1. >
  2. >
  3. >
  4. 妊娠後期の胃痛がひどい!吐き気で寝れない!その原因と対処法は?薬は飲めるの?

妊娠後期の胃痛がひどい!吐き気で寝れない!その原因と対処法は?薬は飲めるの?

妊娠後期の胃痛がひどい!吐き気で寝れない!その原因と対処法は?薬は飲めるの?のタイトル画像

妊娠後期の胃痛に悩む妊婦さんが多いよう。キリキリした痛みや、ときには吐き気、また夜中に横になったら激痛に襲われて眠れないなんてことも。そんなときの対処法は?薬は飲んでいいの?そんな妊娠後期の胃痛について、原因から対処法までまとめました。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030021477
目次 妊娠後期の胃痛、症状・特徴
妊娠後期の胃痛の原因
妊娠後期の胃痛の対処法①食事面
妊娠後期の胃痛の対処法②姿勢面
吐き気で夜寝れない!そのときの対策は?
妊娠後期の胃痛、薬を飲んでもいいの?胎児への影響は?
こんなときには病院に!
妊娠後期の胃痛が少しでも軽減されるように

妊娠後期の胃痛、症状・特徴

妊娠初期は、つわりで胃痛がよくおこりますが、妊娠後期の胃痛はなぜおこるのでしょうか。私も妊娠後期からの胃炎に悩まされ、出産後も急性胃炎から慢性胃炎へ移行してしまい、長くつらい思いをしました。妊娠後期は、赤ちゃんがお腹の中で成長することによって胃を圧迫し、胃の動きが悪くなることにより胃酸が逆流したり消化不良をおこしたりします。

それにともなって、胃痛、胸焼け、食欲減退という症状があらわれます。胃酸が逆流すると胃の表面の粘膜にひりひりと痛みを感じる場合があり、消化の悪いものを食べると嘔吐をしてしまう場合もあります。妊娠後期に胃を悪くすると、出産後もストレスでどんどん悪化し慢性胃炎へ移行する場合もありますので注意が必要です。

妊娠後期の胃痛の原因

妊娠後期の胃痛は後期つわりや第二のつわりともいわれています。妊娠後期の胃痛の原因は、赤ちゃんの成長により胃が押し上げられて圧迫されることにより胃酸が逆流してしまうことでおこります。胃が圧迫されることが継続的におこると、吐き気、胸焼け、胃痛、げっぷなどの症状が現れます。

また、妊娠中は身体のホルモンバランスも大きく変化しており、プロゲステンという子宮から分泌される黄体ホルモンが、胃腸の働きを弱めてしまうということも原因の一つのようです。胃酸が逆流すると、粘膜がちりちりと焼けるような痛みをともない線状出血をおこしてしまうケースもあります。妊娠中は飲める薬も限られているためできるだけ事前の対策をしておくほうが後々楽に過ごすことができます。

妊娠後期の胃痛の対処法①食事面

■食事の量はどのぐらい?
一度にたくさん食べると胃酸がどうしても多くなってしまいます。そうなると胸焼けの原因を引きおこしかねません。ですので一度にたくさん食べず、小分けにしてゆっくりとしっかり噛んで少しづつ食べるようにしましょう。

■頻度はどのぐらい?
食事の頻度を分けることにより、1回に出る胃酸の量を減らす工夫も対策の一つです。胃痛がつらい場合は、食事の回数を増やしてご自身で様子をみながら頻度を変えられるとよいですね。

■食べ方はどうすればいいの?
・よく噛んで食べましょう。よく噛むことで消化を助けます。そして、満腹感が得られるため、食べ過ぎ防止になります。1回に30回は噛みましょう。

・夕食は就寝する2時間前には終えましょう。
・食べ物と飲料は別々に摂るように心がけましょう。食事と共に水分をいっしょに多くとってしまうと消化液が薄められ消化不良になりやすくなります。

■控えたほうがいい食べ物はなに?
・油を多く使っている料理は胃に負担がかかりやすいため控えた方がいいでしょう。
・辛いもの、とうがらしや胡椒などの香辛料、刺激が多い食べ物は控えましょう。
・炭酸飲料は胃に負担になるため控えましょう。

■積極的にとりたい食べ物は?
・キャベツ
キャベツにはビタミンUが豊富に含まれており、胃薬の代わりに役立ちます。また、胃酸の分泌をおさえ、胃の粘膜を強化・修復する作用があります。
・ヨーグルト
ヨーグルトは乳酸菌が胃の粘膜の新陳代謝を良くしてくれます。また、胃酸の分泌をおさえる働きがあります。
・アロエ
アロエは胃潰瘍に効果がある食べものですが、胃もたれにも効果が期待できます。

妊娠後期の胃痛の対処法②姿勢面

妊娠後期のちりちりする胃痛の場合はどのような姿勢を心がけるとよいでしょうか。ご紹介しましょう。

■食事のあと30分は横にならない
食べたものを逆流させないためにも食後は座った姿勢をとりましょう。横になるのは最低でも30分は経過してからにしましょう。

■かがまない
かがむ姿勢も食べ物が逆流してしまう恐れがあるうえお腹を強く圧迫する姿勢となりますので避けましょう。落ちたものを拾うときは、腰を落として拾い上げるようにしましょう。

■眠る姿勢は?
身体の左側が下になるように横向きになって寝るようにしましょう。抱き枕などで、足の位置を調整することによっておなかに負担がかからず就寝することができます。シムスの体勢をとるとよいでしょう。

吐き気で夜寝れない!そのときの対策は?

吐き気で夜寝れない!そんなときはどうすればよいでしょうか。

■シュガーレスガムを噛む
シュガーレスガムを噛むと、唾液の分泌を促し胸焼けや胃痛を緩和する役割をしてくれます。

■軽いストレッチを行う
胃痛も続くとストレスになり、さらなる胃痛を引きおこしてしまいます。そういう場合は軽くストレッチをおこなうことで、気分転換をしてストレスを解消しましょう。また、軽いストレッチをおこないゆっくり深く深呼吸することで胃痛が緩和される場合があります。

■ホットミルクを飲む
温かいミルクにはちみつを1杯加えたホットミルクで胃痛を緩和しましょう。ミルクはタンパク質が豊富で胃の粘膜を保護し、つらい胃痛を緩和してくれる働きがあるほか、ホットミルクは寝つきをよくする効果も期待できます。胃痛で眠れない夜は、ホットミルクを飲みながらゆったりするのもよいでしょう。

妊娠後期の胃痛、薬を飲んでもいいの?胎児への影響は?

辛い胃痛・・胃薬を飲んで早くすっきり治したいところですが、やはり妊娠中には市販の胃薬は控えたほうがよいでしょう。そもそも、市販薬は妊娠中の摂取を控えるように説明書きがされていることが多いので、つらい場合は医師や薬剤師に相談して処方してもらいましょう。また、漢方薬は安心といわれていますが種類や効能がさまざまなので、こちらも医師に相談してから摂取しましょう。

妊娠中は胃薬に限らず、医師から処方される薬を飲むことをおすすめします。できるだけキャベツやヨーグルトなどの食品で緩和させる努力をしたほうが不安も少なく、ストレスをためずに過ごすことができるのではないでしょうか。

色々なサイトで、市販薬でも飲めるものがあるなど紹介されていますが自己判断ではなく飲む前にはかかりつけの医師に相談してください。この場合、内科医ではなく産婦人科の先生にご相談されることをおすすめします。

こんなときには病院に!

食事をしてもうまく消化ができずに繰り返し吐いてしまう、水分しかとれない、下痢の症状が続く、頭痛と腹痛がともなう場合ははすぐに病院へ行きましょう。症状によって妊娠中でも安心して飲める薬を処方してもらえます。

また、ウイルス性胃腸炎や過敏性大腸症候群、神経性胃痛、胃潰瘍、線状出血、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、虫垂炎など、ただの胃痛だと思っていても別の病気であるケースもまれにあります。我慢していると悪化させてしまうこともありますので、上記のような症状があらわれた場合はすぐに医師に相談しましょう。不安を取り除くことでストレスが軽減され、胃痛も軽くなるかもしれません。

妊娠後期の胃痛が少しでも軽減されるように

妊娠初期のつわりが終わったと思ったら後期になって胃痛が、、妊娠中は体調の変化に敏感になりやすいですが、体調の変化には早く気づき対処することで緩和されることもたくさんあります。

できるだけ胃痛のときも体勢を変えたり、食べ方を工夫したりしながら薬に頼らずに胃痛を緩和できるといいですね。また、胃痛で体調が悪いときは無理をして家事をせず、パートナーや周囲の方に協力をしてもらいゆっくり過ごせる環境を整えておくとよいでしょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

0歳から自宅で簡単にバイリンガルを育てよう知育のコンシェルジュ 高田塾

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 妊娠後期の胃痛がひどい!吐き気で寝れない!その原因と対処法は?薬は飲めるの?