1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃんには水分補給が大事?最適な水分補給とは

赤ちゃんには水分補給が大事?最適な水分補給とは

赤ちゃんには水分補給が大事?最適な水分補給とはのタイトル画像

大人は喉が渇いたら自分で飲むことができますが、赤ちゃんはそうはいきません。元気そうに見えても、実は体は水分を欲しがっているのかも。でも、いつどんな飲み物をどのように与えればいいのかよくわからない…というママも多いですよね。そこで赤ちゃんの水分補給のポイントをまとめてみました。

赤ちゃんの水分補給に適した飲み物は?

離乳食開始前の赤ちゃんは、母乳やミルクが十分飲めているのであれば、それ以外の飲み物を与える必要は特にありません。離乳食を食べている赤ちゃんには、お茶や湯冷ましを飲ませてあげると良いでしょう。お茶の中でもカフェインやタンニンが含まれていない麦茶は、赤ちゃんの体に優しいといえます。ほうじ茶や緑茶はベビー用が市販されています。これらはカフェインやタンニンが少なく調整されているようなので、赤ちゃんに飲ませるのにオススメです。



果汁やイオン飲料は、普段の水分補給には向かないでしょう。甘味のあるものは喉の渇きに関係なく、必要以上に欲しがってしまう場合があるからです。ウォーターサーバーが自宅にあり、そのお水を利用されている方もいらっしゃると思います。ミネラルウォーターを使用する際は、赤ちゃんの未熟な腎臓に負担を与えないよう、軟水を選ぶのが良いでしょう。

赤ちゃんには水分補給が大事?最適な水分補給とはの画像1

赤ちゃんに水分を与えるタイミングは?

赤ちゃんは大人よりも脱水になりやすい体の特徴をもっています。体は小さいのに汗を出す汗腺の数は大人と同じだけあるので、汗っかきなのです。また、腎臓の機能が未発達で、大人より多くの水分をおしっことして出してしまいます。夏場など特に汗をかきやすい時期は、水分を失ってから飲むと間に合わない場合があります。そのため、遊びの前後・外出の前後・入浴前後など、活動の前後には水分を与えておくと安心です。食事に響かないよう、食事前や授乳前にたくさん与えるのは控えましょう。

イオン飲料はどんな時に与えるものなの?

イオン飲料は、発熱や嘔吐・下痢などの体調を崩したとき、そしてたくさん汗をかいて早急な水分補給が必要とされているときなどに使用します。赤ちゃんの内臓に負担がかからないように成分や浸透圧を調整されているのが、ベビー用のイオン飲料です。大人用を薄めたからといって、ベビー用と同じ成分になるわけではないので注意が必要です。粉末タイプを利用する際は、製品の電解質バランスが崩れないようミネラルウォーターでの調合は避けましょう。



また、体重に応じた摂取量が製品に明記されているので、それを参考に与える量を決めていきましょう。嘔吐や下痢がある場合は、医師の診察を受けることが前提です。ですが、夜間や休日など、すぐに受診できない状況にある場合、パパやママが対処する必要がありますね。そんな時は以下の方法を参考にしてみてください。まず、嘔吐や下痢が落ち着いていることを確認します。スプーンひとさじ分を与えて30分程度様子を見ます。再び吐いたり下痢がないようなら徐々に量を増やし、その都度様子を確認しましょう。最初から多い量を飲んでしまうと、嘔吐や下痢を誘発し、飲んだ量以上の水分を失う可能性があるためこのような注意が必要なのです。

赤ちゃんには水分補給が大事?最適な水分補給とはの画像2

脱水を見逃さない!赤ちゃんが出すサイン

試しに元気な赤ちゃんの手の甲を軽くつまんでみてください。弾力があり、指を離しても跡が残ることなくすぐに戻るでしょう。それが脱水症状を起こしていない健康な赤ちゃんの皮膚の状態です。そして普段のおしっこの回数やおむつの重さも把握しておくと、脱水のサインに気づきやすくなります。



軽度の脱水は

・いつもより落ち着きがない

・おしっこの出る間隔がいつもよりあいている、または量が少なくにおいがきつい

・皮膚をつまむと緩やかにもどる

などがあります。



脱水が進むと、目の周りのくぼみが目立ってきたり、表情がうつろになったりします。そんな時はとりあえずイオン飲料を飲ませ、かかりつけ医を受診しましょう。

水分は健康な体を維持するためにとても大切なものです。赤ちゃんだけでなく、パパやママにも当てはまることなので、これらのことを参考にしながら赤ちゃんも周りの大人も上手に水分補給をしていきましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

赤ちゃんのお世話 月齢別のお世話

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃんには水分補給が大事?最適な水分補給とは