養に入っている例で年収にしておよそ960万円です。児童手当を受給できるのは、子どもの養育者です。たとえば離婚調停中で別居している場合は、児童と同居している方に受給資格があります。

さかのぼっての請求はNG!申請は15日以内に

児童手当は、申請した翌月分から受給することができます。たとえば1月生まれであれば、1月分の児童手当は受け取ることはできず、2月分からが給付の対象となります。しかし月末生まれの場合は当月内の申請が難しいため、「15日特例」と呼ばれる救済措置が設けられています。出生日が月末に近い場合は、申請日が出生した翌月になってしまっていても、15日以内に申請すれば申請どおりに受給することが可能です。また、引っ越しなどで住所が変わった場合も15日以内に申請しましょう。申請が遅れてしまった場合などは、さかのぼって請求することはできないので注意が必要です。

いかがでしたか?お金がかかる子育て世帯の家計を助けてくれる児童手当。赤ちゃんが中学を卒業するまで長期で受け取れるのはありがたいですよね。申請期限を守り、受け取り忘れのないようにチェックしておきましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事に関するキーワード

マネー・保険 補助金・助成金・控除 児童手当

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 「児童手当」とは?正しい申請方法について