1. >
  2. >
  3. >
  4. マタニティハイとは?周りの友人が引いてしまう?

マタニティハイとは?周りの友人が引いてしまう?

マタニティハイとは?周りの友人が引いてしまう?のタイトル画像

マタニティハイという言葉をご存知でしょうか?妊娠によって人が変わったように気分が上がってしまう…妊娠は嬉しいことだけど、嬉しい気持ばかりを周りに押し付けてしまうと友人や家族をうんざりさせてしまうことも…SNSなんかも注意が必要ですよ!過去にマタニティハイで後悔した方もいるようです。今回はそんなマタニティハイについてのお話をまとめました。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030031926
目次 マタニティハイとは?どんな症状がある?
マタニティハイの原因
マタニティハイになりやすい人とは
友人のマタニティハイで引いた経験談
マタニティハイだったママたちの経験談
マタニティハイの解消法はある?
まとめ

マタニティハイとは?どんな症状がある?

マタニティハイというのはどんなものなのでしょう?それは、妊娠により気分が上昇して抑えられないほどに、いわゆるハイテンションを継続してしまう状態を言います。妊娠によるホルモンの変化で「喜びホルモン」または「感動ホルモン」と呼ばれるセロトニンが通常よりも多く分泌されること、またそれと同時にホルモンのバランスが崩れ情緒不安定になる状態もおこっているために感情の制御が難しくなり「妊娠への喜び」が最高潮になり、「妊娠していること」や「赤ちゃんのこと」しか考えられなくなるような状況を言います。マタニティハイになった女性はどのような行動をとってしまうのでしょう?

■空気を気にせず自分の話ばかりしてしまう
■場所や時を考えず、赤ちゃんや妊娠生活のことだけを話題にしてしまう
■「私は妊婦です」と必要以上にアピールしてしまう
■子供のいない人に、子供を作るよう強制してしまう
■キラキラネームをつけてしまう

などがあげられています。妊娠は嬉しいことですが、現代では晩婚化も進みパートナーに恵まれない人や子宝に恵まれない人も多くなっており、周りへの配慮は忘れてはいけないマナーなのかもしれませんね。

マタニティハイの原因

まずは、自分の妊娠を喜ぶ幸せの気持ちからなのでしょうが、それだけではありません。先ほども話にふれたホルモンバランスの変化も、それに拍車をかけてしまいます。「喜びホルモン」のセロトニンが多く分泌されることで、とにかく「妊娠していること」や「赤ちゃんのこと」以外は何も考えられないほどフォーカスしてその喜びの感情に浸ってしまいます。

また、β-エンドルフィンという脳内麻薬とも呼ばれる神経伝達物質の一つの分泌もその「幸せ気分」への集中力をより一層深くしてしまいます。通常なら制御されている人間の感情が解放的になり、「ハイ」の状態になって”楽しい””嬉しい”気持ちをストレートに脳に感じやすくなります。

幸せな気持ちというのは人にも伝染して、周りもとてもいい気持ちにするというのが通常なのでしょうが、その幸せの伝え方がつい自己中心的になってしまうのが”迷惑な場合のマタニティハイ”の特徴です。「子どもは欲しくない」または「なかなか授からない」と言っている人に妊娠の素晴らしさなどを語り、相手の感情を無視して押し売りしてしまうことなど、相手の気持ちを考えずに自分の考えている『幸せ』を伝えずにはいられません。

マタニティハイになりやすい人とは

マタニティハイに陥りやすいタイプの人はどのような人なのでしょうか?

■待ち望んだ待望の妊娠!
ずっと待ち望んでいた妊娠ですから、ハイになるのはごく自然のように思えます。もちろん中には待ち望んだ妊娠だからこそ必要以上に慎重になってしまい、むしろ不安に襲われてしまう女性もいますので一概には言えません。

■元々、世界の狭い自己中心的なタイプ
妊娠に関わらず、元々自分の価値観が強い女性はこのマタニティハイになりやすいと言えるでしょう。自らが描く理想の赤ちゃんや、自分の妊娠生活が世界の全てになってしまうということも。

■妊娠、出産とは、女性の一番の大きな仕事だという気持ちがある?
妊娠、出産というのは女性しか経験できない貴重な経験であり、大仕事であることは間違いありません。ただ、この世の全ての女性が経験すべきだと考えるのは間違いです。人それぞれの価値観がありますので、押し付けはいけません。

友人のマタニティハイで引いた経験談

実際に、マタニティハイの女性達に不快感を抱いた経験のある人に経験談を聞いてみました。

■私は、妊娠希望で不妊治療3年目なのですが、妊娠した友人が嬉しそうにエコー写真を見せてきてハシャイでいるのを見て、心から喜べなかったです。もちろん、私の不妊治療のことを彼女は知っています。(38歳・女性)

■嫁の友人が遊びに来た時に半ヌードのようなマタニティフォトを見せてきて、どうしていいのか戸惑いました。男性としては身近な方のそういう姿は恥ずかしい気持ちになります。(43歳・男性)

■私は独身で彼氏もいませんが、妊娠した友人から頻繁にマタニティフォトやエコー写真がケータイに送りつけられてくる。毎回、対応に困ってしまいます。(26歳・女性)

■仕事から帰ると、妻が毎日赤ちゃんの名前の提案や自分の体のことだけを一方的に話してくる。たまには違う話をしたいですが...(33歳・男性)

■彼氏もいない私に、「早く子供作りなよ!」と言って来た時にはビックリしました。一人じゃ子供は作れません。(28歳・女性)

■世の中の「ママ」「妊婦」を売りにして人気を出しているタレントや芸能人を見ると、あまりいい気持ちがしない。(19歳・女性)

マタニティハイだったママたちの経験談

さて、今度は逆に実際マタニティハイになっていた方からの経験談です。

■時と場所も考えず、お腹に向かって「赤ちゃん言葉」で話しかけてました。きっと周りの人も引いていたかも?

■主人に反対されたので断念しましたが妊娠中、とにかく赤ちゃんの名前を考えずにはいられず最終的に考え出した名前が世に言うキラキラネームというやつでした。今となっては主人の冷静な判断で名前を選べて娘のためにも良かったです。

■仲の良かった友人に「距離をおきたい」と言われてしまいました。理由が、私が妊娠、出産以外の話題を話さないのが辛いと。その時は、なぜ私の妊娠を喜んでくれないのか?と心から思いましたが、友人は35歳、独身ですし、私にデリカシーがなかったなと反省してます。

■街を歩いていて妊婦さんを見かけると、「何ヶ月ですか?」とか話しかけまくってました。同じ妊婦だからといって、同じようにハッピーというわけではないのに、その時はとにかくみんな仲間みたいな感覚になってました。

■主人に「妊娠中からベビー用品買いすぎ!」と怒られて、ムカッとしましたが、生まれてみたら、いらないものを沢山買い込んでいて、本当にごめんなさいと反省…

マタニティハイの解消法はある?

マタニティハイの状態になっている時には、そんな自分に気がつくことがかなり難しいと思います。後になって振り返ってみた時に、気がつくという例がほとんどですが、事前に「マタニティハイ」というものの知識を持ち、周りの人々の状況や、空気に配慮しながら過ごすように心がける事が大事だと思います。

また、「赤ちゃん」のことばかり考えてしまう時は、気分をリフレッシュして違うことに気持ちを向け、楽しむ努力もしてみましょう。「妊婦である事」「赤ちゃんの事」のみを考えながら生きていると、その世界だけが自分の世界になってしまいます。他に何かを楽しむ事で、人に会った時にも妊娠、出産の話のみではなく色々な会話が楽しめるようにもなるはずです。

もう一つ、注意が必要なのはSNSやブログへの配慮です。直接顔は見なくとも、読んだ人が不快になる程偏った内容は避けたいですね。
マタニティハイのどこが悪いの?妊娠に喜びを感じるのはいけないの?という気持ちが湧いてきそうですが、マタニティハイ自体が悪いものなわけでは決してありません。あくまで周りの人々の心を傷つける行為、言動が出てしまった場合に問題視されてしまう、ということです。もちろん、赤ちゃんを授かった喜びを、沢山感じることは良いことです!

まとめ

私自身、振り返ってみると「これはマタニティハイと言えたかもしれないな。」という行動が多々あります。待ち望んでいた妊娠でしたから本当にうれしいものでした。ただ、周りも本当に祝福モードで暖かく見守ってくれていたラッキーな状況に助けられていたんだな、と感じます。周りの人々がくれる『思いやり』に妊娠中でも感謝することができたら、少なくとも、周りの友人に引かれる程のマタニティハイにはならずに乗り切れるのかな?と思います。子を授かることは本当に尊いことですが『妊婦様』にはならないように心がける、ということが大切ですね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

おれごん

ハワイ出身の日系4世の主人と結婚し、アメリカのオレゴン州に住んでいます。現在、子育て真っ最中の二児の母。
文章で、何かを伝えることは昔から大好きです。
国籍...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. マタニティハイとは?周りの友人が引いてしまう?