1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 知らないと損する!?医療費控除の正しい申請方法とは?

知らないと損する!?医療費控除の正しい申請方法とは?

知らないと損する!?医療費控除の正しい申請方法とは?のタイトル画像

1年間の家族の医療費が10万円を超えた場合、申請することによって払いすぎた税金を取り戻すことができる「医療費控除制度」。妊娠・出産をして医療費がたくさんかかった年は医療費控除の対象になる可能性が高く、きちんと申請をしないと損してしまうかもしれません。

医療費控除を受けられるのはどんな人?

医療費控除とは「自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができる」制度。

ちょっと難しそうに聞こえますが、1年間の家族の医療費がかかりすぎて家計を圧迫してしまう場合、申請すれば一定の金額が戻ってくる制度です。ここでの1年間とは「1月1日から12月31日」のことを指します。

2015年に妊娠中で、2016年に出産予定の場合など妊娠期間が年をまたぐ場合は、それぞれの年で申告が必要です。



医療費控除の対象となるのは、年間10万円以上医療費がかかった世帯。ママが1年間専業主婦で所得がなかった場合はパパが申告する必要がありますが、共働きならどちらでもOKです。ただし、より所得の高いほうが申告したほうが戻ってくるお金が多くなる場合があります。

医療費として認められるものとは?

医療費控除を受けるには、1年分の医療費の支出を管理しておく必要があります。

では、「医療費」とはどのようなものを指すのでしょうか。

具体例は以下のとおりです。



医療費として認められるものの例

・妊婦健診費(公費補助券分を差し引き、実際に支払った額)

・出産分娩費用

・治療に必要な薬や湿布代

・妊婦健診に行くまでの交通費

・出産入院時のタクシー代や駐車場代

・歯医者の通院費(虫歯などの治療の場合)

・不妊治療費(補助分は差し引き、実際に支払った額)



医療費として認められないものの例

・予防接種

・サプリメントや栄養ドリンク

・歯科健診費(ただし虫歯などの異常があり治療が必要な場合は医療費として認められる)

・妊娠検査薬代

・赤ちゃんの服やオムツ

・里帰り出産のための交通費

・メガネやコンタクト代



バスや電車を利用した交通費など、レシートの出ないものはメモでも構いません。

いつどんな費用がかかったのか、かならずチェックしておきましょう。

また医療費控除の対象となるものは、担当医や税務署の判断により異なる場合があります。

自分では判断がつきにくい場合は居住地の税務署の窓口に問い合わせましょう。

どれぐらい戻ってくるか計算してみましょう。

医療費控除の計算式は以下の通りです。



医療費控除額(最高200万円)= 

【1年間の家族の医療費の合計】

―【出産育児一時金や保険金給付金】

―【10万円(所得が200万円以下の人は所得の5%)】



医療費控除額は、出産一時金の42万円(平成26年度実績)を差し引きます。

また切迫早産や帝王切開などで手術や入院をして保険金の給付を受けた場合は、その金額も医療費から差し引く必要があります。



上記で計算した医療費控除額から、さらに下記の所得税率をかけたものが実際に戻ってくる金額となります。



【平成27年度の所得税率】

195万円以下 5%

~330万円以下 10%

~695万円以下 20%

~900万円以下 23%

~1800万円以下 33%

~4000万円以下 40%

4,000万円超 45%



具体例を挙げてみましょう。

たとえば、1年間に支払った医療費の総額が60万円で、保険金の給付は受けていない場合。60万円(医療費総額)-42万円(出産一時金)-10万円=8万円が医療費控除額となります。

年収が600万円だった場合、8万円(医療費控除額)×0.2(10%)=1万6000円が戻ってくる計算になります。年収が300万の場合に戻ってくる額は8000円なので、より所得の多いほうが申告するようにしましょう。

知らないと損する!?医療費控除の正しい申請方法とは?の画像3

医療費控除の手続きをしてみよう

医療費控除は、税務署で確定申告をすることで受けることができます。

確定申告の期間は、2月中旬から3月中旬。

所轄の税務署に行くと領収書を提出する袋や申告するための用紙が用意されていますが、この時期の税務署はとても混み合います。

医療費控除は、インターネット上での手続きも可能です。インターネットで手続きする「e-Tax」という方法と、インターネット上で書類を作成し郵送する方法の二種類があります。

自分で書類を作成する必要があるので少々手間ではありますが、そう難しくはありません。

「いつ」「誰が」「どこで」「どんな治療を受けて(医療費項目)」「いくら支払ったか」をエクセルなどで表にし、医療費の明細書として作成します。

仕様は決まっていないので、「誰にどんな理由で医療費がかかったか」を一覧にまとめ、最終的に総額がわかればOKです。この明細書を基に、国税庁のHPから確定申告の書類作成手続きを行います。



申告後、約1ヶ月~2ヶ月ほどで還付金が指定口座に振り込まれます。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

きん☆ママ

子育て中のママパパに、見て楽しく、読んで役に立つような記事をお届けします♡
...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 知らないと損する!?医療費控除の正しい申請方法とは?