1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 排卵検査薬の使い方・見方・使い始める時期・妊娠のタイミングまとめ

排卵検査薬の使い方・見方・使い始める時期・妊娠のタイミングまとめ

排卵検査薬の使い方・見方・使い始める時期・妊娠のタイミングまとめのタイトル画像

そろそろ妊活を始めようと思っている方、妊活中の方、排卵検査薬を使ってみましょう!どうやって使うの?いつから使えばいいの?タイミングは?結果の見方は?など、今回は排卵検査薬の疑問を紐解いていきたいと思います。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030031550
目次 排卵検査薬が反応するしくみ
排卵検査薬を使い始める時期
排卵検査薬、使用方法
排卵検査薬、結果の見方
排卵検査薬の反応と妊娠しやすいタイミング
まとめ

排卵検査薬が反応するしくみ

近年では排卵検査薬にも色々な商品がでており、検査薬を取り替えて使うデジタル式のものや海外製のものも増えてきてます。いずれの商品も反応の仕組みは同じで、LHホルモンの尿中濃度で反応する仕組みになっています。

LHホルモンとは別名「黄体形成ホルモン」のことで、妊娠に必要な卵胞刺激ホルモンやプロゲステロンの分泌を促すために重要なホルモンであり、排卵直前に脳下垂体より一気に大量に分泌され、排卵を促します。このLHホルモンの大量分泌をLHサージと呼び、排卵検査薬ではこのLHサージによリ尿内に入り込んだLHホルモン量が一定量以上だと陽性反応するようにできています。排卵検査で尿中のLHホルモンの値が20mIU/ml以上だとLHサージの開始と見なされます。

排卵検査薬はどこのメーカーも同じ仕組みですが、一箱に含まれる本数や値段、感度、検査時間がそれぞれ違っており、人それぞれのニーズにあったものを選ぶ必要があります。また、海外製のものは添付文章も日本語での記載ない場合が多く、翻訳が必要になることもあります。現在では排卵検査薬は医療用医薬品のため、病院もしくは調剤薬局での登録した方のみ購入することが許されています。

排卵検査薬を使い始める時期

排卵検査薬は排卵の1~2日前から反応しますが、数日使うだけでは意味がなく、長期にわたって使うことによって妊娠の確率が上がり、より効率的に妊娠を成功させることができます。

排卵検査薬の使い始めの目安は生理が規則的に来ている人で排卵予想日の3日ほど前、次回生理予定日の17日前くらいより使い始めるのが一般的です。また、生理が不規則に来る人の場合は最短生理予定日にあわせて検査薬を使い始めると良いでしょう。

排卵検査薬を使う時には必ず基礎体温も一緒に記録しておきましょう。一緒に記録しておくことによって、排卵予定日の予想がより的確となり、数値化しやすくなります。

陽性がなかなかでない場合は陽性が出るまで検査を続けましょう。陽性反応が3日以上続いたり、薄い陽性反応しかでない場合は排卵期の障害やホルモンバランスが崩れている恐れがあります。今まで記録した基礎体温表と一緒にかかりつけの産婦人科を一度受診するようにしましょう。

排卵検査薬、使用方法

排卵検査薬の使い方は至って簡単です。使用上の注意さえしっかりと把握していればあまり失敗することはありません。失敗してしまっても、新しい検査薬でもう一度ためしてみましょう。

1.採尿
まず使い捨てのできる清潔な容器を用意し、採尿をします。検査の時間帯はとくに規定はありませんが、尿濃度の濃い朝一番は避けるようにし、毎日なるべく同じ時間におこなうと良いでしょう。

2.検査薬を浸す
採取した尿に検査薬を規定の線まで3秒ほど浸し、乾燥した平らな場所に置きましょう。このとき、濡れた場所などにおいてしまったり、尿がきちんと検査薬にいき渡っていないとLHサージが始まっていても陰性の反応がでてしまう場合があります。注意するようにしましょう。

3.検査結果
検査結果を5分以内に確認しましょう。5分以上経ったものは検査結果が正確でなくなるため、排気し、もう一度検査し直しましょう。

*検査時の注意
検査をおこなう直前に大量の水分を摂取すると尿中のLH濃度が薄まってしまい、正しい検査結果がでない場合があります。また、検査薬を直射日光のあたる場所や湿った場所に保管していた場合や機嫌切れの検査薬を使った場合も検査結果が正確にでません。新しい検査薬を買ってためしてみましょう。妊娠中、分娩後、流産後、人工中絶後などには排卵がきていなくても陽性が出る可能性があります。医師のきちんとした指示のもと検査薬の使用を始めるようにしましょう。

排卵検査薬、結果の見方

検査薬は基本コントロールラインとテスト結果ラインの2種類の線で結果判断をします。コントロールラインは検査が不備なく成功したことを示し、テスト結果ラインはその名の通り検査の結果が陽性であるか、陰性であるかを判断するのに使われます。デジタル表示の場合はこれらの線の表示はなく、添付文書に記載のあるマークで検査結果を判断します。

検査結果の判断

1.陽性
検査結果が陽性だった場合、コントロールライン、テスト結果ラインともにはっきりと濃く表示されます。

2.陰性
陰性だった場合にはコントロールラインは表示されるが、テスト結果ラインが薄くしか表示されない、もしくは全く表示されません。陰性がでた場合は後日もう一度検査してみましょう。

3.エラー
コントロールラインが薄くしか表示されなかったり、全く表示されない場合は検査失敗となります。使用した検査薬は破棄して、なにか検査時に間違いはなかったか確認してからもう一度やり直してみましょう。

まずは一箱すべて使い切ってみましょう。使い切ってから感度が悪かったり、検査時間が長いものだった場合は、違うメーカーのものもためしてみると良いでしょう。一度ではなく長期にわたって検査することが妊娠を成功させる重要なポイントとなります。

排卵検査薬の反応と妊娠しやすいタイミング

前述の通り、排卵検査薬は排卵の1日〜2日前に陽性反応を示します。排卵された卵子は約24時間しか生き延びることができず、その間に受精しなかった卵子はそのまま死滅してしまいます。それにくらべ精子の寿命は約3日と長く、子宮内に放たれた精子は数十分から1時間ほどで卵管采にたどりつき、そこで卵子との受精を待ちます。つまり、精子が早めに子宮内に放たれる分には問題がないということです。

そのため、妊娠確率が最も高いのは、排卵検査薬が陽性をしめしてすぐ、排卵の1日〜2日前ということになります。もちろん、排卵したその日も妊娠の確率は十分にありますが、前説の通り、精子が早めに卵管采に到着している方が卵子の排卵のチャンスを逃がす可能性が低く、受精の確率も上がります。

さらに、より効率的に妊娠を成功するためには基礎体温を記録しておくことがとても重要となり、排卵日の予想が簡単にできるようになります。排卵検査薬も一箱使い切った後も妊娠しない場合でも、続けて検査をおこなうようにしましょう。データが集まれば集まるほど排卵予想日の精度が上がります。

また、排卵日に性行為をおこなっても妊娠をする確率は約20%となり、また、ストレス状態や、生活習慣、年齢、健康状態などによっても大きく左右されるので、すぐに妊娠しないからといって慌てる必要は全くありません。しかし、排卵日の予想をしているのにも関わらず、2年以上妊娠をしない場合は不妊症の疑いもあります。一度産婦人科を受診するようにしましょう。

また、女性ホルモンに影響する薬物療法をおこなっている場合は検査結果が正しく表示されない場合があります。かかりつけの医師に相談してから使うようにしましょう。

まとめ

妊娠活動は妊娠をする予定の女性にとっても、それをサポートする側になる男性にとっても、デリケートな問題ですよね。できれば排卵検査薬などを使って効率的に愛のある妊娠活動をおこなうのが理想的だと思われます。すぐに妊娠しないからといって夜の営みを無理矢理増やしたりすることは、女性にとっても男性にとってもストレスの原因となり、妊娠の妨げにもなります。

また、食生活や運動習慣などの日頃の生活習慣を見直し、リラックスしながら赤ちゃんがくる準備をするように心がけましょう。夫婦一方が疲れていたり、気が乗らない日には、次回の排卵日まで待つのも決して悪いことではありません。今回の排卵日の結果を記録し、次回の排卵予想に役立てるようにしましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事に関するキーワード

妊活 妊活・不妊 排卵誘発剤

この記事を書いた人

てる

国際結婚をし、海外在住中の一児の母です。初めての子育て、しかも日本とは全く違う環境で日々悪戦苦闘中。
そんな中、日々発見した事や学んだ事を記事にし、皆さんに読...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 排卵検査薬の使い方・見方・使い始める時期・妊娠のタイミングまとめ