1. >
  2. >
  3. >
  4. 妊娠中の大事な栄養素、葉酸!過剰摂取による副作用は?

妊娠中の大事な栄養素、葉酸!過剰摂取による副作用は?

妊娠中の大事な栄養素、葉酸!過剰摂取による副作用は?のタイトル画像

お腹の中の赤ちゃんのためにも、妊娠中摂った方が良いとされている葉酸。
でも、摂取しすぎで何か副作用があったらどうしよう、どれくらい量を摂取すればいいの、と心配するママも多いのではないでしょうか。
この記事で葉酸について学んでいきましょう。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28057000693
目次 妊娠時期、葉酸はどのくらい摂るべき?一日の最大摂取量は?
葉酸の過剰摂取による副作用の症状は?
葉酸の過剰摂取、胎児へ影響はある?
誤ったサプリの選び方
葉酸サプリで副作用を起こさない対策!
まとめ

妊娠時期、葉酸はどのくらい摂るべき?一日の最大摂取量は?

葉酸は別名プテロイルグルタミン酸とも呼ばれ、水溶性ビタミンに分類されます。水溶性ビタミンは体に溜まる脂溶性ビタミンとは異なり、尿などと一緒に排出されるため、副作用を起こす可能性は殆どありません。

ただし、葉酸の過剰摂取はやはり禁物。厚生労働省の発表では、平均摂取量は1日あたり400μgが好ましいとしています。過剰摂取量は1000μg以上と設定されているので、毎日1000μg以上の葉酸を摂取し続けていると何かしらの副作用のリスクが生じる可能性があります。

葉酸をサプリで摂取する場合には、一粒に含まれる葉酸の含有量が多い場合もありますので、しっかり確認をしてから購入・摂取するようにして下さいね。

サプリ以外で葉酸を摂取できるものとしては、果物や緑黄色野菜、レバーが代表例となりますが、調理したり長期間の保存によって葉酸は壊れていってしまいます。 そのため、新鮮な生野菜・果物から葉酸を摂取することをオススメしますよ!

また、葉酸摂取中の飲酒は葉酸の吸収・代謝を妨げるものとなります。妊娠中の飲酒はお腹の赤ちゃんにも悪い影響がありますので、絶対にやめて下さいね!

葉酸の過剰摂取による副作用の症状は?

では、葉酸の過剰摂取を続けることで、どのような副作用が起こるのでしょうか。

副作用の症状としては、
・不眠症
・吐き気
・かゆみ
・むくみ
・食欲不振
・発熱
・蕁麻疹
・呼吸障害

などが報告されています。

これらの症状は「葉酸過敏症」と呼ばれるもので、身体に何かしらの症状が発生します。しかし、過敏症の発症は非常にまれなものとされているので、極度に心配しなくても大丈夫ですよ。mまた葉酸に加えて、ビタミンB12 も不足しないように注意するべきだといわれています。

葉酸の過剰摂取、胎児へ影響はある?

葉酸の過剰摂取はママだけでなく、お腹にいる大切な赤ちゃんにも影響を及ぼす場合もあります。

葉酸の過剰摂取をすると、お腹の赤ちゃんは喘息になりやすいといわれています。また、アトピーなどのアレルギー体質になるリスクも高くなるそうです。

オーストラリア研究者の発表でも、妊娠後期(28週〜40週)に葉酸サプリ(合成葉酸)を過剰摂取し続けることで、胎児が喘息になるリスクが高くなったという臨床実験があります。ですが、あくまで妊娠後期に合成葉酸を、過剰摂取(1日あたり1000μg以上)した際の研究結果です。

妊娠後期からは、葉酸の摂取目安も初期と比べて少なくなりますので、摂取量には気を付けましょう!

IME 特定非営利活動法人 医療教育研究所 遠藤理事長の雑記帳より

誤ったサプリの選び方

お腹の赤ちゃんのために、これから葉酸を摂り始めたいと思っている人もいるのではないでしょうか。

最近では厚生労働省も葉酸の摂取をすすめていることから、店頭をはじめ、ネットにもたくさんの葉酸サプリが出回っています。葉酸サプリであれば、どんなものでもいいと思っている方いませんか?

しかし価格やパッケージだけを見て購入することは危険です。

実は葉酸サプリには、食品から抽出された「天然由来」の物と、合成化学物質から抽出された「合成由来」の物の2種類があります。天然由来のものと合成由来ものだと、やはり天然由来のものの方が安全で、危険性が低いとされています。合成由来の葉酸サプリを摂取することで、ママやお腹の赤ちゃんの内臓などに負担がかかる可能性もあります。

葉酸サプリを選ぶ際は
1.価格やパッケージだけで選ばない!
2.原材料はしっかり確認する!

生まれてくる赤ちゃんのためにも、天然由来の葉酸を選んであげるようにしましょう。

葉酸サプリで副作用を起こさない対策!

葉酸サプリを使用するにあたって、副作用を起こさないように何に気をつければよいのでしょうか。

前項にて少しお話しさせて頂きましたが、最近の葉酸サプリには合成由来の物もかなり増えてきています。食品添加物が配合されている物も多く、その中で特に注意したいのが、ショ糖脂肪酸エステルとアセスルファムカリウムです。

どちらも合成甘味料であり、胎児の染色体異常を引き起こす原因になる可能性があると言われています。

サプリ選びの際は上記の食品添加物が入っていないかを必ず確認しましょう。またその他の香料や着色料が含まれているのも、ママの体にとっては好ましくありません。

まとめ

葉酸サプリもむやみに摂取してしまうと、胎児に影響が出てしまうので気をつけて下さい。

今回は葉酸の過剰摂取について書かせて頂きましたが、葉酸はママにもお腹の赤ちゃんにとっても大事なので、摂取量を守って服用すればお腹の赤ちゃんのためになるでしょう。購入の際にしっかり確認して、安全なものを選びましょう!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠の基本情報 妊娠

この記事を書いた人

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 妊娠中の大事な栄養素、葉酸!過剰摂取による副作用は?