1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「医療費控除」とは?正しい申請方法について

「医療費控除」とは?正しい申請方法について

「医療費控除」とは?正しい申請方法についてのタイトル画像

1年間の家族の医療費が10万円を超えた場合、申請することによって払いすぎた税金を取り戻すことができる「医療費控除制度」。妊娠・出産をして医療費がたくさんかかった年は医療費控除の対象になる可能性が高く、きちんと申請をしないと損してしまうかもしれません。申請の方法をチェックしておきましょう!

医療費控除を受けられるのはどんな人?

医療費控除とは、1年間の家族の医療費がかかりすぎて家計を圧迫してしまう場合、申請すれば一定の金額が戻ってくる制度です。ここでの1年間とは、1月1日から12月31日のことを指します。2015年に妊娠中で、2016年に出産予定の場合など妊娠期間が年をまたぐ場合は、それぞれの年で申告が必要です。



医療費控除の対象となるのは、年間10万円以上医療費がかかった世帯。ママが1年間専業主婦で所得がなかった場合はパパが申告する必要がありますが、共働きならどちらでもOKです。ただし、より所得の高いほうが申告したほうが戻ってくるお金が多くなる場合があります。

「医療費控除」とは?正しい申請方法についての画像1

医療費として認められるものとは?

医療費控除を受けるには、1年分の医療費の支出を管理しておく必要があります。では、「医療費」とはどのようなものを指すのでしょうか。具体例は以下のとおりです。



■医療費として認められるものの例

・妊婦検診費(公費補助券分を差し引き、実際に支払った額)

・出産分娩費用

・治療に必要な薬や湿布代

・妊婦検診に行くまでの交通費

・出産入院時のタクシー代や駐車場代

・虫歯などの治療ための歯科代

・不妊治療費(補助分は差し引き、実際に支払った額)



■医療費として認められないものの例

・予防接種

・サプリメントや栄養ドリンク

・虫歯などの治療以外の歯科代

・妊娠検査薬代

・赤ちゃんの服やオムツ

・里帰り出産のための交通費

・メガネやコンタクト代



バスや電車を利用した交通費など、レシートの出ないものはメモでも構いません。いつどんな費用がかかったのか、かならずチェックしておきましょう。また医療費控除の対象となるものは、担当医や税務署の判断により異なる場合があります。自分では判断がつきにくい場合は居住地の税務署の窓口に問い合わせましょう。

「医療費控除」とは?正しい申請方法についての画像2

どれぐらい戻ってくるか計算してみましょう。

医療費控除の計算式は以下の通りで、最高額は200万円です。



医療費控除額=【1年間の家族の医療費の合計】―【出産育児一時金や保険金給付金】―【10万円(所得が200万円以下の人は所得の5%)】



医療費控除額は、出産一時金の42万円(平成26年度現在)を差し引きます。また、切迫早産や帝王切開などで手術や入院をして保険金の給付を受けた場合は、その金額も医療費から差し引く必要があります。上記で計算した医療費控除額に、さらに課税所得に応じて5〜45%の所得税率をかけたものが実際に戻ってくる金額となります。



具体例を挙げてみましょう。たとえば、1年間に支払った医療費の総額が60万円で、保険金の給付は受けていない場合。60万円(医療費総額)-42万円(出産一時金)-10万円=8万円が医療費控除額となります。年収が600万円だった場合、所得税率は20%(平成26年度現在)なので、8万円(医療費控除額)×0.2(20%)=1万6000円が戻ってくる計算になります。所得税率は年収が高いほど上がるので、夫婦で所得が多い方が申請したほうが得になる場合があります。

平成26年度時点では「禁煙治療」も医療費控除の対象として認められているため、これを機に喫煙者のパパに禁煙を勧めてみるのもいいかもしれません。さらに医療費控除を申告することによって、住民税の課税所得額が低くなり、次年度の住民税が安くなる場合があります。課税所得額は認可保育園の保育料の算定に関わってくる部分。医療費の還付だけではなく、出産後の保育料まで安くなる可能性のある「医療費控除」。少々手間はかかりますが、ぜひ申請することをオススメします。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「医療費控除」とは?正しい申請方法について