1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「いい加減なママがいい」スリランカのお坊さんの育児アドバイスが想像以上に効果的だった話

「いい加減なママがいい」スリランカのお坊さんの育児アドバイスが想像以上に効果的だった話(2ページ目)

「いい加減なママがいい」スリランカのお坊さんの育児アドバイスが想像以上に効果的だった話のタイトル画像

先日、スリランカ出身のお坊さん・アルボムッレ・スマナサーラ長老に、自分のテーマである「楽しく子どもと過ごすには、どうすれば良いか?」について、質問をさせていただきました。長老のこたえは非常に興味深く、早速家に帰って実践してみると…4歳の息子に行動に変化がありました。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28174008809

ポイントは、以下の2つでした。

 ①子どもと分担をする。
 ②子どもとの生活は「ゲーム」である。


自分にまだない考えだったため、生活に取り入れてみることにしました。

朝、保育園に行く時間。
我が家は今9:00が登園時間なのですが、いつもだいたいこんなスケジュールでした。

【いつものスケジュール】
8:40
私 :「ほらーそろそろ着替えて!」
息子:「ほーい。(遊んでいる。着替えない)」

8:45
私 :「本当に遅刻するよ!」
息子:「じゃあ着替えさせてー。」
(まじか!自分で着替えて!でも間に合わないから手伝ってしまう。)

8:50 やっと自転車に乗る。
9:00 ギリギリ間に合って登園!

長老の話を聞いていたので、朝8:00に息子にこう聞いてみました。

私 :「今日何分になったら着替える?」

するとムスコはこう答えました。

息子:「うーん。時計の針が下になったらー。(8:30)」

そのあと、こんな風に進んでいきました。

8:30
私 :「あれ、お着替えっていつするんだっけ??」
息子:「(時計を見て)あ、今!」(自分で着替えだす!)

8:40 そのままスムーズに自転車に乗る。
8:50 余裕を持って登園。


正直この流れにびっくり!4歳でも「分担」できるんだなぁ…。
長老のアドバイス、本当に効きました…。

これだけで毎朝感じていた、

・息子に「着替えて!」と言わなければいけない。
・自分で着替えられる息子の着替えを手伝わないといけない。
・時間がギリギリになってしまい、保育園に遅刻するかもしれない。


という、3つのイライラがなくなり、朝いつもより穏やかな気持ちで子どもたちと過ごすことができるようになりました。

というわけで「子どもと分担をする」、本当にオススメです。
もう一つお話であった、「子どもとの生活は“ゲーム”である」も、徐々に生活に取り入れていこうと企み中です…!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
育児とくらしの工作家 吉田麻理子の画像
育児とくらしの工作家 吉田麻理子

1985年神奈川県生まれ。東京都多摩地区在住。2児(長男・長女)の母。
慶應義塾大学総合政策学部(SFC)卒。株式会社リクルートライフスタイルにて営業・企画職...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「いい加減なママがいい」スリランカのお坊さんの育児アドバイスが想像以上に効果的だった話